■復縁の歯車が回りだす時とは?

こんにちは^^中村まみです。

復縁の歯車が回りだす時というのがあります。

それはどんなときかというと

「まっいいか!」

という感覚になったときです。

復縁したい気持ちが強いと、どうにか彼と連絡を取ろうとしたくなりますよね。

「自分の気持ちを分かってもらいたい。」

「自分を忘れないでほしいし」

「話し合えば、自分の気持ちを理解してもらえば、彼の気持ちが変わるかもしれない・・・」

なんだかポジティブな気持ちになってきて、居ても経ってもいられなくなり、彼に連絡を取りたくなりますが、結果は・・・

彼は既読スルーをするかもしれません。

電話も出てくれないかもしれません。

冷たい言葉を浴びせられるかもしれません。

なんとなく復縁できそうという気持ちは見事に打ち砕かれます。

そして

余計に彼に嫌われたかも・・・

連絡するんじゃなかった・・・

惨めさが倍増してしまった・・・

と自己嫌悪な気持ちになってしまうかもしれません。

やってしまったことを無しにすることはできませんが、あなたの心を「まっいいか」と復縁の歯車が回りだす状況にすることはできます。

潜在意識では一人称でしたよね??

あなたが「まっいいか」の気持ちになるってことは、彼も「まぁしょうがないやつだなー」という気持ちになる可能性が大きいということなのです。

過去の後悔はの気持ちというのは、そのとき感じた罪悪感や嫌悪感などです。

その気持ちを持って自分を責めても状況がよくなることはありません。

そんな自分にOKを出してあげてください。

それが復縁への大切な道なのです^^

もちろん自分の気持ちで突っ走ってしまったことはきちんと受け止めなくてはいけませんが、自分を責めることと、受け止めることは違います。

潜在意識は「復縁の歯車が回りだす時の気持ち」になってほしくて、メッセージを強く発信してしまったのかもしれないですし、、、

潜在意識が強くメッセージを発信するということは、ネガティブな気持ちが大きくなるということを意味しています。

そうすると焦りや不安が大きくなり、衝動的に彼に対してアプローチをしてしまうのです。

復縁の歯車が回りだす時の気持ちである、「まっいいか」は、自分自身が満たされている思いが前提になります。

なのでこの「まっいいか」という気持ちになるようにしていきましょう。

「私は彼がいないと満たされない」は脳の錯覚が起こす思いこみです。

潜在意識の法則からいうと「私は私がいないと満たされない」ですよね??

だから必ず自分自身で満たすことができるのです。

満たされていない想いにありがとうって言ったら満たされます。

ネガティブな自分を嫌わなかったら、ちゃんと満たされていきます。

こんな情けない失敗をする自分に気がついたら、ちゃんと満たされていきます。

「まっいいか」は復縁の歯車が回りだす魔法の状態です。

焦らなくてもあなたにもその時はやってきます。

まずは、自分の心を満たしてあげることから始めていきましょう。

「まっいいか」の魔法がたくさんの幸せを連れてきてくれますよ^^