復縁したいけど〇〇が不安、、、3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

喫煙者の元彼と復縁

こんにちは^^中村まみです。

今回は第3弾、「復縁したい彼は喫煙者、私はたばこが大嫌いだからどうしよう、、、」です。

私もたばこの煙がとても苦手なので、自分のパートナーがたばこを吸っていたら嫌かもしれません。

ただどうしたら自分もパートナーも気持ちよくお互いに譲り合っていけるのかを知っていることで、不安や不満はなくなるなとは思っています。

我慢は嫌ですからね^^

ぜひ、喫煙者の彼との復縁の不安をなくしていきましょう。

潜在意識の声を聴くと解決策がみえてくる

「復縁したい彼は喫煙者、私はたばこが大嫌いだからどうしよう、、、」というのは、一見どうしようもないじゃないかと思うかもしれませんが、やはり潜在意識の声を聴けば、ちゃんと解決策がみえてきます。

基本はやはりこの3つ

・質問をして思い込みをみつける

・その思い込みが出来た記憶を解放する

・それに関わる潜在意識のしくみを理解する

質問をして思い込みをみつける

では具体的にいうと、こんなところから潜在意識に入っていきます。

「自分の前で吸わなかったらいいのか?」

「一番たばこが嫌だと感じる部分はどこか?」

「女友達がたばこを吸っていたらどう感じるか?」

他にもさまざまな質問がありますが、こういう質問して答えていただいて、また質問してと、少しずつ少しずつ潜在意識に入っていく質問をしていきます。

そうすると、段々潜在意識の本音が聴こえてくるようになります。

もちろん、一筋縄ではいかないことも多いのですが、、、、

例えば、

彼がたばこをベランダや外で吸ってくれるのであれば全然大丈夫という答えであれば、あまり悩まないと思います。

これが

たばこを吸っていること自体が嫌だという答え。

とか

あっちでたばこを吸ってと言えないから嫌だという答え。

とか

あっちでたばこを吸ってといっても聞いてくれないから嫌だという答え。

などであれば、すごく悩みますよね、、、。

でもこれらはやっぱり解決ができるのです。

これに関してはあとで記述しますね。

その思い込みが出来た記憶を解放する

「たばこを吸っていること自体が嫌」というのであれば、たばこを吸っている人に対してのイメージから、過去をさかのぼったりしながら、強い嫌悪感が生まれた理由を探っていきます。

解放した後に

この「たばこを吸っていること自体が嫌」という潜在意識の声を解放した時、どのように変化しているかによって、またセラピーをする必要がでてくるかもしれないですし、隣で吸わなければ大丈夫かなという気持ちになるかもしれません。

再度質問をしながらもっと深い思い込みをみつける

「あっちでたばこを吸ってと言えない」というのは、

他にも彼に言いたくても言えなかったことがあるかどうか、

彼じゃない人だったら言えるかどうか、

言っても平気な人がいるかどうか、

などを質問していくと、だんだんと潜在意識の声をキャッチできるようになります。

潜在意識は一人称

潜在意識は一人称なので、「あっちでたばこを吸ってといっても聞いてくれないから嫌」という、一見彼が言うことを聞いてくれなかったら解決できないようにみえることでも、大丈夫なのです。

彼が「あっちでたばこを吸ってといっても聞いてくれない」ことについて、どんな気持ちになるのか、

たばこだけではなくて、他にも頼みごとを聞いてくれないことはあるのか、

など色々な質問をしていくと、潜在意識がどう働きをしているのかが分かってきます。

「なんで彼は私のいうことを聞いてくれないんだろう?と(悲しくなる or 怒りがわいてくる)」

「彼にバカにされているような気がする、、、」

「私のことが大切じゃないんだと感じる、、、」

そういう答えがでてきたなら、ここからもっともっと質問をしていき、本当の潜在意識の声を聴いていきます。

「私は無視をされて当然な価値のない人間だ」

とか

「私はいつも見下される」

とか

「私は誰からも愛されない」

などと、いろいろな潜在意識の声がでてきます。

再度でてきた深い思い込みを解放する

そうして、新しくでてきた思い込みを解放していくのです。

そうすれば、感覚が変わってきますから、絶対に「あっちでたばこを吸ってといっても聞いてくれないから嫌」ということにはなりません。

感覚が変化し思考が広がる

「あっちでたばこを吸ってといっても聞いてくれなかったら、きちんと話し合いをしていこう」

「話し合いができない人なら、この先もお付き合いしていっても難しいわ」

「自分ができる防衛策はないかしら?」

といままでにない思考が広がっていきます。

驚くべき変化

そして驚くべきことに彼がきちんとあなたの言い分を聞いてくれるようになっている可能性も大なのです。

自分が主体となることができる

喫煙者の彼がいるから不安という、どうしようもないように思われる状況にに振り回されるのではなく、自分が主体になって問題解決ができます。

つまり、潜在意識が変化したら、「復縁したい彼は喫煙者、私はたばこが大嫌いだからどうしよう、、、」という不安がなくなります。

だから安心して復縁を希望していいのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

*音声付*幸せな復縁をした人だけが知っている無料メール講座

この講座は全3回で構成されており、合計約1時間の音声ファイルと30ページのPDFでのテキストでお送りします。

「第1章 まずは潜在意識語を学んでみよう!!~潜在意識は文化も言語も違う外国のお友達~」

「第2章 ネガティブ想いは過去においてきたあなたと元彼へのギフト~潜在意識の存在意義~」

「第3章 愛されていないという世界からの脱出~投影のしくみについて~」


潜在意識があなたに知ってほしいメッセージを紐解き、復縁の可能性が最大限に広がる潜在意識のしくみについて書いています。

なお、ご登録の際は、きちんとお名前の記載をお願いします。

あなたの復縁が叶いますように、心を込めて書いておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

※文字列のようなお名前や「あ」とか「わ」とかといったお名前の場合、予告なく削除させていただくことがあります。

登録する前に音声サンプルを確認したい方は

 icon-angle-double-right テキストサンプル

 icon-angle-double-right 音声サンプル(約5分半)

をどうぞ^^


無料メール講座の申込み