■重い女を卒業して復縁したいけど出来ないときは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは^^中村まみです。

彼氏のことが好きすぎて、重い女だと疎ましがられるなら、別れてしまう可能性は大きいです。

よく言われる対処法は、趣味をみつける、彼のことを思いやるといったことですが、、それが出来ない方は多いです。

どうしてそのようなことが起こるのでしょうか?

これは心の飢えと関係しています。

心の飢えとは心の傷のこと。

「愛してほしい!!」「愛されたい!!」という気持ちがとっても強くて、趣味なんかではその気持ちが満たせないのです。

そして飢えたように「(彼の)愛」を求めてしまいます。

私たちの心は自分の傷は自分で癒せる能力があるのですが、寂しい気持ちを生み出している思い込みが強いと、自分の心を制御できなくなることもあります。

よく感情のコントロールがきかないというのは、潜在意識の領域にある思い込みが大きすぎるために、自分ではどうすることもできなくなっているのです。

潜在意識は私たちの意識の95%~97%を握っていますから・・・。

彼にその心の傷を投影させている場合、すごく執着してしまって、彼以外は手につかなくなるのです。

そんな状態のときは、一生懸命、趣味を見つけようと思っても、虚無感だけが大きくなってしまうかもしれません。

なぜなら、自分の痛みを拒絶しようとしているから。

趣味に没頭することで、心の傷が少しずつ癒えることもありますが、しんどいだけで改善しないなら、その痛みに向き合う必要があるかなと思います。

痛みが強いときは、自分の痛みの強さが大きいので、人のことを思いやる余裕もありません。

当然、彼に対してもです。

二人の歯車がどんどんずれが「別れ」という方向に進んでいきます。

私たちの心のしくみとして、自分のことを愛することができないとき、他人に対しても思いやることができない、という事実があります。

思いやっているようでも、相手からしたら全然なっていないようにみえます。

そして、相手から受ける愛情も「たったこれっぽっち?」と受け取れないので、愛されていないように感じるのです。

彼にのめりこむのは、自分の心の傷を彼に癒してもらおうと必死になっているとも言えるでしょう。

でも彼だって、与えても与えても愛が溢れている人間ではないです。

彼も一人のごくごく普通の人間ですから、愛情だってほしいです。

趣味を見つけれないほど重い女でいることは、自分自身も苦しいはずです。

ちょっとだけ勇気を出してその苦しさを解放して、もっと軽くやさしい関係を彼と創っていくことが、自分と彼との幸せには必要だとわかると思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加