■復縁がしたい!需要と供給はワンセットで存在する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは^^中村まみです。

復縁がしたい!という思いがあれば、復縁成就という状態も存在します。

これはこの世界の絶対的な法則から言えます。

コインの裏表があるように、需要と供給は必ず存在しています。

なので、あなたの「復縁がしたい!!」という思いには、かならず復縁成就という状態も存在するのです。

ただ一つ気をつけないといけないのは、復縁ができないという状態も存在するということです。

なぜなら「復縁はできなだろうな・・・」という気持ちも存在するからです。

そしてそれは目に見えない領域だから、なお難しいなと思います。

以前こんな記事をかきました。

「復縁を選んだ時点で実は叶っている~自愛の大切さ~」

今回はこの内容を別の角度からお伝えしています。

需要と供給をきちんと受け取るには、車の車輪のようにお互いに補う必要があります。

「復縁がしたい!!」という需要ばかり大きくてもバランスを崩します。

きちんと「復縁成就」という供給も育てていく、これが大切です。

潜在意識の世界では「あなた」しか存在しません。

といいうことはこの復縁成就という供給を育てるのはあなたの役割です。

バランスをとるのも役割です。

でもでも、、、

そんな状況を聞いてしまったらあなたはちょっと悲しくなるかもしれません。

一人でそんなことできないと思うかもしれません。

大丈夫です^^あなたは一人じゃありません。

潜在意識の世界では「あなた」しか存在しませんが、現実の世界をみると、「あなた」「元彼」「友達」「ペット」・・・たくさんの人がいますよね。

あなたと過ごしてくれる友達はあなたのことが好きだからです。

あなたが大好きなペットのネコさんもいます。

そしてこの文章を書いている「私」もあなたですね^^気がつきましたか??

ちょっと不思議な感じがしますね^^

なのでこうやってあなたに需要と供給のバランスをとる方法をお伝えしているのです。

だからあなたは一人ではないのです。

復縁がしたい!!という需要の大きさのバランスをとるためにはもっこりと膨らんだこの強い想いを小さくする必要があります。

これは気持ちが冷めるのとは違います。

風船にいれすぎた空気を少し抜く感覚と似ています。

風船に空気をいれすぎるとパンッとやぶれてしまいます。

辺りを見回すとゴムの残骸が残っている、そんな状態になります。

これが復縁をしたい!!ということであれば、残骸の代わりに痛めた心が残ってしまうのです。

そう、需要と供給のバランスをとるのは「復縁したい!!」と思っている気持ちに対してのアプローチなのです。

空気が入りすぎているのはなぜか??

空気を抜くためにはどうしたらいいのか??

どうやったら適正な大きさになるのか??

そんなことをアプローチするのです。

これはあなたの潜在意識へのアプローチですね^^

決して「復縁成就」の供給の部分ではありません。

なぜなら「復縁成就」という供給部分はもうワンセットとして存在しているからです。

「復縁成就」という供給部分にバランスを合せる、そうイメージして頂けるとよいかなと思います。

きちんとバランスをとれば需要と供給はきちんと機能します。

それは「復縁したい」→「復縁成就」が機能するのと同じことなのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加