復縁必勝法!!恋愛の終わりのパターンを変える!

復縁必勝法!恋愛パターンを変える

こんにちは^^中村まみです。

恋愛が終わったパターンをエネルギーフィールドレベルで変化させると、復縁に向けての可能性がグ~~~ンとアップします。

元彼との復縁を望んでいる方にとって、「終わった恋愛のことだから、もう無駄なんじゃないかな・・・」と思っているかもしれませんが、そんなことはないのです。

目に見えないけど確実に存在するエネルギー

赤外線や紫外線は私たちの目にはみえませんが、確実に存在します。

日中外に数時間いれば、日焼けという結果になってあらわれます。

同じように復縁という結果になってあらわれる前に、何かのエネルギー(日焼けの場合は紫外線)が存在すると考えてください。

復縁をするという結果

復縁という結果が起こるまで「結果」はエネルギー体なので、私たちには目には見えませんので気づきませんが、エネルギーが復縁に向けて動いていれば、水面下では着々と復縁の準備が整っていきます。

別れるというのも結果

別れるのも同じ原理です。

彼との関係だけではなく、日常生活で不安や怒りのエネルギーを多く出していれば、別れという結果になりやすくなります。

エネルギーというのは、目に見えないけれど、私たちの現実を確実に創っているのです。

私たちの肉体はエネルギーの媒体

「復縁をする」「別れる」という結果のエネルギーを出している媒体の役目をしているのが私たちです。

肉体を通してエネルギーを出して、そのエネルギーが様々な形へと変化をします。

一瞬で変化するエネルギー

エネルギーはまだ物理的な形になっていないので、一瞬で変化させることができるのです。

なので、そのエネルギーを変化させれば、復縁が叶う可能性がでてきます。

エネルギーを変化させる方法

エネルギーを変化させる方法は、自分自身の気持ちを正直に意識して感じてあげることです。

「受け入れる」という感覚です。

「元気を出さなくちゃ!」とか「ネガティブになってはいけない!!」などと否定するのではなくて、今感じているそのまんまの気持ちでいいと思うことです。

例えるならこんな感じです。

「あーすっごく悲しい・・・でもこの悲しい気持ちは大切にしよう。彼のせいではないし、私のせいでもないんだから、、、、」

一つ一つ自分で意識を選択していくといったほうがわかりやすでしょうか。

自分自身に主導権を戻す

感情をきちんと感じてあげることは、エネルギーに振り回されないことを意味します。

つまり、自分自身に主導権を戻すことです。

もし「そんなことできない」と思うのは、やってみたことがないからです。

私もできない人だったし、今も完璧にはできません。

それに完璧にする必要なんて全くないですしから^^

とにかくやってみる、感情をきちんと感じてあげることで自分自身に主導権を戻す、その行為がエネルギーをグンと変えます。

恋の終わりは恋愛のステージを上げるチャンス

前ふりが長くなりましたが、恋の終わりは恋愛のステージを上げる絶好のチャンスです。

復縁を望んでいるのならなおさらです。

あなたの恋の終わりのパターンを認識しよう

あなたはどんな恋の終わりのパターンをもっていますか?

恋人に飽きる

浮気をしてしまう 又は されてしまう

ふられる

自然消滅

責めて終わる

などなど、何かしらのパターンがあるなと思ったら、エネルギーフィールドレベルで変化させると、復縁に向けての可能性がグ~~~ンとアップします。

元彼との復縁を望んでいる方にとって、「終わった恋愛のことだから、もう無駄なんじゃないかな・・・」と思っているかもしれませんが、そんなことはないのです。

恋愛パターンから抜け出し違うフィールドへ

わたしたちを幸せにしようとしている潜在意識は、恋愛パターンから抜け出し違うフィールドへ行けるように一生懸命メッセージを送っています。

そのパターンに気がつくだけでもステージアップできたりします。

パターンに気がついたときに感じる感情を大切にすることなのです。

パターンのエネルギーを変化させる方法

パターンのエネルギーを変化させる方法は、自分自身の気持ちを正直に意識して感じてあげることです。

「受け入れる」という感覚です。

「元気を出さなくちゃ!」とか「ネガティブになってはいけない!!」などと否定するのではなくて、今感じているそのまんまの気持ちでいいと思うことです。

ここで大事ポイントは、別れた相手を責めるのではなく、自分のパターンをただみつめる(受け入れる)ことです。

受け入れることは解放すること

今、失恋で苦しみの最中にいる人はちゃんとパターンをみつけ、それを見つめれば解放が起こって心が楽になっていきます。

徐々に彼への執着は和らぎ、彼への愛が増していきます。

そうしてエネルギーパターンが変化すると復縁の可能性は大きく飛躍するのです。

復縁を困難にする「人を見下す見下される」をやめる方法

復縁を難しくする見下し思考

こんにちは^^中村まみです。

前回、見下し思考があると復縁が困難になるお話をさせていただきました。

 icon-external-link 「〇〇な思考があると復縁は難しくなります」

本日は、見下し思考についてはとても大切なことなので、もう少し掘り下げて書いてみたいと思います。

見下し思考はやめることもできます。

そして「人を見下す」「見下される」というループから抜け出すこともできます。

そしてそれは、悪循環に陥っていたあなたの復縁や恋愛、人間関係において、また仕事や家族の関係においても良い方向に変化をもたらします。

誰かに見下されたり、上から目線をされるとすご~くムカつきますよね。

でもですね、もしどうして見下されるのかがわかると、私たちは納得して怒りは消えます。

人に見下されるわけ

人を見下すことと見下されることは表裏一体なので、自分が誰かを見下していることをしていないかチェックしてみると「あらまぁ~~~」と見えてくるものがあります^^

無意識でしている見下し

私たちは日々の生活の中で結構な割合で、無意識の内に上から目線を他の人にしています。

態度に表さなくても心の中では日々人を見下しているかもしれません。

「あの人の服、ダサっ!」

「一人ファミレスしている・・・寂しそう・・・」

「なにあのデブ?!」

私たちは物ごころつく頃から、無意識の内に人をジャッジしているので、見下しているという意識すらなく、誰かを見下していることをしています。

それが見下しと見下されるループをつくっています。

復縁は見下しに気づかせてくれるサイン

見下しと見下されるループをつくっていることに気づかせてくれるのがこの世界なのです。

復縁をしたいという出来事が起こったのも、そのためかもしれません。

なぜなら、自分の潜在意識を見つめなおさないといけない状況に追い込まれることにもなりますから。

それは見下しをしていると、見下されるという自分が辛くなるサインでわかります。

2つの見下しサイン

見下しをしていると、見下されるという自分が辛くなるサインでわかるのですが、そのサインというのは2つあります。

見下される経験から

1つ目は「誰かに見下されてムカつく~」っていう経験をしているとき、誰かを見下している、または見下していたという事実があるのです。

なぜなら潜在意識の中では、他人=自分だからです。

例を挙げてみますね。

例)

「私はAさんを見下した。」

これを潜在意識は一人称の法則に置き換えてみましょう。

「Aさん」は「私」でもあるし、「私」は「Aさん」でもあるので

「Aさんは私を見下した。」

「私は私を見下した。」

こんなふうに置き換えることも可能なんですね。

なので、「誰かに見下されてムカつく~」っていう経験をしているとき、誰かを見下している、または見下していたという事実があるのです。

だから「人を見下しやがって!!」って怒りが出たとき、「私、だれかを見下しているのかも・・・」と思ってみると心の深~いところから答えがやってきます。

すぐに答えがやってこなくても、必ず心の深いところが教えてくれます。

自分のことばかり気にしていることから

2つ目は「この服、変にみられないかな?」とか「髪型変じゃないかな??」と自分をことばかりを気にしているときです。

これ、おしゃれとは違います。

おしゃれのときは、「よし!決まった!!」っていう軽やかな気持ちが心を占めていると思いますが、自分を気にしすぎているときは、ちょっと憂鬱な気持ち、何となく不安な気持ちがあるはずです。

さきほど

「あの人の服、ダサっ!」

「一人ファミレスしている・・・寂しそう・・・」

「なにあのデブ?!」

と、無意識の内、あるいは心の中では日々人を見下している可能性について述べさせていただきました。

自分がしていることは、他人にもされると思い込んでしまいますので(これも潜在意識の一人称の法則ですね)自分を気にしすぎてしまうのです。

自分は人を見下していない!!と思っている人でも、この2つの内どれかに当てはまるとしたら誰かを見下しています。

見下しは心の傷があるサイン

でもですね、前回も言いましたが、見下すことというのは悪いことじゃないんですね。

 icon-external-link 「〇〇な思考があると復縁は難しくなります」

それは「ここに人を見下してしまう心の傷がありますよ~」というサインなだけだからです。

「見下すことをやめるにはどうしたらいいんだろう?」

と悩んでいらっしゃる方がいらっしゃったのですが、見下してしまう自分の心の傷を癒せばいいのです。

「また見下してしまったっ!いやな私」っていうことじゃなくて、「あ・・・私まだ自分のこと傷つけているの?」って考え方のほうが正解です。

見下しは自分に対して自己否定が強いから、そういう気持ちが沸いてでてくる思い込みなのです。

気づくだけでも増える自己愛

見下しに気づくだけでも自分への愛は増やしていけます。

なので自分が人から見下されて悔しいときは、「くっそ~~ムカつく!!ムカつく!!」と一旦、怒り狂った後に「私、まだ自分のことを傷つけているんだ」とつぶやいてみる。

服装や髪型など気にしすぎる自分を発見したら、「私、自分のことジャッジしすぎだよ~~」って感じてみる。

そうやって気づいていくことで心の傷が癒えて自己愛が増えていきます。

絶対のポイントは他人ではなく自分です。

結果として

自己愛が増えていくと、見下しの傷が癒えていることでもありますので、見下すことは少なくなります。

それは「見下し」「見下される」というループから抜けることでもあります。

いつの間にか見下す人がいなくなっていきます。

そのとき悪循環に陥っていたあなたの復縁や恋愛、人間関係において、また仕事や家族の関係においても状況が変化しているはずです。

〇〇な思考があると復縁は難しくなります

復縁を困難にする〇〇思考

こんにちは^^中村まみです。

復縁する上で大きな弊害になる「思考」があります。

この思考があると復縁は難しくなります。

その思考というのは?

・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

「見下し思考」です。

誰かを見下す思考ですね。

「私には関係ないわ!だって私は人を見下さないから」と思っていらっしゃっても、この思考が存在していない方というのはいないと断言してもよいです。

今まで生きてきた中で「見下されて(バカにされて)腹が立った!!」という経験が全く、本当に全くないなら、見下し思考がないのかもしれませんが、きっとそういう方はこのブログを読んでいらっしゃらないかなと思います。

「あの店員、何様のつもり?!」とか「なんかあの言い方、腹が立つわ!」などの経験があるなら、あなたの中にも見下しの思考が存在します。

世の中の99%以上の人が持っているといってもよいかもしれません。(もちろん私もです^^)

ただ、この思考が存在するのにはやっぱり理由があります。(それは後程)

なのでこの思考をきちんと解放していくことはできます。

解放というか愛情を持って育てなおしてあげるという言葉が適切かもしれません。

見下し思考とは?

じゃぁ見下し思考って何??となるのかなと思いますが、見下しの思考というのは、「自分を大事にされたい」「自分に注目してほしい」という成長しきれていない幼い思考状態なのです。

これは、私たちの成長過程で傷ついた心の傷のことでもあります。

当たり前ですが、私たちは「心」「思考」とは別々に存在していません。

なので成長過程で傷ついた心があれば、思考に影響しないわけはないのです。

見下し思考があると??

この思考が多くあると、相手のことを尊重できない、自分のことしか考えられない状態になっていると思っていいです。

自分では相手を尊重しているつもりでも、思考を紐解くと「あら!びっくり!!なんていうこと?!」となることが多いです。

復縁で大切なのは執着の解放がかかせませんが、この思考はがっちりと執着をしてしまう思考なのですね。

その思考を緩めながら心を癒していくと、見下しの思考が成長していきます。

見下し思考が成長すると?

元彼の尊敬できる部分がたくさんたくさんでてきます。

あなたの愛した彼は本当に素晴らしい男性だったと心の底から気づいてきます。

それに気がついたということは、「潜在意識は一人称の法則」を使うとどういうことになるでしょうか?

彼の素晴らしさに気づく=自分の素晴らしさに気づくということになります。

見下し思考の成長と同時に、彼に対してしてきたわがままの数々、感謝のなさ、そんな記憶も甦るかもしれません。

それは胸の奥がキューと痛くなる感覚で、辛く恥ずかしくなる感覚かもしれませんが、それこそが成長している証拠です。

見下し思考の存在意義

今まで気づくことも見ることもしてこなかった、いいえ、分からなかったあなた自身の魅力に、少しずつ気がついているということなのです。

自分を大切にする、自分を愛していく、そんな風に心が動き出している証拠なんです。

だから自分のことを責めるのではなく、「そっかぁそうだったんだ。気づかせてくれたんだ・・・」と受け止めて、感謝とともに解放していきましょう。

それが見下し思考が存在する意味なのです。

責める必要も責められる必要もない

見下し思考ちゃんは、あなたの素晴らしい能力、素晴らしい魅力、彼を真に愛する力を輝かせるためにいる大切な存在だということを忘れないでくださいね。

だからこそ、世の中の99%以上の人が持っているのです。

素晴らしい存在だからです。

そしてそれはあなたによって成長(解放)することを望んでいるのです。

それがわかれば、責める必要も責められる必要もないですよね^^

あなたの復縁を応援しています♪

復縁を成就されている方に共通していること

復縁している人に共通すること

こんにちは^^中村まみです。

復縁を成就されている方に共通していることとして、「本当のやさしさ」をきちんと理解している、ということが挙げられます。

そして私たちはもれなく「本当のやさしさ」を持っています。

本当のやさしさとは?

本当のやさしさというのは自分自身を決して罰しない人のこと。

つまり

やさしくない時の自分もきちんと肯定してあげれることです。

ついつい自分を罰していませんか?

あなたは本当のやさしさを持っているのに、どこかで自分のこと罰しています。

「いつもいつも優しいわけじゃない」と、、、

だからやさしくないと自分のことジャッジしています。

でも

犬や猫をかわいがるのはあなたに本当のやさしさがあるから。

公共の乗り物でお年寄りに席を譲るのはあなたが本当にやさしいから。

ボランティアに取り組むのもあなたの本当のやさしさです。

なのにいつもやさしくできるわけじゃないからそのやさしさは違うのだと、自分を全然認めていません。

いつもやさしい人なんて世界中どこにもいない

いつも笑顔あふれている人、という人がいるなんて幻想です。

マザーテレサも結構怒る人だったと聞いています。

疲れている時は不機嫌でもいいんです。

ムスッとしててもいいんですね。

やさしいからいつもやさしくできないことが苦しい

あなたはやさしいからいつもやさしくできないことに苦しんでいます。

本当はとてつもないやさしさがあるのに。

あなたは本当のやさしさを持っている

やさしくない自分を肯定していく能力があなたはきちんと持っています。

今は眠っているだけですが、どんな自分でも良いと認めてくれる真のあなたをあなた自身は持っているのです。

やさしさを取り戻したとき

あなたが自分に対してやさしさを取り戻したとき、本当のやさしさが目を覚まし、それがあなたから外側に放射されます。

何もしなくてもあなたの輝きが人を癒すようになります。

それは元彼もあなたの輝きで癒されるということを意味しています。

愛ある復縁成就の正体とは?

あなたが自分に対してやさしさを取り戻したとき、本当のやさしさが目を覚まします。

それがあなたの輝きとなり、外側に放射されます。

何もしなくてもあなたの存在が人を元気にさせたり、喜びになるのです。

それは元彼に対しても、です。

それが愛ある復縁成就の正体なのです。

そしてそれが本当の愛の正体。

愛ある復縁成就をするために

彼を責めてしまったことがあったのかもしれません。

プレッシャーを与えてしまったことがあったのかもしれません。

でもそのときにしてしまったことを責めるのは、あなたにとっても、彼にとっても、世界にとってもやさしさとは真逆の方向に進んでいます。

だからもう自分責めはやめて、自分自身に少しでもやさしさを示してください。

素敵な入浴剤入りのお風呂でリラックスする。

少し高級なデザートをおいしくいただく。

そしてそれでも自分のことを「それでいいよ」といってあげる。

あなたの復縁が成就することをお祈りしております。

自分のことが大嫌いだから復縁はできない?

自分が嫌いでも復縁できる

こんにちは^^中村まみです。

復縁をするには「自分を愛する」「自己肯定感を高める」ことが大切と「復縁」で検索すると、たくさんのブログやサイトがでてきて、そのブログを読むとそう書かれていますよね。

このブログも検索していただいたうちの一つですね。

読んでいただきありがとうございます (^人^ (^人^ )

それを見たあなたは

「自分を愛したら彼と寄りが戻るかもしれない」と思ったり

「でも自分を愛するってどういうことなんだろう?」と思ったり

いろいろな疑問がわいてくるかもしれません。

「自分のことを好きになれない!!どうしよう??」と思っていらっしゃるかもしれません。

でも大丈夫^^

自分のことが大嫌いでも復縁はできます。

自分のことが嫌いだからといって復縁が出来ないというのは大きな間違いです。

なので、無理をして自分を好きにならなくてもいいということをこの記事を読むことで感じて頂けたらなと思います。

自分を愛するとはどういうこと?

自分のことが嫌いなんだと気づく

自分のことが嫌いだと感じているときというのは、とても苦しいと思います。

私もそのころは「自分を好きになるワークショップ」などに、それはそれは熱心に通っていました。

今でもバイオリズムの影響でしょうか、ど~~~んと落ち込んで、「あ~もう嫌だ!!」と、とことんまで自己嫌悪になったりします^^

そうするとますますその負のスパイラルに入って、「私って全然ダメ」「全然自分が変わってない」みたいな思考が頭の中でモサモサと占領しはじめて、苦しみにズブズブと入っていきます。

昔は自分のこと嫌いすぎて鏡で自分をみれなかった時期もありましたし。

話を戻しますが、「自分のことを大好きに!」や「自分を愛する」などの言葉に反応するということは、自分のことを嫌いっていう思い込みがあることに気づいてください。

そうです!この記事を熱心に読んでいるあなたです!!^^

ここを認識できないまま、ワークショップや自分を好きになるうんぬんの本を読んでも、逆に嫌いな自分が強化されたりしますから要注意なのです。

自分のことが嫌いな今の状態を変えようとしない

潜在意識の中に自分のことが嫌いという前提があるから、自分を好きになる方法や文章に反応するということにしっかり認識できたなら、もうホントに“まる”です。

抜け出すのは早いです。

自分のことを嫌いっていう思い込みがあることに気がついたら、そのままでいいんだと現状を認めてあげてください。

無理やり嫌いな自分を替えようとしないでください。

理解はしなくていいのでただ知る

自分のことを嫌いっていう思い込みがあることに気がつき、そのままでいいんだと現状を認めてあげることができたら次にすることはこれでです。

「自分のことが嫌い」というのは、ただの思い込み、嘘の価値観、歪められた価値観だということを知ること。

理解はしなくていいのでただ知る。

「自分のことが嫌い」という気持ちは、本当のことのように思えるし、真実以外の何ものでもないと思わずにはいられませんが、それは錯覚です。

本当にただの錯覚です。

だけど今はその錯覚を真実と思っているだけなのです。

理解はしなくていいのでただ知ってください。

私たちの本質は中庸(ニュートラル)

どうしてただの錯覚だと言えるかというと、絶対的な真実として「私たちの本質は中庸(ニュートラル)」だからです。

中庸というのは「好き」「嫌い」を超えたところ、「好き」も「嫌い」も包括していています。←ここ大事です!

そしてそれが私たちの真の姿なのです。

なので「自分が嫌い」という価値観は嘘、どこかで歪められた価値観ということになるのです。

私たちは今までその嘘に翻弄されていたということなんですね。

自分が嫌いという気持ちを大切に

でも「自分が嫌い」という価値観は嘘、どこかで歪められた価値観ということを知ることができても、まったくもって「自分が嫌い」というのが本当のことのように感じるのは、ある意味仕方がありません。

だって何十年という長い時間、それを握り締めてきたのですから。

なので「自分が大嫌い」という気持ちは大切にしてください。

「あ~~、自分てそう思っているんだ」と自分を嫌いな自分を否定しないことがとっても大切。

否定しない気持ちが変化を促す

自分のことを嫌いでもいいんだと思うことから変化が始まります。

気づくたびに「あ~~、私って自分のことが嫌いなんだ~~~」とただ認めてあげる。

それをするだけで、何十年と握り締めてきた苦しい想いは少しずつ解放されます。

自分を愛するとは?

嫌いな自分を否定することではなく、居場所を与えてあげることです。

いままで熱心にやっていた「自分を愛する方法」を一旦お休みして、ちゃんと嫌いな自分を否定しないことをしてみてください。

それが自分を愛するということなのです。

ちなみに私は今でも自分のことあまり好きじゃないです^^