■いつのまにか彼を追いかける立場になるのは?

こんにちは^^中村まみです。

彼に告白されてお付き合いがはじまり、最初はマメだった彼からの連絡が、いつの間にか自分から彼に連絡することになっている。

あるいは

彼からのデートの提案が、いつの間にかなくなっていた、、、

心当たりのある方はいらっしゃるのではないでしょうか?

最初はあなたに熱心だった彼がそのうち受け身になるのは、あなたの潜在意識の思い込みが大きな原因です。

人間関係というのはダンスのステップに似ていて、自分の踏み出したステップに相手が反応してきます。

潜在意識の中では自分も相手も自分ですよね?

ということは相手のステップではなくて、自分の出したステップにより相手の態度が変化してしまうということなのです。

最初はあなたに熱心だった彼の態度が変化したのは、そのステップのせい。

そしてそのステップの出し方は潜在意識が司っています。

もしそのステップに「愛されない不安」な気持ちが入っていれば、その愛されない不安な気持ちを感じさせるように相手が自分に接してきます。

ステップに「見捨てられる不安」な気持ちが入っていれば、相手に過剰に奉仕をするような接し方をしてしまっている可能性も高くなります。

潜在意識の深い深いところにある思い込みを一人で見つけることは困難ですが、うっすらとした、漠然とした不安やもやもやした気持ちは感じませんか?

それが潜在意識の声なきメッセージです。

その潜在意識の衝動があなたの行動を無意識レベルでコントロールしています。

いつの間にか彼を追いかける立場になる方は、不安も感じているのですが、少しずつ少しずつ不満も溜まっていきます。

愛されている実感が少ないからです。

自分はこんなに彼のことが好きでがんばっているのに、彼はちっとも私の気持ちを汲んでくれない。

連絡も私!(怒)

デートの提案も私!!(怒)(怒)

何もかも私!!!(怒)(怒)(怒)

となりがちです。

追いかけることをしているとき、少なからず自分に無理をしているんですね。

だから不満になってその不満がどんどんどんどん大きくなると

別れたくなります。

あなたはこんなパターン繰り返していませんか?

これは彼も悪くないし、もちろんあなたも悪くありません。

ただ潜在意識が嬉しい!楽しい!という喜びよりも、悲しみや苦しさを選択してしまっているのです。

それは潜在意識の中がポジティブよりもネガティブのほうが強いからです。

潜在意識の反映が現実です。

ただ潜在意識の思い込みが、彼を追いかけるようなシチュエーションになっているだけです。

そういうシュチュエーションになっているだけなので、それは変更可能なんですね。

変更ができないという思いは単なる思い込み。

もちろん、そういうシュチュエーションになっていしまう潜在意識の働きは一昼夜にしてできたわけではありません。

なので、それを変更するのも少~~~~~し時間がかかることもありますが、変更は必ずできるのです。

どうでしょう?ちょっと想像してみてください。

彼と二人でネットをみながら「こんなところどう?」「うん!素敵♪」と話しているところを。

彼に連絡したら「俺もちょうど○○に連絡しようとしていたんだ。ナイスなタイミング!」と笑って話をしているところを。

楽しいですよね?

満たされた思いになりませんか?

潜在意識から満たされていない思いを解放し、満たされ思いをちゃんと伝えることで、彼とのダンスのステップは軽やかで愛あるものに必ず変化していきます。