愛されたいと思うことは恥ずかしいこと?

復縁とつながる甦る記憶

こんにちは^^中村まみです。

「愛を得るために頑張っていることがなんだか屈辱的、、、」

そんな言葉をお聞きすることがあります。

頑張ることは愛を得るための行為ではない

「愛を得るために頑張っていることがなんだか屈辱的、、、」と感じるのは、一生懸命頑張っていても中々結果がついてこないし、疲れてしまっていらっしゃるのだと思います。

それは本当にしんどいことだと思います。

ただ「頑張っている」その状態というのは、愛を得るためにしている状態ではないのです。

ご本人さまは「愛を得るために頑張っている」と思っていらっしゃいますが、その頑張りは「愛を得るため」ではありません。

その頑張りは「ありのままの自分」に近づくために頑張っているのです。

だからあなたは「愛を得るために頑張っている」のではないので、惨めな気持ちや悲しい気持ちなどを感じる必要はないのです。

鎧をきているあなた

全然気がついていらっしゃらないと思いますが、あなたはめっちゃくっちゃ重たい鎧をきています。

その鎧、めっちゃくちゃ重いのですが、透明なために中々見ることができません。

でもめちゃくちゃ重いエネルギーを発しているために、そのめちゃくちゃ重いエネルギーがあなたやあなたの環境に影響を及ぼしています。

自分自身が気づいていなくても、その重いエネルギーはを持っていると苦しいので、「重いエネルギーを解放したい!!」と感じています。

そしてその鎧なみの重いエネルギーを着ている状態というのは、本来のあなた(ありのままのあなた)を見えなくしているのです。

自分自身からも見えなくしていますし、他人からも見えなくしています。

鎧を脱ごうと頑張っている

先ほど「愛を得るために頑張っている」と思っているのではなく、「ありのままの自分」に近づくために頑張っていると申し上げました。

本来、私たちは「愛されている人間」です。

なのでありのままの自分でいれば、当然のように愛はあなたのところにあります。

それが分からなくなっているのは、その重いエネルギーのせいでそれが自分にも他人にもわからなくなっているからです。

その重いエネルギーは「苦しみ」だったり「怒り」だったりするので、手放したいと葛藤してしまいます。

その手放したいという思いが愛されたいという言葉に変換されているのです。

あなたは本来の自分で生きようと、一生懸命努力しているだけなのです。

本当の自分でいたいと願うのは魂にとって自然なこと

もっと気持ちを楽にして、リラックスして、ありのままの自分でいたいと願うのは、魂的観点からいうと、とても自然な行為です。

私たちというのは、自分らしい気持ちでいれるようにこの地上でレッスンを繰り返しています。

なので、生まれてきた人生の課題というものを持っています。

もっと気持ちを楽にして、リラックスして、ありのままの自分でいたいと願うのは、私たちのほぼ共通の課題なんです。

もちろん課題ですので、それがとてつもなく難しく感じる人もいれば、これは比較的簡単にクリアできそうだなと感じる人もいます。

課題に行き詰っているからといってダメなわけではない

社会科が得意でも数学がまるでダメ、みたいな感覚かもしれません。

ですので、課題をうまくこなせないからといって、あなたがダメということでは全然ないんです。(数学がダメでもあなた自身がダメにならないのと一緒なことです)

たまたまあなたにとって難しく感じる課題なんです。

他の課題は難なくこなしているかもしれません。

なので気づかないのかもしれません。

仕事はかなり順調とか

友達が多くてすごく楽しいとか

愛されたいという言葉を振り返ってみて

「愛されたい」と感じているのは、あなた自身の課題です。

誰かに愛されたいと外側に意識を向けるのではなく、内側に向けてみてください^^

それはあなたがあなた自身に投げかけている言葉ですから。

潜在意識は一人称の言葉を思い出してみてください。

「誰かに愛されたい」

この「誰か」は「私(自分)」になります。

「自分(私)に愛されたい」

ということですね。

それは自分自身が着ている重~~~~~~い鎧を脱ぐことを意味しています。

復縁の前に幸せにフォーカスできるようになりました

卑怯でずるい彼との復縁方法

こんにちは^^中村まみです。

セッションを受けて頂いていらっしゃるクライアントさまからご感想をいただきました。

ありがとうございます(^人^ (^人^ )

幸せにフォーカスできるようになられて、職場の人間関係やお子さんたちとの関係もとてもよい方向に変わっていっているそうです。

とても努力されていらっしゃるJさんです。

ただ、嫌なことも良いことも価値は同じです。

そこのところの感覚が心の中でバランスを取り始めるともっと良い感じになっていくはずです。

引き続き、Jさんとのセッションを楽しみです。

セッションを受けようと思った理由は何ですか?

ブログを拝見して、潜在意識について知りたいことが沢山書かれており、是非セッションを受けてみたいと思いました。

少しずつ自分のペースでセッションをお願いできるところも魅力的でした。

自分でアファメーションを唱えたり、シータヒーリングを受けたり、ワークをしましたが、いまいちすっきりしていなかったので、復縁を目標にお願いしました。

セッションを受けてどうでしたか?

受けてみると1回目から自分の内面に変化を感じました。

3回目はセッション中から癒されました。

ずいぶんと自分自身が変わってきていると思います。

何かが足りないではなく、幸せにフォーカスできるようになりました。

まみさん、ありがとうございます。

まみさんは、落ち着いて丁寧に誘導して下さり、とてもリラックスして、受けることができました。

これからも、引き続き、お願いします。

(40代女性 医療従事者 J.Sさま)

自然に彼と連絡が復活~精神的に楽になっていく~

復縁するために思い込みの自覚をする

こんにちは^^中村まみです。

セッションを受けて頂いていらっしゃるクライアントさまからご感想をいただきました。

ありがとうございます(^人^ (^人^ )

自分でも気づかなかった感情に気づいていかれて、彼とどうしたいのかと葛藤していた気持ちが楽になっていかれたそうです。

そうしてしばらくして、彼と連絡が復活したそうです♪

セッションを受けようと思った理由

自分なりに色々とやってきて仕事や人間関係はとても順調にいくようになったのに、恋愛だけが上手くいかず悩んでいた時に、非二元の考え方に出会いました。

恋愛と非二元と検索して中村さんのことを知り、セッションをお願いすることにしました。

セッションの感想

自分では気付かなかった奥底にある感情を掘り出して頂き、自分でも「こんな感情があったんだ」と毎回驚きでした。

セッションの中で、「自分の思った通りに生きたいんだ」という自分の声を見つけました。

それは思った通りに行動したいと言うよりも、自然に涌いてきた気持ちを「こんな風に思っては駄目」と否定したり抑え付けたりするのはもうやめたいという気持ちでした。

その後は涌いてきた感情や思いは素直に肯定するように心がけています。

そのおかげで、精神的にとても楽になってきました。

恋愛については、付き合って2年半の間、相手が多忙過ぎて余裕がなく関係があまり進まないことに悩み4月に私の方から別れを切り出し連絡を絶った人との関係をどうしたらいいのか、自分はどうしたいのか葛藤していました。

セッションを受けてから少しずつですが、自分の気持ちに向き合いながら自分の感情をより客観的に見ることができるようになってきたように思います。

先日ふとしたことがきっかけで久々にメールのやり取りがあり、連絡が復活しました。

復縁云々の話はありませんが、これをきっかけに自分が本当にどうしたいのか、引き続き向き合って答えを出せたらと思います。

(30代女性 自営業 A.Fさま)

復縁セッションで愛されないという不安が手放せなかった理由

父との関係と復縁

こんにちは^^中村まみです。

セッションをさせていただいているクライアントさま、Yさんの愛されないという不安を手放せなかった理由をYさんにご了承いただいたので、ご紹介したいなと思います。

彼の気持ちとリンクする親への気持ち

セッションは彼とのことをお聞きしながら潜在意識へと少しずつ少しずつ入っていきます。

クライアントさんも気づかないうちに心の深い部分まで入っていきます。

もちろん、クライアントさんのリラックス度によって違いはありますが、、、。

そして彼への気持ちとリンクしている他の人への気持ち(たいていは親だったりします)がみつかると、そこはセラピーで解放するポイントにもなります。

すると、彼に対しての執着が解放されて、彼のことをもっと違う角度からみれるようになっていきます。

本心から彼の幸せを願える

自分のやるべきことがわかる

心が穏やかになって焦りがなくなっていく

こんな形でセラピーの成果がでてくることもあります。

何度も戻ってくる同じ場面

また、トラウマになっている記憶や感覚をみつけるとそこにセラピーをして解放します。

再度その場面を思い出しても、全然大丈夫になるまでセラピーで解放し続けます。

他にも深いところにある思い込みをさぐりながら、解放をしたりします。

彼との復縁を望んでいらっしゃるYさんの場合も、長くセッションを受けていてくださっています。

そして絡まった糸がほどけていくように変化をされています。

ただ何度も戻ってくるトラウマになっている記憶がありました。

大きなトラウマは何度も解放が必要

大きなトラウマというと、ものすごいひどいことがあったように思いますが、そうではありません。

普通に怒られただけでも大きなトラウマになることはいくらでもあります。

それはそのクライアントさんのもっていらっしゃる感性やその時の状況などによって、同じようなことでも大きなトラウマになる場合と、ならない場合はいくらでもあります。

大きなトラウマだろうが、小さなトラウマだろうがどれもクライアントさんにとってはとても大切なものです。

大小関わらず大切に扱います。

Yさんの場合も何度も戻ってくる記憶も、お話を聞く限りでは、叩かれたり殴られたりといったことはなく、他のご家庭でもよくあることでした。

けれどもその場面に対しての思いがなかなか解放されないのです。

不安を愛と勘違いしていた潜在意識

セッションを重ねていくと、この解放されないなにげない記憶がとても重要になっている証拠がどんどんでてきます。

そうしてその思いに対してより一層様々なアプローチを試みてみると、その不安を愛と勘違いしていたことが判明しました。

その不安といるとお父さんといるように感じる。

その不安があると安心する。

この一見矛盾した気持ちがあり、その不安を手放すことができないでいたのです。

本人も驚いた勘違い

不安を愛と勘違いしていたことが判明すると、Yさんもびっくりされていらっしゃるようでした。

そう、それぐらいYさんの潜在意識が「その不安」を「愛」と勘違いしていて、そのことについて全く違和感なく潜在意識にあったということなんですね。
無意識にあった思いを意識することができると手放すことができます。

不安はお父さんとの絆だった

なぜその不安が愛だと勘違いしてしまったかというと、お父さんとの大切な思い出でもありました。

Yさんにとっては、悲しい記憶でもあったのですが、お父さんとの絆を感じれる大切な記憶だったのです。

そんなYさんの気持ちをYさん自身が十分に受容してあげて、そこに本当に心地よい愛を送ることで変化させていきます。

彼からの不安も変化していく

彼のYさんへの態度も解放できなかったおとうさんの態度ととても似ていました。

こころの記憶を解放したことで、彼との間にできていた不安の絆も解放されるはずです。

すると今までとは変わらざるをおえなくなります。

それはYさんにとっては必ずよい変化になるものなのです。

なぜなら不安ではなく愛を選択しているからです。

Yさんの復縁を応援しています♪

愛されたいと思っている時、愛されないわけ

復縁について勘違いする潜在意識

こんにちは^^中村まみです。

「愛されたいと思っている時、愛されない」

このブログを読んでいてくださっている方には、潜在意識は一人称の法則で、「愛されたいと思っている時、愛されない」の潜在意識がどうなっているのかがパッとでてくるかもしれません。

ちょっとおさらいしてみましょう。

そして今日は別視点からみてみましょう。

愛されたいと思っている時の潜在意識

「私は彼に愛されたい」

潜在意識は一人称なので、「彼」が「私」になります。

「私は私に愛されたい」

これが潜在意識の声なんですね。

自分に愛されていないと感じているその原因などを解放していくことで「私は私に愛されたい」という潜在意識の思いが「愛されている」という思いに変化していきます。

それはつまり潜在意識の願い(=あなたの願い)を叶えることにつながります。

「愛されたい」というのは自分がしたいことではない

「あなたはどうしたいですか??」「あなたはどうなりたいですか??」という質問に対して、「彼に愛されたい」「彼に大切にされたい」という答えが返ってきます。

これ、何か問題ありありでしょうか?

どう思いますか?

もし「う~ん、、、そう思うのは当然かもしれないな~~~」と感じたのなら、ちょっと潜在意識が勘違いしている状態になっています。

勘違いというのは例えば、

はっさくとみかん

きのことえりんぎ

Aさんの顔とBさんの顔がそっくり

みたいな感じで、とっても良く似ているから、同じものだと勘違いしてしまった!!というのと一緒です。

「愛されたい」というのはしてほしいこと

先ほどの「あなたはどうしたいですか??」「あなたはどうなりたいですか??」の質問の答え

「彼に愛されたい」

「彼に大切にされたい」

というのは、「自分がどうしたい、こうしたい」ではなくて「自分がどうされたい、こうされたい」ということなんです。

「自分がこうしたい」というのと、「自分がこうされたい」というのは、全く違うことだと見えてきませんか?

潜在意識の思いが勝ってしまう

ここ、とっても大事です!

潜在意識が勘違いしていると、「あなたはどうしたい?」のという質問の答えが「彼に愛されたい!」だということに不自然さを感じません。

こうなっていると、顕在意識でどんなに彼に対して思いやりを持っていても、いつのまにか彼の愛を求めている状態に無意識のうちに陥っていることになっていきます。

そして彼の愛を求めている状態に気づかないのでその愛を求めている潜在意識の思いが勝ってしまうのです。

潜在意識はとっても素直

潜在意識って子どものようにとっても素直なんです。

例えば「良い子にしていないと、おばけにさらわれちゃうぞ~~~」といったら素直にそれを信じちゃいます。

「チチンプイプイ!痛いの痛いの飛んで行け~~~」といったら「痛くない!!」ってなっちゃいます。

それくらい素直なんです。

他にも

右利きを左利きにできるし、車や自転車の操作方法を覚えててくれる、家までの帰り道もボーっとしながら歩いててもお家につくことができます。

そんな自分がボーっとしててもサポート力抜群なんです、潜在意識って。

あるとき勘違いしたまま時が過ぎた

「あなたはどうしたい?」のという質問の答えが「彼に愛されたい!」という不自然な回答を不自然だと思っていないことも、実は潜在意識の素直さが働いたからです。

あるとき、大抵は小さい頃、「あなたはどうしたい?」のという質問の答えが「彼に愛されたい!」と出てきてしまう思いが潜在意識に入ってしまったのです。

潜在意識は素直にそれを受け入れた、ということなんです。

勘違いして受け入れてしまった、ということなんです。

修正することはいつでも可能

右利きを左利きにしたり、車や自転車を乗ったことがない人は少し練習が必要だったり、引っ越したばかりだと、慣れるまで道にちょっと迷ったりと、最初のころは意識して直したり、覚えたりしないといけませんが、できるようになるとずっとできるようになりますよね?

同じように、潜在意識が勘違いしてしまった復縁や恋愛に関連する勘違いも修正することは可能なんです。

もしかしたら潜在意識ちゃんは勘違いしているかも?と振り返ってみることは有効です。

あなたの復縁がうまくいきますように願っています♪