■主人に不倫をされて以来、男性が怖い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは^^中村です。

復縁相談とはちょっと違いますが、ご参考になるかなと思い、掲載させていただきました。

主人に不倫をされて離婚しました。

このことがトラウマになって男性が怖くなってしまいました。

どうしたらいいでしょう?

(40代 M.Mさま)


これはですね、

ご自身としてはご主人に不倫されたことが男性不信になっていらっしゃいますが、潜在意識の世界からみると、男性不信の原因があって、それがご主人に不倫されたことで、トラウマとして浮上してきた(意識にあがってきた)といえます。

不倫された→男性不信(トラウマ)

ではなく

男性不信(トラウマ)→不倫された

なんですね。

順序が逆なんです。

現実に起こっていることは、潜在意識が潜在意識にある思い込みに気がついてほしいと思っているがために起こっている出来事なので、男性不信になってしまったのは、ご主人の不倫が原因ではないのです。

潜在意識の中でそういう不安を育ててしまったということなんですね。

それが現実になってしまった、

簡単にいうとそんな感じです。

なので、男性不信になってしまった本当の原因をみつけていくことが大切です。

トラウマは手放せますし、また人を愛して信じることができます^^

ということで、潜在意識の一人称の法則をつかって、このことについて少しみてみましょう。

まずはご主人に対しての気持ちを紙に書いてみましょう^^

例えば

「あなたを信じていたのに裏切るなんてひどい」

「あなたはもう私を愛していないってことなの??」

「あなたなんて卑怯者!!」

「あなたのせいで男性が信じれなくなったわ!!」

こんな言葉がでてきたとします。

これを潜在意識は一人称で紐解いてみましょう。

「あなた」は「私」ですね。

「私を信じていたのに裏切るなんてひどい」

「私はもう私を愛していないってことなの??」

「私なんて卑怯者!!」

「私のせいで私が信じれなくなったわ!!」←ここは「男性」も潜在意識の一人称の法則が当てはまります。

こうやってみてみると

どこかで潜在意識を裏切ってしまっていた自分に気づくかもしれません

自分を愛することをしてこなかったことに気がつくかもしれません。

自分を信じれないことをしてしまったことがあったのかもしれません。

そう、男性を信じれなくなったのではなくて、「自分」を信じれなくなってしまったんですね。

そのことに気づいてもらうために潜在意識は、そんな状況を創りだしていると感じてみてくださいね。

そしたら、何を気づいていくのがいいの?

何をしていけばいいの??

となってきます。

そして

どうして自分を信じれなくなってしまったんだろう?

この気持ちに対する潜在意識の声を聴いてあげるのです。

小さいころいじめられた記憶がよみがえってくるかもしれません。

小さいころお父さんが約束を破ったことを思い出すかもしれません。

不安な気持ちをずっとずっと隠し持っていたことに気がつくかもしれません。

それを丁寧に癒していくと、分かってくるのは、男性不信の本当の正体は、自分不信だということなんです。

あなたを愛するのはあなたにしかできませんし、ちゃんとできますから、あなたは絶対に男性不信から回復できるのです。


 icon-angle-double-right *音声付*幸せな復縁をした人だけが知っている無料オンライン講座はこちらです

↓↓オンライン講座のテキストサンプル及び音声サンプルをご覧になりたい方はこちらです↓↓

テキストサンプル

音声サンプル(約5分半)

 icon-angle-double-right セッションについてはこちらからです

 icon-angle-double-right お問い合わせはこちらです


  • このエントリーをはてなブックマークに追加