■彼に別れを告げられ辛くてしかたありません

こんばんは^^中村まみです。

《case》※架空のケースです
付き合っていた彼とささいなことで険悪ムードになった。

彼がこういう雰囲気で付き合うのはもう嫌だ!と怒った。

一旦は謝って仲直りしたけど、彼から「恋愛対象としてみれなくなった」とメールがきた。

別れた

でも辛くて仕方がない

ここでは何が問題の大きな原因になっているのでしょうか?

この方は、彼と喧嘩するたびにその気持ちを引きづって、雰囲気がどよ~~~んとしていたようです。

そして彼がついに「もう嫌だ!!」となったということのようです。

この方も、自分の引きずってしまう性格を直せばうまくいくのかもと思っておいでです。

そこは正解だと思います。

でも引きずってしまう性格、もう出さないでいられるでしょうか??

ここをずっと我慢して、引きずらないようにできるでしょうか??

この方、過去の恋愛でも同じようなことが度々あったようです。

ということは、彼が我慢できないほど、どよ~~んとしてしまう根本の原因を解決しないと、表層の意識だけではコントロールは難しいといえますよね??

また同じことを繰り返してしまいます。

これがこの方の恋愛パターンでもあるんですね。

そして辛くて仕方がないのは-もちろん愛する人を失うのは辛い出来事ですが-このパターンに絡んでいる思い込みが強く刺激されているからです。

どうして引きずってしまうのか?

彼と険悪になった些細なことは自分をどんな気持ちにさせたのか?

そしてそれは何を意味するのか??

どんどんどんどん潜在意識の奥へ奥へと入っていきます。

そうしてでてきた思い込みは過去と密接に結びついています。

今、彼と一緒にいるようで、その方は過去に生きているのです。

一緒に人生を歩いているようで、その方は過去を歩いています。

一緒に手をつないでいるようで、本当は彼の手を放してしまっているのかもしれません。

愛する人と一緒に人生を歩いていきたいのなら、彼との関係にとって障害になっている潜在意識の思い込みを手放していきましょう。

愛する人を幸せにしたいなら、自分の感情を大切にしてあげましょう。

表層意識で気持ちをコントロールしようとすることは、自分の感情を大切にしているのではなく、力づくで暴力的に自分の心を押し殺している状態に近いのです。

それはいずれものすごい力で反撃されます。

自分が力づくで押し殺した以上の強い力で、、、。

きっとご自身が想像する以上に、彼にその空気感が苦痛だと思わせるほどどよ~~~~んとしていていたんだと思います。

ただそうやって問題が浮上してくるということは、潜在意識はあなたを一生懸命幸せに導こうとしているからです。

一緒に幸せを創りあげていきたいと思っているからです。

それが潜在意識の願いですからね^^

耳を傾けたとき、幸せに愛し愛される関係を築く扉が開かれます!!