■自分のことが大嫌いだから復縁はできないと思っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは^^中村まみです。

復縁をするには「自分を愛する」「自己肯定感を高める」ことが大切。

「復縁」と検索するとたくさんのブログやサイトがでてきて、そのブログを読むとそう書かれています。

このブログも検索していただいたうちの一つですね。

読んでいただきありがとうございます。

それを見たあなたは

「自分を愛したら彼と寄りが戻るかもしれない」と思ったり

「でも自分を愛するってどういうことなんだろう?」と思ったり

いろいろな疑問がわいてくるかもしれません。

「自分のことを好きになれない!!どうしよう??」と思っていらっしゃるかもしれません。

でも大丈夫^^

自分のことが大嫌いでも復縁はできます。

自分のことが嫌いだと感じているときというのは、とても苦しいと思います。

私もそんなころは「自分を好きになるワークショップ」などに、それはそれは熱心に通っていました。

今でもバイオリズムの影響でしょうか、ど~~~んと落ち込んで、「あ~もう嫌だ!!」と、とことんまで自己嫌悪になったりしますから。

そうするとますますその負のスパイラルに入って、「私って全然ダメ」「全然自分が変わってない」みたいな思考が頭の中でモサモサと占領しはじめて、苦しみにズブズブと入っていきます。

昔は自分のこと嫌いすぎて鏡で自分をみれなかった時期もありましたし。

話を戻しますが、「自分のことを大好きに!」や「自分を愛する」などの言葉に反応するということは、自分のことを嫌いっていう思い込みがあることに気がついたほうがよい
です。

そうです!この記事を熱心に読んでいるあなたです!!^^

潜在意識の中に自分のことが嫌いという前提があるから、自分を好きになる方法や文章に反応するということをしっかり認識できたなら、もうホントに“まる”です。

抜け出すのは早いです。

ここを認識できないまま、ワークショップや自分を好きになるうんぬんの本を読んでも、逆に嫌いな自分が強化されたりしますから要注意なのです。

その認識ができたら、「自分のことが嫌い」というのは、ただの思い込み、嘘の価値観、歪められた価値観だということを知ること。

理解はしなくていいのでただ知る。

「自分のことが嫌い」という気持ちは、本当のことのように思えるし、真実以外の何ものでもないと思わずにはいられませんが、それは錯覚です。

本当にただの錯覚です。

どうしてそんなことが言えるかというと、絶対的な真実として「私たちの本質は中庸(ニュートラル)」だからです。

中庸というのは「好き」「嫌い」を超えたところ、「好き」も「嫌い」も包括していています。

そしてそれが私たちの真の姿なのです。

なので「自分が嫌い」という価値観は嘘、どこかで歪められた価値観ということになるのです。

私たちは今までその嘘に翻弄され、溺れていたということなんですね。

でもこれを知ることができても、まったくもって「自分が嫌い」というのが本当のことのように感じるのは、ある意味仕方がありません。

だって何十年という長い時間、それを握り締めてきたのですから。

なので「自分が大嫌い」という気持ちは大切にしてください。

「あ~~、自分てそう思っているんだ」と自分を嫌いな自分を否定しないことがとっても大切。

自分のことを嫌いでもいいんだと思うことから変化が始まります。

気づくたびに「あ~~、私って自分のことが嫌いなんだ~~~」とただ
認めてあげる。

それをするだけで、何十年と握り締めてきた苦しい想いは少しずつ解放されます。

ちなみに私は今でも自分のこと好きじゃないですよ。

でもとびっきりの最高のパートナーがいてくれます♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加