■元彼と復縁したけどもっと他に合う人がいるんじゃないかなって思うんです・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは^^中村まみです。

「復縁したのですが、もっと他に合う人がいるんじゃないかなって思うんです・・・」

別れの理由は、彼が趣味や仕事に忙しかったので、寂しくて別れたということでした。

復縁したのは、やっぱり好きだったので、その価値観を理解しようと思ったからだそうです。

でも我慢ばかりしていて辛い、他に合う人がいるじゃないかなと思うというだったのです。

でもよくよく聞いてみると、その方の一番の苦しみは「ただ都合のいいように扱われているだけなんじゃないか」と感じてしまうのが一番辛いということでした。

なかなか会えない状況が、「私って都合のいいときだけなの?」という気持ちにさせているようです。

ですが!!

その状況そのものが「私って都合のいい女なの?」ということを指しているのではないということに気がつくと思考に飲み込まれていない良い状態に近づいています。

何かに反応して「私って都合のいいときだけなの?」という思考になってしまっているのはわかりますか??

その何かが思い込みなのです。

なぜなら、なかなか会えない状況だからといって、すべての人が「私って都合のいいときだけなの?」とは思わないからです。

同じ状況でも、どう感じるかは人それぞれです。

だから「都合のいい女なのか?」と感じてしまうのはその方の思い込みになるのです。

その思い込みというのは

「私は軽んじられる人間だ」という思いかもしれません。

「私には価値がない」という思いかもしれません。

「私って存在してもいいの?」という思いかもしれません。

だからまずはその思い込みを手放した目でもう一度自分の状況をみてみましょう。

必ず気持ちが変化しているはずです。

すると不思議なことに、我慢するしかないと思っていたのに、たくさんの選択肢がみつかります。

「都合のいい女説は私の思い込みだった!!そうじゃないんだ」って思ったら、頻繁に会えないことが気にならなくなり、自分自身も趣味に没頭できるかもしれません。

そしたらその結果、彼と会っている時間をより幸せに楽しく感じることが出来るようになるようになるはずです。

あるいは、彼に自分自身の気持ちを聞いてもらおうと、淡々と説明できるかもしれません。

我慢しているというのは、自分の想いを伝えることを怖がっているからです。

その怖がっていることも思い込みからきています。

だから我慢してしまうのです。

復縁したのは幸せになりたいから、という大切な自分の想いを思い出してください。

せっかく復縁したのに、我慢ばかりの今の恋は幸せでも楽しくもないでしょう。

ここを軌道修正しなければ、いつか感情が爆発して、結局はひどい心の傷を残して別れることになるかもしれません。

せっかく復縁しようとしたご自身の気持ちを尊重してください。

自分の気持ちを大切にせずに幸せにはなれないことは感じているはずです。

自分のことをこれ以上粗末に扱わない、見捨てないでくださいね。

自分が幸せになるという目的を忘れない、ここを一番の軸に考えれば、どうしたらいいのかが分かるはずですから。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加