■復縁したい男は3股かけるひどい奴なのに諦められない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは^^中村まみです。

付き合っている時もさんざん泣かされて、二股三股をされたけど、復縁を諦められないんです。

そんなことありませんか?

これどうしてそうなんだと思いますか?

復縁してお付き合いを再開したら彼は自分に一途ないい男に変身しているでしょうか?

残念ながらおそらく彼は変わることはありません。

どうして自分を幸せにしない男性に魅かれるのかというと、二つの原因があります。

一つ目はニーズ(needs)です。

日本語に直すと、「要求、必要、入用」です。

あなたが無意識に相手に何かを求めている、そんな状態なのです。

とっても強い欲求なので、「ちょうだい!!ちょうだい!!」となっているために、それをもらえるまで諦めることができません。

しかもそれを相手からもらうと欲求がさらに強くなります。

際限が無いというか、、、(この理由はまた次回にお話ししますね。)

私たちの恋愛の99%以上は、ニーズでできています。

だからニーズが悪いわけではありません。

「彼にこうしてほしい」とか「あーしてほしい」とか欲求がありますよね。

それは自分の中に、そうしてくれたら「愛されている」ように感じるニーズを刺激する思い込みがあるからです。

彼と関係を続けていけるようなニーズなら問題ありません。

それは人間である以上あっても自然なことですし、健全なニーズというのもあります。

でも自分を不幸にしてしまう、相手を不幸にしてしまうニーズというのは持っているのはしんどいと思います。

自分を不幸にしてしまうニーズを持ってしまうのは、例えば、

彼に泣かされたりして大切にされないのに、彼を諦め切れないのはニーズを刺激する強いネガティブな思い込みがあるからです。

相手を不幸にしてしまうニーズ、例えば

「深夜に迎えにきて!!」という。

「彼にとったらしんどいのを知っていいて高価な品物をねだる(彼がお金持ちならいいですよ^^;)」

「毎日の電話を要求する」

「返事は10分以内という無理な要求をする」

「それをしてくれなかったら怒る」

これは相手を不幸にするニーズです。

そして彼から見放されるというシナリオが展開してしまう可能性がある、自分も不幸にするニーズです。

そうやって彼の愛を試すニーズを作っている強いネガティブな思い込みがあるからです。

そして二つ目はネガティブな思い込みです。

ニーズとかなりかぶるのですが、「自分が愛されていない存在」「自分には価値がない」という思い込み(※人それぞれ違います。)があると、その思い込みを証明しようとグルグルと私たちは同じところを廻りつづけるのです。

彼に愛されていない自分をずっと繰り返し繰り返し、映画のようにこの現実世界に再生し続けます。

彼に愛されていない現実をみてその思い込みを強めようとするのです。

そんなこと普通に考えたら有り得ない!!って思いませんか?

でも有り得るのが潜在意識の世界なのです。

愛されないことを証明するひつようがある!!!と潜在意識は息巻いています。

それはあなたを幸せにしたいからです。

でもですね、本当は、潜在意識は泣きながら、嫌々そうしているんです。

潜在意識はシンプルだけど、私たちの常識とは違う世界観があります。

なので、そんな潜在意識の仕組みを知り、自分自身の潜在意識と仲良くなって復縁の道に進めると素敵だなと思います。

あなたの復縁を応援しています♪


 icon-angle-double-right 

*音声付*幸せな復縁をした人だけが知っている無料オンライン講座はこちらです

↓↓オンライン講座のテキストサンプル及び音声サンプルをご覧になりたい方はこちらです↓↓

テキストサンプル

音声サンプル(約5分半)

 icon-angle-double-right セッションについてはこちらからです

 icon-angle-double-right お問い合わせやお申し込みはこちらです


  • このエントリーをはてなブックマークに追加