復縁も新しい恋愛も阻んでいたのは幼い時に出来た〇〇

復縁も新しい恋愛も進まない

こんにちは^^中村まみです。

自分でも不思議だと感じるほどに物事が上手くいかない時ってありますよね。

「あ、まただ・・・」

と、何かの強い力が作用しているように物事が進むのを邪魔していると感じる、そんな感じの時です。

運の流れが悪いのかなと占いに行ってみたりしてもどうも改善されないことも経験されていらっしゃる方は多いかなと思います。

これが恋愛についてそうなると、孤独感などを募らせてしまい、痛みが大きくなる場合が多いです。

「街を歩くカップルを見ると辛い」

そんな方々も多く、このクライアントさんもその一人でした。

仮にKさんとします。

Kさんは復縁したい彼とのことも前に進まず、かといって新しい恋愛も全くうまくいかない八方ふさがり状態にいるような感覚をご自身で感じていらっしゃいました。

なので自分はそもそも恋愛運がないんじゃないのか?と思うことで、ご自身のお気持ちをなだめている状態でした。

Kさんは恋愛運が悪いのでしょうか?

いいえ違います。

幼い時にできてしまった思い込みがKさんの復縁も新しい恋愛も阻んでいたのです。

今日のこの記事を読んでいただくと、幼い時にできてしまった思い込みが、どんなふうに復縁の足をひっぱり、新しい恋愛にも行けない状況に留まらせていたのかが分かるかなと思います。

Kさんの恋愛を阻んでいた正体は「私は格下の人間だ」という思い込み

復縁も新しい恋愛も阻んでいた思い込みは小さいときに出来てしまっていた「私は格下の人間だ」という思い込みでした。

この思い込みが復縁も新しい恋愛もできない場所から抜け出すことができない状態に自分を閉じ込めていたのです。

潜在意識への入口はどこ?

この思い込みがみつかる入口はおおまかにわけて、3つの日常会話程度のお話しがヒントになっています。

でもとても大きな思い込みにつながる、とっても重要な会話なのです。

1.新しい男性に行くことに悪い感じがする

デートとかはいいけど、付き合うとなると、なんとなく元彼に悪い感じがするとおっしゃってたKさん。

今Kさんはフリーなんです。

自由に恋愛ができるし、誰かに気兼ねすることなく自分の幸せを掴むことができるのに、新しい人にいくことに罪悪感を覚えてしまっています。

これこそがまさに思い込みのなせる仕業だったりするのです。

恋愛がうまくいかない超重要なヒントなのです。

2.告白してもうまくいかない

「いいな」と感じて告白するけど、進展することがない状態が続き、独りぼっちな日々を過ごすことになっているとおっしゃられていたので、もう少し深くお話をきいてみました。

3.自分が好きになった人とは驚くほどうまくいかない

ある男性から「かわいいね」と言われたりしたから、ご飯でも食べに行きたいと思ったのに、断られてしまう、

いいなと思ったら既婚者、

飲み会でいいなと思った人も参加するみんなで行くことになった食事会が流れる、

などと、つながっていかない、つなげようと思っても話が流れて無しになることばかりで、何かに邪魔されているようにしか感じれないほどうまくいかないというお話でした。

この邪魔されているような感覚が思い込みなんです。

元彼との別れと「自分は格下の人間だ」という思い込みの関係性とは?

私:「自分は格下の人間だ」と思うとどんな気持ちになりますか?

Kさん:「みじめな気持ちです。」

・・・

・・・

「自分は格下の人間だ」と感じることで、みじめな気持ちを引き起こしていました。

このみじめな気持ちは、元彼と別れたあとに、元彼に対してや自分の環境など、いつも経験していたのです。

元彼に連絡しても無視、

友達の結婚のお知らせ、

街行くカップル、

うまくいかない恋愛 などというように、、、

復縁という出来事は思い込みに気づくために起こる

潜在意識は「自分は格下の人間だ」という思い込みに気づいてほしくて(解放されたくて)元彼との別れで「みじめさ」という気持ちを引き出していました。

友達の結婚のお知らせを聞いて、みじめな気持ちになることで、「自分は格下の人間だ」という思い込みがあることに気がついてほしかったのです。

上手くいかない恋愛を通して、みじめな気持ちになることで、「自分は格下の人間だ」という思い込みを解放したいと願っていました。

復縁も新しい出会いもない状況に留まらざるをえない状態にいたわけ

潜在意識の中に「自分は格下の人間だ」という思い込みがあったために、みじめな気持ちを引き起こす状況に留まりつづけることになっていました。

つまり冒頭で話していた潜在意識の入口のヒントの会話

「新しい男性に行くことに悪い感じがする」

「自分が好きになった人とは驚くほどうまくいかない」

という状況に留まらざるを得なかったわけです。

潜在意識の思い込みは時空も空間も超える

幼い時にできてしまった「自分は格下の人間だ」というのが、復縁や新しい恋愛ができない要因とつながっていたわけです。

思い込みができてしまった当時は、全く復縁とは関係ありませんが、その思い込みを解放するために時空も空間も超え、復縁という出来事に反映されていたのです。

復縁をテクニックで解消しようとしても意味がない

思い込みができてしまった当時は、その思い込みは復縁とは全く無関係でした。

でも復縁が上手くいかず、恋愛が上手くいかない状況に陥っていたのは、「自分は格下の人間だ」という思い込みです。

復縁がテクニックではうまくいかない理由がなんとなくでも感じて頂けたなら幸いです。

まずは感じてみる

まずは感じてみてください。

目の前にある復縁というものの出来事の奥に、あなたの潜在意識のメッセージが隠れていることを。

そして、そのメッセージを紐解くときに復縁や新しい恋愛がうまく流れていくのだということを。

思い込みが展開する深遠なストーリー

この「自分は格下の人間だ」という思い込みが創ったストーリーはもっと奥深いものがあります。

次回はこの奥深いストーリをもう少し解説させていただきたいなと思います。

*音声付*幸せな復縁をした人だけが知っている無料メール講座

この講座は全3回で構成されており、合計約1時間の音声ファイルと30ページのPDFでのテキストでお送りします。

「第1章 まずは潜在意識語を学んでみよう!!~潜在意識は文化も言語も違う外国のお友達~」

「第2章 ネガティブ想いは過去においてきたあなたと元彼へのギフト~潜在意識の存在意義~」

「第3章 愛されていないという世界からの脱出~投影のしくみについて~」


潜在意識があなたに知ってほしいメッセージを紐解き、復縁の可能性が最大限に広がる潜在意識のしくみについて書いています。

なお、ご登録の際は、きちんとお名前の記載をお願いします。

あなたの復縁が叶いますように、心を込めて書いておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

※文字列のようなお名前や「あ」とか「わ」とかといったお名前の場合、予告なく削除させていただくことがあります。

登録する前に音声サンプルを確認したい方は

 icon-angle-double-right テキストサンプル

 icon-angle-double-right 音声サンプル(約5分半)

をどうぞ^^


無料メール講座の申込み

コメントを残す

*