怒りは復縁の大切なプロセスの一つ

怒りは復縁の大切なプロセス

こんにちは^^中村です。

私たちは怒っている人は苦手ですよね?

なので、私たちは無意識の内に自分の怒りを感じることもためらってしまいます。

でも怒りは本当に本当に大事な感情なのです。

これを読んでいただくことで、怒りを大切にして行って頂きたいなと感じています。

怒りは復縁の大切なプロセス

復縁でとても大切なものは、あなたの中にあるいろいろな感情を感じることです。

その中でも特に大切なのが「怒り」です。

どうして?と不思議に思おうかもしれません。

それは他者=自分という潜在意識の観点から紐解くとすごくわかってきますので、読み進めて頂ければなと思います。

怒りをもっと身近に大切に感じていただくことで、復縁のプロセスが上手くいく流れができます。

怒りは自分の価値観の象徴

私たちが怒りを感じるのは、自分の信念、価値観と呼ばれる大切な何かを否定されたからです。

つまりそれはあなたにってはとても大切なものなのです。

怒りの否定は自己否定

価値観を否定されて怒りを感じているのに、「怒りを感じてはいけない」「怒りは感じていない」としてしまうと、自分自身が自分が大切にしている価値観を否定しているのと同じことになります。

自分の価値観を無価値だと思っていることになります。

潜在意識はそう認識してしまいます。

そうすると、自分の心の中は自分への無価値感でいっぱいになっていくんですね。

自己否定は彼への否定

自分で自分のことを無価値だと認定しているのに、他者は価値のある人として扱ってはくれません。

これは潜在意識は一人称の法則を使ってみるとよく分かりますよね。

潜在意識では「他人=自分」ですから。

そしてそれは「彼=自分」ということでもあります。

つまり、自己否定をするということは、彼を否定しているということでもあります。

彼への否定は復縁を否定している

彼を否定しているのに、復縁の可能性は出てくるでしょうか?

彼を否定しているのに、彼への愛を注ぐことはできるでしょうか?

自己否定は彼への否定、彼と復縁をしたくないといっているのと同じようなものなのです。

手放していい信念はある

もちろん、手放していい信念、価値観はあります。

自分の人生が楽しくないような信念や価値観なら手放して、新しい信念や価値観を取り込むことはおすすめです。

ただどんな価値観でもまずは尊重するべきなのです。

否定(抑圧)するのは、手放すのとは真逆の行為なのです。

抑圧は見なかったことにしよう、見ないでおこうとする、いわゆる「無視状態」。

手放すのは、認めて愛してあげる行為です。

復縁のプロセスに欠かせない怒り

復縁でとても大切なものは、あなたの中にあるいろいろな感情を感じることです。

その中でも特に大切なのが「怒り」です。

怒りをもっと身近に大切に感じていただくことで、復縁のプロセスが上手くいく流れができます。

まずは感じる

怒りがとても大切で愛すべき存在だということがわかったら、まずは感じてあげましょう。

無条件に感じてあげてください。

怒りは恥ずかしいことでもなんでもなく、大切なあなたの一部なのです。

補足

ただ怒りはものすごく大きなエネルギーです。

ですので、いままでの否定(抑圧)が大きければ大きいほど、そのエネルギーは巨大で、荒れ狂う嵐のようなものです。

なので、どうして解放していいのか分からないと思います。

そこで次回は「復縁で大切なあなたの中の怒りの解放方法」についてお伝えしたいなと思います。

*音声付*幸せな復縁をした人だけが知っている無料メール講座

この講座は全3回で構成されており、合計約1時間の音声ファイルと30ページのPDFでのテキストでお送りします。

「第1章 まずは潜在意識語を学んでみよう!!~潜在意識は文化も言語も違う外国のお友達~」

「第2章 ネガティブ想いは過去においてきたあなたと元彼へのギフト~潜在意識の存在意義~」

「第3章 愛されていないという世界からの脱出~投影のしくみについて~」


潜在意識があなたに知ってほしいメッセージを紐解き、復縁の可能性が最大限に広がる潜在意識のしくみについて書いています。

なお、ご登録の際は、きちんとお名前の記載をお願いします。

あなたの復縁が叶いますように、心を込めて書いておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

※文字列のようなお名前や「あ」とか「わ」とかといったお名前の場合、予告なく削除させていただくことがあります。

登録する前に音声サンプルを確認したい方は

 icon-angle-double-right テキストサンプル

 icon-angle-double-right 音声サンプル(約5分半)

をどうぞ^^


無料メール講座の申込み

コメントを残す

*