復縁への執着も減り流れに身を任せることが出来ています

潜在意識の解釈

こんにちは^^中村まみです。

本日は icon-external-link *音声付*幸せな復縁をした人だけが知っている無料メール講座を受講して下さっている方からのご質問にお答えできたらなと思います。

Mさまありがとうございます。

ご質問内容のメールだけでの判断なので、あくまでも推測で回答していますので、私の回答が間違っている可能性も大きいです。

そのことにつきましては、ご了承ください。

Mさまのご質問内容

初めまして。お世話になっております。

先生の声が穏やかで聞くのを楽しみにしております。

一章を聞いてワークしたところ多くの発見がありますが、まだまだ、わからぬところも多いです。

執着もへりゆっくり、ゆっくり、流れに身を任せてやることをやる時期かなと思うようになりました。

本当にありがとうございます。

ここから質問なのですが、潜在意識の言葉に訳す時、一人称になっていること、疑問形になるとのことでしたが、親などに、なんでやらないの!?電話しなさい!等々言われた際私の潜在意識は、どうなっているのでしょうか。

また、その時に感じる感情。例えばモヤモヤする、なんだか、重たい、押し付けがましいと言う思いはどう訳すと良いのでしょうか?

また、元彼に言いたいことをを書いて潜在意識の言葉に訳すのはどうすればいいでしょうか?

今のところなにも思い浮かびません。思うことは、ありますが言いたいと思わないのです。

お手数ですが、ご回答いただければ、非常に嬉しいです!

是非ともよろしくお願いします。

(N.M さま)

潜在意識語は奥が深い

 icon-quote-left 

親などに、なんでやらないの!?電話しなさい!等々言われた際私の潜在意識は、どうなっているのでしょうか。

 icon-quote-right 


メール講座の説明や例文は自分が誰かに対していいたいことを中心に説明させていただいているので、誰かから自分へのことは説明していないので意味不明で難しいと思います。

簡単に言うとMさん自身が言われたことをやらないといけないと感じていることを潜在意識は伝えようとしているのです。

「なんでやらないの!?電話しなさい!」というのは、心の中では気づいているかもしれませんが、「やらないといけないだろうな~~」とか「やったほうがいいだろうな~~」って思っているにも関わらず、やっていないことを潜在意識が伝えようとしています。

人が誰かに何かを伝えるときも色々な言い方などがありますから、潜在意識語もそれなりにバリエーションはあります。

ただ基本的なことは潜在意識をみていくと分かるようになってきますよ。

相手に言われてモヤモヤするときは?

 icon-quote-left 

その時に感じる感情。例えばモヤモヤする、なんだか、重たい、押し付けがましいと言う思いはどう訳すと良いのでしょうか?

 icon-quote-right 


何かを言われて負の感情を感じるのは、潜在意識のメッセージなんですね。

負の感情の場合多くは、後ろめたさです。

さきほど「やったほうがいい」と自分自身の心の奥では思っているといいました。

でもやってないわけですから、自分自身としては後ろめたいんです。(もちろん無意識で)

それがモヤモヤだったり、重い感覚だったりします。

Mさんも本当は電話したほうがよいと感じていたんではありませんか?

元彼に言いたいことがわからない

 icon-quote-left 

元彼に言いたいことをを書いて潜在意識の言葉に訳すのはどうすればいいでしょうか?

今のところなにも思い浮かびません。思うことは、ありますが言いたいと思わないのです。

 icon-quote-right 


私たちが心の中で思っていることはたとえ外側に出していなかったとしても(言っていなかったとしても)、言っていることと一緒なんです。

思うことがあるということは、その思うことは言っていることと一緒だと考えてください。

以上、今回は無料メールレッスンからのご質問でした。

「復縁の覚悟」と力まなくても大丈夫

復縁の覚悟

こんにちは^^中村まみです。

復縁相談についてご回答させていただきたいなと思います。

ご相談いただいたYさま、ありがとうございます。

ご相談内容のメールだけでの判断なので、あくまでも推測で回答していますので、私の回答が間違っている可能性も大きいです。

そのことにつきましては、ご了承ください。

Yさまのご相談内容

こんにちは。

ブログを拝見していたら、今の自分の気持ちを文字にしてみたくなりました。

まとまりがないですが、読んで頂けると嬉しいです。

一年前にお別れした彼氏と復縁したいのかどうか迷っています。

彼は、大学院の先輩で、卒業した後にご飯によく行くようになり付き合うことになりました。

私にとっては初めての彼氏でした。

変な話ですが、付き合う時からいつか別れるんじゃないかとずっとネガティブなことを考えていました。

私自身は人は嫌いでないもののあまり社交が上手でなく、彼は社交的で友だちも多い人だったからです。

私といて楽しいんかなあ?と疑問でした。

自分に自信が無かったのですね。

ところが、彼も本当は自分に自信が無い人でした。

歴代の彼女には、すべて女性側から振られたそうです。

一人っ子だったせいかちょっとわがままなところもあり、自己表現も下手でした(言葉よりもスキンシップでコミュニケーションを取ろうとしてました)。

更に最悪なことに、私が新卒で入った会社がブラックで、自分自身の自己評価が壊滅的でした。

退職して資格試験の勉強を始めることにしたのですが、様々なすれ違いがあり振られました。

振られる時も、話し合いをしたわけではなく、私から連絡をした時、彼に「もう終わった」と告げられました。

彼いわく、(私が実家住まいで親に付き合っていることも内緒にしていたため)デートの時にいつも帰り時間を気にしていたことが嫌だったそうです。(ほかにも色々言われましたが・・・)

彼自身は自分の短所(自分本位に振る舞う、相手の気持ちを推し量れないなど)は自覚していて直す気は全くないみたいでした。

でも、彼なりに試行錯誤していて、「ちゃんと付き合えてるのかな」とか「(私のために)何ができるかな」とごくたまに漏らしてるときはありました。

復縁とか考えずに次に進むのが賢いと思うんですが、一年間忘れられませんでした。

やっぱり好きなんです。どうしても二人で幸せになりたいのです。二人で笑いあうのが理想です。

去年の12月に彼に復縁を申し込んだら、「また同じことを繰り返すから、別の人を見つけて幸せになれ」と言われましたが・・・(苦笑)

一方で私にできるのか不安です。

付き合っていた時は、相手の欠点ばかりクローズアップしていましたが、私も悪いところはありますから。

問題はどっちにもあるのです。

不器用同士でも建設的な関係を築けるのか、私だけが問題を解決しても意味が無いのではないか・・・でも、せっかくなら、やれるだけのことはやってみたい、そう思います。

自分の問題は、私自身が自分を愛していないことだと思います。

何があっても自分を受け止める姿勢がないのです。

だから、復縁の覚悟ができない。

もし復縁できなくても、これをきっかけに自分が変われたらな、と。

本当は、自分を受け入れることが最終目的で、復縁はその結果としてついてくるものかもしれません。

だとしたら、自身と本気で向き合います。

長々と書きました。読んでいただいて本当にありがとうございました。

(20代女性 S.Y さま)

人間関係はダンスのステップ

 icon-quote-left 

問題はどっちにもあるのです。

不器用同士でも建設的な関係を築けるのか、私だけが問題を解決しても意味が無いのではないか・・・でも、せっかくなら、やれるだけのことはやってみたい、そう思います。

 icon-quote-right 


ここ、ちゃんとご自身やパートナーのことがわかっておられると思います。

とっても素敵でいいことだと思います。

人間関係てどちらかが一方的に悪いということは、決してありません。

DVをする男性と女性という図でも、男性だけが悪いということは決してないのです。

もちろん暴力を振るうことを良しとしているのではありません。

良いとか悪いとか越えたところに、人間関係は存在します。

そしてここがとても大切なポイントなのですが、

男女の完璧な関係なんてありません。

もちろん、心地よい関係などはありますが、人間は成長していく生き物なので、どんなに相性が良くても喧嘩もするし、ムカつきもします。

それをいかにお互い正直になり、建設的な関係を創りあげ続けていくかが大切なのです。

潜在意識は一人称の性質を思い出そう

 icon-quote-left 

不器用同士でも建設的な関係を築けるのか、私だけが問題を解決しても意味が無いのではないか・・・

 icon-quote-right 


この「私だけが問題を解決しても~~」という部分なのですが、これはこちらを参考にして頂けると、脳の勘違いだということが分かるかなと思います。

 icon-external-link 相手にも強烈なブロックがある場合も復縁が可能ですか?

心の状態を愛をもってみてみる

 icon-quote-left 

変な話ですが、付き合う時からいつか別れるんじゃないかとずっとネガティブなことを考えていました

 icon-quote-right 


Aさんは、自分に自信がなかったからこう思っていたのかなと分析していますが、何が自分に自信を持つことを阻んでいるのか。

そこにはどんな心の状態があるのか、を愛を持ってみてみると潜在意識の思いを聴くことができます。

「どうなんだろう?」

という言葉は、潜在意識とコンタクトをとるときの“ノック”の役割をします。

どうするかは自然な気持ちで起こってくる

 icon-quote-left 

自分の問題は、私自身が自分を愛していないことだと思います。

何があっても自分を受け止める姿勢がないのです。

だから、復縁の覚悟ができない。

 icon-quote-right 


Yさんはきっとすごく真面目で頭の良い方なと思います。

本質的で大切な部分は既に掴んでいらっしゃいますから。

ただ心って頭で考えたことを理解してくれません。

「彼を忘れろ!!」と自分で自分に命令しても無駄ですよね。

確かに自分自身への愛が欠如しているのかもしれませんが、それは悪いことではないのです。

自分自身を受け入れていないのも、一つの大切な通過点ですから。

そして、自分自身を癒していけば、「復縁の覚悟」と力まなくても、自然と答えが出てきます。

復縁の目的とは?

 icon-quote-left 

もし復縁できなくても、これをきっかけに自分が変われたらな、と。

本当は、自分を受け入れることが最終目的で、復縁はその結果としてついてくるものかもしれません。

だとしたら、自身と本気で向き合います。

 icon-quote-right 


Yさんのおっしゃる通りですね。

この思いを持てるというのは、良いプロセスに入っていると思います^^

復縁の真の目的は自分自身との仲直りなのです。

Yさんの恋愛が素敵なものになることを応援しています!

 icon-external-link 復縁はなぜ起こる?~自分自身との仲直り

W不倫の復縁ー何をどうしていいかわからないー

父との関係と復縁

こんにちは^^中村まみです。

復縁相談についてご回答させていただきたいなと思います。

ご相談いただいたHさま、ありがとうございます。

ご相談内容のメールだけでの判断なので、あくまでも推測で回答していますので、私の回答が間違っている可能性も大きいです。

そのことにつきましては、ご了承ください。

Hさまのご相談内容

私はw不倫をしていました。

今思えば彼に愛されていたと思います。

私は小さい頃お父さんが怖くて仕方ありませんてした。

そして、バツイチなんですが、前の旦那は旦那の浮気で離婚しました。

そのせいか、分かりませんが、クレクレでネガティブでマイナス思考の私は彼の愛が受け取れませんでした。

何度も自爆しました。

そして、「これ以上無理させられない。勝手だけど別れよう」と言われました。

最後に「時期がきたらまた会おうね。絶対に忘れないから」と言われました。

それから、約3週間。

たまに何気ないラインをすると返してくれます。

私は彼に会いたい。復縁したい。早く会わないと忘れられる気がする。

彼にもう忘れたの?会いたくないの?など聞いてしまいそうです。

何をどうしていいか分からない。

彼と幸せになりたいです。

(40代女性 A.H さま)

何をどうしていいのかわからない状態から脱するには?

 icon-quote-left 

何をどうしていいか分からない。

 icon-quote-right 


ご相談内容の最後の部分にこのように書かれていますが、言葉の本当の意味は文章だけではわかりませんが、「相手をどうかすることはできない」いのです。

そして自分にしか決めることはできないのに、自分自身が何をどうしていいのかわからないという状態は、それだけ自分自身を見失っている状態ですよね。

ではどうして自分自身を見失ってしまったのでしょうか?

感情を抑圧すると自分自身がわからなくなる

感情を抑え込む習慣が出来ていると自分自身を見失う可能性はとても高くなります。

たとえネガティブな感情だけを抑え込んでいても、自分自身を見失うことは起こります。

なぜならネガティブな感情だけを抑えることは決してできないからです。

ネガティブな感情を抑えれば必ずポジティブな感情も悪影響ができます。

必ずです。

Hさんは感情を抑える習慣がついている可能性が高い

 icon-quote-left 

私は小さい頃お父さんが怖くて仕方ありませんてした

 icon-quote-right 


ご相談内容の上記の部分に注目しました。

なぜ怖かったのかはこれだけではわかりませんが、人は誰かに怖いことがあるとどうなりますか?

びくびくしますよね?

誰かに対して恐怖を抱いているところをイメージしてみるとわかると思いますが、自分の感覚を押し殺している感じはしないでしょうか?

息をひそめているというか、、、

そんな状態で感情や欲求を自由に表現できるでしょうか?

「これは食べたくない」

「今は眠いの!」

「遊んでほしい」

「寂しい」

「抱っこ!」

などと子どもが抱く欲求を怖い対象者(この場合はお父さん)に言えるでしょうか?

我慢しますよね?

そしてその怖いと思っている人から離れられないと、その怖いと思っている人のほうが力関係が上だと、その人の機嫌を悪くしないように行動したりします。

その行動自体は自分がやりたいことではないことのほうが多いということは想像に難くないですよね。

愛されている感覚を十分に育てることができないと?

 icon-quote-left 

クレクレでネガティブでマイナス思考の私は彼の愛が受け取れませんでした

 icon-quote-right 


小さい頃、十分に愛されている感覚を育てられないと、人の愛を受け取れないんですね。

けれども人は愛されたいという思いをもっている生き物です。

なので、潜在意識では愛してほしい!!と叫んでいる状態なのです。

また、潜在意識が一人称の法則でいると

「私は彼の愛が受け取れませんでした。」

「私は私の愛が受け取れませんでした」

ということになり、それはつまり、自分自身への信頼の欠如が大きいということなのです。

潜在意識の満たされない思いに振り回されている状態

 icon-quote-left 

早く会わないと忘れられる気がする。

 icon-quote-right 


今は潜在意識にある満たされない思いに振り回されている状態です。

この焦りこそが満たされていない思いの象徴なのです。

なので、ご相談内容の冒頭に

 icon-quote-left 

今思えば彼に愛されていたと思います。

 icon-quote-right 


と、愛されていたご自分を客観視していますが、これは彼と離れていることで潜在意識が落ち着いているようになっているだけなので、潜在意識事態の満たされていない思いは変化してはいないでしょう。

満たされない思いを満たすことは絶対にできる

 icon-quote-left 

私は彼に会いたい。復縁したい。

彼と幸せになりたいです。

 icon-quote-right 


彼に会いたいのではなく、本当の自分自身に会いたいのです。

自分自身と復縁したいのです。

そして自分自身と幸せになりたいんです。

ここの潜在意識のメッセージは基本の「き」なので、外してはいけません。

自分が自分の満たされなかった思いを満たしていくことは絶対にできますから。

復縁?新しい恋愛?自分に合う人の正しい探し方とは?

パートナシップと人生の目的

こんにちは^^中村まみです。

多くの方をセッションをさせていただいて思うことは、本当の願いがわからなくなっていらっしゃる方がほとんどです。

なので、復縁をがんばるべきなのか、新しい人を探したほうがいいのか、と悩んでいるその答えはなかなかみつかりません。

どうして本当の願いがわからなくなっているのでしょうか?

それは

・・・

・・・

・・・

このブログでずっと言っているのことです^^

ネガティブな思い込みが邪魔をしている

ネガティブな思い込みが潜在意識に強烈にある、あるいはたくさん存在すると、必ずそのネガティブな思い込みに振り回されています。

しかも無意識で振り回されています。

無意識で振り回されているということは、振り回されていることすらも気づきません。

なので、そのネガティブな思い込みによって発生する「考え」が自分の願いだと勘違いしてしまうのです。

人生の大切なことも忘れてしまう

本当の願いがわからないときにもう一つ重要な間違いも起こしてしまいがちです。

それは自分の人生でやり遂げたいことを忘れてしまうということなのです。

どういうことかというと、例えば「愛されていない」というネガティブな思い込みがあることで、「愛されていない」という思いを満たすために、多くの恋愛関係を繰り返しているとします。

けれども心のしくみからいうと、自分で自分を満たすように方向転換をしないと、どんなに相手に愛を求めても、満たされない思いは永遠に続きます。

そうして自分の愛情飢餓を満たすために彷徨っている内に、本当にやりたいことをすっかり思い出せなくなり、人生をただただ満たされない思いで過ごすということになりかねないのです。

もしかしたら、あなたは本当は「何かを書く」ことをしたいと願って生まれてきているのかもしれません。

もしかしたら、あなたは本当は「幸せに家事をする」ことをしたいと願って生まれてきているのかもしれません。

もしかしたら、あなたは本当は「誰かを支援する」ことをしたいと願って生まれてきているのかもしれません。

相手の愛を得ることは人生の目的ではない

これは全ての人に共通しています。

相手の愛を得ることは人生の目的ではありません。

ソウルメイトと結ばれることは人生の目的ではなく、付随して起こる出来事の一つにすぎません。

なので、相手から愛を感じたいことについて自分の意識を注いでいる間は、あなたはあなたが決めた人生の目的から外れています。

自分を愛するということは生きる上で必須科目

相手の愛をもらうことは人生の目的では決してありませんが、自分で自分を愛することは人生を歩く上で必須科目と言えます。

人生の目的のファーストステップとも言えるでしょう。

自己愛に舵取りしたとき本当の気持ちが見えてくる

自己愛をすることに終わりはありませんが、自分を愛していこうという意識にフォーカスしていくと、人それぞれが持っている個性として、自分のしたいことやするべきことが分かってきます。

そこには彼との関係をどう進めていくのかももちろん含まれています。

パートナーシップは、目的ではなくだれにでも自然に備わっている人生の一つの流れです。

自然に花が咲くのごとく

先ほども申し上げましたが、パートナーシップが人生の目的になっている方はいません。

パートナーシップというのは、植物に適切なケアをすれば実がなるように、自然と人生の流れにある一つの出来事です。

なので、自分自身を適切に扱うことで、パートナーシップは自然にそばにやってきます。

復縁を願うのか、新しい人を望むのかも、自分自身を適切に扱い始めることで、答えはみえてきます、必ず!!

あなたが幸せで楽しいパートナーシップを築くことを願っています^^

愛されていないという錯覚から自由になったあの日

愛されていないのは錯覚

こんにちは^^中村まみです。

私はずっとずっと「私は愛されない人間」ということを信じていました。

それは本当に真実だと思っていたからです。

でもある日を境に錯覚なのではなかろうか??と、「私は愛されない人間だ」という思いが違うのではないか?ということも思うようになりました。

そして今言えることは、「私は愛されない」というのは、100%完全に違うということです。

どんなに真実に感じても錯覚なのです。

これはすべての人に当てはまります。

愛の形が違うだけ

本当はちゃんと愛されているのに、愛情飢餓が強いと「私は愛されない」という思い込みが強く刺激され、恋人の愛に気がつけなくなります。

私たちは一人一人個性がありますよね。

同じように私たちは、誰かに表現する愛の形にも自分独自の形を持っています。

人の価値観を理解することを難しく思うことがあるように、その独自の愛の形を理解できないことがあります。

愛情飢餓が強いと愛する人の愛の形を理解できない

愛情飢餓が強ければ強いほど、理解できにくくなります。

愛情飢餓は、強固な価値観のようなものだからです。

彼の愛の形はとても自由かもしれませんが、あなたの愛の形は少し束縛が強かったり・・・。

愛情飢餓という価値観を信じて疑わない状態だったら、彼との間にも誤解を生みだしやすくて、様々な葛藤を抱えてしまいやすくなります。

あなたが元彼との関係で苦しかったのなら、それはただ愛の形が違うだけで、あなたが愛されていなかったわけではありません。

愛情飢餓という価値観は、価値観であって真実ではないのです。

親密な関係は私たちを成長させる

けれども親密な関係であればあるほど、ついついその関係にのめりこみ、愛の形が違うだけだということを見失いがちです。

親密な関係は、私たちの心をより激しく揺さぶるからです。

その分その親密な関係で「愛されないという思い」に真摯に向き合うなら、お互いをかつてないほど深く愛する、理解する関係へと変容させることができます。

必ず、です。

彼を愛しているのなら・・・

私たちが誰かとの関係を大切にしたいなら、恋人の愛の形と自分の愛の形に気づき続けることはとても大切なことです。

彼を愛しているのなら、彼の愛の形に理解を示せるようになることは大事です。

それには、潜在意識の思い込みを解放することがとても重要なキーになってきます。

彼の愛の形がただ違うだけ、そんなシンプルな真実を見失ってしまうのは、私たちの中にある不安や怖れでだからです。

愛されていないという錯覚

私は父親のいない家庭で育ちました。

そして私の思い込みになってしまったのは、「父は私を愛してくれない」「親にすら愛されることがない私」というものでした。

私の思い込みは本当に強烈で、すべてをその「親にすら愛されることがない私」という思い込みのメガネをかけてみてしまっていました。

そんな私の人生は当然苦しくて惨めなものでした。

自己セラピーを地味に繰り返していたある日

地味に自己セラピーを繰り返していた時期がありました。

今でもしていますが、、、その時は、まだセラピーの意味すらもよく分かっていないときで、見よう見まねでやっていた感じです。

なので、本当に効果があるのかな??という気持ちでいました。

でもある日、確かに父は私の望む愛し方はしてくれなかったけれど、それが私を愛していないことにはならないのだと、天啓のように心の底から気づいたときがありました。

それは身体がとても軽くなるほどの解放で、大きな涙とともに私を自由にしてくれました。

父に愛されない私は本当??

「確かに父は私の望む愛し方はしてくれなかったけれど、それが私を愛していないことにはならないのだ」という気づきを得たとき、自分の本当の気持ちに気がつきました。

それは、私は父の愛がほしかったのではなく、父を憎むことでしか愛の表現ができない自分をとても嫌っていたことに気がついたのです。

「父に愛されていない」という強烈な思い込みで自分の本当の気持ちに気がつかなかったのです。

今も父と会うことはできませんが、私にとって本当に大切な人になりました。

人を愛することとは?

愛とは自分自身に自由を与えることです。

そして自分以外の人にも自由を与えることです。

彼の愛の形に気がつくことは、愛という自由を得ることでもあるし、与えることでもあります。

あなたの中にも真実の愛がちゃんとある

誰にでもどんな人にも、愛はちゃんとあります。

ただ気がついていないだけなのです。

あなたは愛されていないわけではなく、ただ気がついていないだけなのです。

そのことを心が理解していくようになると、元彼を愛する力はとてもピュアで美しく光り輝いてきます。

復縁というのは、あなた自身の中にある愛の本質を輝かせる一つステップともいえるでしょう。

あなたの復縁応援しています♪