■復縁のファーストステップとは?まずは自分のその寂しさを受け止める

こんにちは^^中村まみです。

復縁のステップを間違えてはいけません。

「どこがいけなかったんだろう?」

「どこを直せばいいんだろう??」

彼と別れた直後はこんなふうに自分をジャッジしがちですが、これは復縁のファーストステップにすることではありません。

この自己分析に入ってしまうと、自分責めがはじまるからです。

とくに本当にしんどい人は絶対にしないほうがいいでしょう。

自分責めがはじまると、頭の中のグルグルから抜け出せなくなります。

そんなことなら一日中寝ているほうがはるかに復縁の可能性は高くなります。

「自分の寂しさを受け止める」

これが復縁のファーストステップになりますが、それすらもできないのであれば「寝る」「ボーっとする」「映画でもみる」のがおすすめです。

このことについては、次回の記事に書いていきますね。

さて

「自分の寂しさを受け止める」

ということについてお話しします。

好きな人がいなくなるのは、潜在意識の思い込みうんぬん関係なくすごく寂しいです。

寂しいもんは寂しいんです。

でも、それでも、その寂しさはあなたの内側から出てきているものだということを感じてあげてください。

自分の大切な一部ですから、その大切な一部に対して愛情をかけてあげることをすることが必要です。

どうしてそれをしないといけないのかというと、あなたの一部が強いネガティブな状態なら、復縁に進もうと思っても、足を引っ張られる形になるからです。

足を引っ張られるというとなんだか邪魔なイメージがありますが、決してそうではありません。

先ほどもいいましたが、あなたの大切な一部なのです。

私たちの中にはたくさんの感情がありますよね。

喜び

悲しみ

苦しみ

嫉妬

怒り

この感情たちってそれぞれあなたの大切な一部で、それぞれ重要な役割をもっています。

そして怒りは怒りの役割をもちながら、悲しみは悲しみの役割をもちながら、あなたと幸せになりたいと思っています。

でもその幸せな方向に行くには、一つだけやらなければいけないのです。

感情たちってあなたの子どもだと思ってください。

そうそう、その感情に耳を傾けることなんです。

「私のこと気にしてくれないなら知らない!!」

寂しさの正体はこんなことを思っているのかもしれません。

だからまずはその寂しさを抱きしめてあげることです。

どうやって?という方のためにとっても簡単自己ワークの方法をお伝えします。

【用意するもの】
両腕で抱きしめられる枕かぬいぐるみ

【方法】
1.目をつむります。

2.枕(ぬいぐるみ)を抱きしめながら「寂しいよね?分かるよー」と自分に語りかけてあげる。

3.気のすむまで「分かるよーそばにいてくれてありがとう」とかけてあげたい言葉をかけてあげる。

これだけです。

これだけでもかなりすっきりします。

そしたらちょっと発見があると思います。

彼がいなくても寂しさが和らぐ、それは自分でできることなんだと。

この発見があると、あなたの復縁は大きな進歩をとげます。

そこからが復縁のスタートなのです。