復縁と潜在意識

復縁セッションで愛されないという不安が手放せなかった理由

父との関係と復縁

こんにちは^^中村まみです。

セッションをさせていただいているクライアントさま、Yさんの愛されないという不安を手放せなかった理由をYさんにご了承いただいたので、ご紹介したいなと思います。

彼の気持ちとリンクする親への気持ち

セッションは彼とのことをお聞きしながら潜在意識へと少しずつ少しずつ入っていきます。

クライアントさんも気づかないうちに心の深い部分まで入っていきます。

もちろん、クライアントさんのリラックス度によって違いはありますが、、、。

そして彼への気持ちとリンクしている他の人への気持ち(たいていは親だったりします)がみつかると、そこはセラピーで解放するポイントにもなります。

すると、彼に対しての執着が解放されて、彼のことをもっと違う角度からみれるようになっていきます。

本心から彼の幸せを願える

自分のやるべきことがわかる

心が穏やかになって焦りがなくなっていく

こんな形でセラピーの成果がでてくることもあります。

何度も戻ってくる同じ場面

また、トラウマになっている記憶や感覚をみつけるとそこにセラピーをして解放します。

再度その場面を思い出しても、全然大丈夫になるまでセラピーで解放し続けます。

他にも深いところにある思い込みをさぐりながら、解放をしたりします。

彼との復縁を望んでいらっしゃるYさんの場合も、長くセッションを受けていてくださっています。

そして絡まった糸がほどけていくように変化をされています。

ただ何度も戻ってくるトラウマになっている記憶がありました。

大きなトラウマは何度も解放が必要

大きなトラウマというと、ものすごいひどいことがあったように思いますが、そうではありません。

普通に怒られただけでも大きなトラウマになることはいくらでもあります。

それはそのクライアントさんのもっていらっしゃる感性やその時の状況などによって、同じようなことでも大きなトラウマになる場合と、ならない場合はいくらでもあります。

大きなトラウマだろうが、小さなトラウマだろうがどれもクライアントさんにとってはとても大切なものです。

大小関わらず大切に扱います。

Yさんの場合も何度も戻ってくる記憶も、お話を聞く限りでは、叩かれたり殴られたりといったことはなく、他のご家庭でもよくあることでした。

けれどもその場面に対しての思いがなかなか解放されないのです。

不安を愛と勘違いしていた潜在意識

セッションを重ねていくと、この解放されないなにげない記憶がとても重要になっている証拠がどんどんでてきます。

そうしてその思いに対してより一層様々なアプローチを試みてみると、その不安を愛と勘違いしていたことが判明しました。

その不安といるとお父さんといるように感じる。

その不安があると安心する。

この一見矛盾した気持ちがあり、その不安を手放すことができないでいたのです。

本人も驚いた勘違い

不安を愛と勘違いしていたことが判明すると、Yさんもびっくりされていらっしゃるようでした。

そう、それぐらいYさんの潜在意識が「その不安」を「愛」と勘違いしていて、そのことについて全く違和感なく潜在意識にあったということなんですね。
無意識にあった思いを意識することができると手放すことができます。

不安はお父さんとの絆だった

なぜその不安が愛だと勘違いしてしまったかというと、お父さんとの大切な思い出でもありました。

Yさんにとっては、悲しい記憶でもあったのですが、お父さんとの絆を感じれる大切な記憶だったのです。

そんなYさんの気持ちをYさん自身が十分に受容してあげて、そこに本当に心地よい愛を送ることで変化させていきます。

彼からの不安も変化していく

彼のYさんへの態度も解放できなかったおとうさんの態度ととても似ていました。

こころの記憶を解放したことで、彼との間にできていた不安の絆も解放されるはずです。

すると今までとは変わらざるをおえなくなります。

それはYさんにとっては必ずよい変化になるものなのです。

なぜなら不安ではなく愛を選択しているからです。

Yさんの復縁を応援しています♪

愛されたいと思っている時、愛されないわけ

復縁について勘違いする潜在意識

こんにちは^^中村まみです。

「愛されたいと思っている時、愛されない」

このブログを読んでいてくださっている方には、潜在意識は一人称の法則で、「愛されたいと思っている時、愛されない」の潜在意識がどうなっているのかがパッとでてくるかもしれません。

ちょっとおさらいしてみましょう。

そして今日は別視点からみてみましょう。

愛されたいと思っている時の潜在意識

「私は彼に愛されたい」

潜在意識は一人称なので、「彼」が「私」になります。

「私は私に愛されたい」

これが潜在意識の声なんですね。

自分に愛されていないと感じているその原因などを解放していくことで「私は私に愛されたい」という潜在意識の思いが「愛されている」という思いに変化していきます。

それはつまり潜在意識の願い(=あなたの願い)を叶えることにつながります。

「愛されたい」というのは自分がしたいことではない

「あなたはどうしたいですか??」「あなたはどうなりたいですか??」という質問に対して、「彼に愛されたい」「彼に大切にされたい」という答えが返ってきます。

これ、何か問題ありありでしょうか?

どう思いますか?

もし「う~ん、、、そう思うのは当然かもしれないな~~~」と感じたのなら、ちょっと潜在意識が勘違いしている状態になっています。

勘違いというのは例えば、

はっさくとみかん

きのことえりんぎ

Aさんの顔とBさんの顔がそっくり

みたいな感じで、とっても良く似ているから、同じものだと勘違いしてしまった!!というのと一緒です。

「愛されたい」というのはしてほしいこと

先ほどの「あなたはどうしたいですか??」「あなたはどうなりたいですか??」の質問の答え

「彼に愛されたい」

「彼に大切にされたい」

というのは、「自分がどうしたい、こうしたい」ではなくて「自分がどうされたい、こうされたい」ということなんです。

「自分がこうしたい」というのと、「自分がこうされたい」というのは、全く違うことだと見えてきませんか?

潜在意識の思いが勝ってしまう

ここ、とっても大事です!

潜在意識が勘違いしていると、「あなたはどうしたい?」のという質問の答えが「彼に愛されたい!」だということに不自然さを感じません。

こうなっていると、顕在意識でどんなに彼に対して思いやりを持っていても、いつのまにか彼の愛を求めている状態に無意識のうちに陥っていることになっていきます。

そして彼の愛を求めている状態に気づかないのでその愛を求めている潜在意識の思いが勝ってしまうのです。

潜在意識はとっても素直

潜在意識って子どものようにとっても素直なんです。

例えば「良い子にしていないと、おばけにさらわれちゃうぞ~~~」といったら素直にそれを信じちゃいます。

「チチンプイプイ!痛いの痛いの飛んで行け~~~」といったら「痛くない!!」ってなっちゃいます。

それくらい素直なんです。

他にも

右利きを左利きにできるし、車や自転車の操作方法を覚えててくれる、家までの帰り道もボーっとしながら歩いててもお家につくことができます。

そんな自分がボーっとしててもサポート力抜群なんです、潜在意識って。

あるとき勘違いしたまま時が過ぎた

「あなたはどうしたい?」のという質問の答えが「彼に愛されたい!」という不自然な回答を不自然だと思っていないことも、実は潜在意識の素直さが働いたからです。

あるとき、大抵は小さい頃、「あなたはどうしたい?」のという質問の答えが「彼に愛されたい!」と出てきてしまう思いが潜在意識に入ってしまったのです。

潜在意識は素直にそれを受け入れた、ということなんです。

勘違いして受け入れてしまった、ということなんです。

修正することはいつでも可能

右利きを左利きにしたり、車や自転車を乗ったことがない人は少し練習が必要だったり、引っ越したばかりだと、慣れるまで道にちょっと迷ったりと、最初のころは意識して直したり、覚えたりしないといけませんが、できるようになるとずっとできるようになりますよね?

同じように、潜在意識が勘違いしてしまった復縁や恋愛に関連する勘違いも修正することは可能なんです。

もしかしたら潜在意識ちゃんは勘違いしているかも?と振り返ってみることは有効です。

あなたの復縁がうまくいきますように願っています♪

復縁?新しい恋愛?自分に合う人の正しい探し方とは?

パートナシップと人生の目的

こんにちは^^中村まみです。

多くの方をセッションをさせていただいて思うことは、本当の願いがわからなくなっていらっしゃる方がほとんどです。

なので、復縁をがんばるべきなのか、新しい人を探したほうがいいのか、と悩んでいるその答えはなかなかみつかりません。

どうして本当の願いがわからなくなっているのでしょうか?

それは

・・・

・・・

・・・

このブログでずっと言っているのことです^^

ネガティブな思い込みが邪魔をしている

ネガティブな思い込みが潜在意識に強烈にある、あるいはたくさん存在すると、必ずそのネガティブな思い込みに振り回されています。

しかも無意識で振り回されています。

無意識で振り回されているということは、振り回されていることすらも気づきません。

なので、そのネガティブな思い込みによって発生する「考え」が自分の願いだと勘違いしてしまうのです。

人生の大切なことも忘れてしまう

本当の願いがわからないときにもう一つ重要な間違いも起こしてしまいがちです。

それは自分の人生でやり遂げたいことを忘れてしまうということなのです。

どういうことかというと、例えば「愛されていない」というネガティブな思い込みがあることで、「愛されていない」という思いを満たすために、多くの恋愛関係を繰り返しているとします。

けれども心のしくみからいうと、自分で自分を満たすように方向転換をしないと、どんなに相手に愛を求めても、満たされない思いは永遠に続きます。

そうして自分の愛情飢餓を満たすために彷徨っている内に、本当にやりたいことをすっかり思い出せなくなり、人生をただただ満たされない思いで過ごすということになりかねないのです。

もしかしたら、あなたは本当は「何かを書く」ことをしたいと願って生まれてきているのかもしれません。

もしかしたら、あなたは本当は「幸せに家事をする」ことをしたいと願って生まれてきているのかもしれません。

もしかしたら、あなたは本当は「誰かを支援する」ことをしたいと願って生まれてきているのかもしれません。

相手の愛を得ることは人生の目的ではない

これは全ての人に共通しています。

相手の愛を得ることは人生の目的ではありません。

ソウルメイトと結ばれることは人生の目的ではなく、付随して起こる出来事の一つにすぎません。

なので、相手から愛を感じたいことについて自分の意識を注いでいる間は、あなたはあなたが決めた人生の目的から外れています。

自分を愛するということは生きる上で必須科目

相手の愛をもらうことは人生の目的では決してありませんが、自分で自分を愛することは人生を歩く上で必須科目と言えます。

人生の目的のファーストステップとも言えるでしょう。

自己愛に舵取りしたとき本当の気持ちが見えてくる

自己愛をすることに終わりはありませんが、自分を愛していこうという意識にフォーカスしていくと、人それぞれが持っている個性として、自分のしたいことやするべきことが分かってきます。

そこには彼との関係をどう進めていくのかももちろん含まれています。

パートナーシップは、目的ではなくだれにでも自然に備わっている人生の一つの流れです。

自然に花が咲くのごとく

先ほども申し上げましたが、パートナーシップが人生の目的になっている方はいません。

パートナーシップというのは、植物に適切なケアをすれば実がなるように、自然と人生の流れにある一つの出来事です。

なので、自分自身を適切に扱うことで、パートナーシップは自然にそばにやってきます。

復縁を願うのか、新しい人を望むのかも、自分自身を適切に扱い始めることで、答えはみえてきます、必ず!!

あなたが幸せで楽しいパートナーシップを築くことを願っています^^

愛されていないという錯覚から自由になったあの日

愛されていないのは錯覚

こんにちは^^中村まみです。

私はずっとずっと「私は愛されない人間」ということを信じていました。

それは本当に真実だと思っていたからです。

でもある日を境に錯覚なのではなかろうか??と、「私は愛されない人間だ」という思いが違うのではないか?ということも思うようになりました。

そして今言えることは、「私は愛されない」というのは、100%完全に違うということです。

どんなに真実に感じても錯覚なのです。

これはすべての人に当てはまります。

愛の形が違うだけ

本当はちゃんと愛されているのに、愛情飢餓が強いと「私は愛されない」という思い込みが強く刺激され、恋人の愛に気がつけなくなります。

私たちは一人一人個性がありますよね。

同じように私たちは、誰かに表現する愛の形にも自分独自の形を持っています。

人の価値観を理解することを難しく思うことがあるように、その独自の愛の形を理解できないことがあります。

愛情飢餓が強いと愛する人の愛の形を理解できない

愛情飢餓が強ければ強いほど、理解できにくくなります。

愛情飢餓は、強固な価値観のようなものだからです。

彼の愛の形はとても自由かもしれませんが、あなたの愛の形は少し束縛が強かったり・・・。

愛情飢餓という価値観を信じて疑わない状態だったら、彼との間にも誤解を生みだしやすくて、様々な葛藤を抱えてしまいやすくなります。

あなたが元彼との関係で苦しかったのなら、それはただ愛の形が違うだけで、あなたが愛されていなかったわけではありません。

愛情飢餓という価値観は、価値観であって真実ではないのです。

親密な関係は私たちを成長させる

けれども親密な関係であればあるほど、ついついその関係にのめりこみ、愛の形が違うだけだということを見失いがちです。

親密な関係は、私たちの心をより激しく揺さぶるからです。

その分その親密な関係で「愛されないという思い」に真摯に向き合うなら、お互いをかつてないほど深く愛する、理解する関係へと変容させることができます。

必ず、です。

彼を愛しているのなら・・・

私たちが誰かとの関係を大切にしたいなら、恋人の愛の形と自分の愛の形に気づき続けることはとても大切なことです。

彼を愛しているのなら、彼の愛の形に理解を示せるようになることは大事です。

それには、潜在意識の思い込みを解放することがとても重要なキーになってきます。

彼の愛の形がただ違うだけ、そんなシンプルな真実を見失ってしまうのは、私たちの中にある不安や怖れでだからです。

愛されていないという錯覚

私は父親のいない家庭で育ちました。

そして私の思い込みになってしまったのは、「父は私を愛してくれない」「親にすら愛されることがない私」というものでした。

私の思い込みは本当に強烈で、すべてをその「親にすら愛されることがない私」という思い込みのメガネをかけてみてしまっていました。

そんな私の人生は当然苦しくて惨めなものでした。

自己セラピーを地味に繰り返していたある日

地味に自己セラピーを繰り返していた時期がありました。

今でもしていますが、、、その時は、まだセラピーの意味すらもよく分かっていないときで、見よう見まねでやっていた感じです。

なので、本当に効果があるのかな??という気持ちでいました。

でもある日、確かに父は私の望む愛し方はしてくれなかったけれど、それが私を愛していないことにはならないのだと、天啓のように心の底から気づいたときがありました。

それは身体がとても軽くなるほどの解放で、大きな涙とともに私を自由にしてくれました。

父に愛されない私は本当??

「確かに父は私の望む愛し方はしてくれなかったけれど、それが私を愛していないことにはならないのだ」という気づきを得たとき、自分の本当の気持ちに気がつきました。

それは、私は父の愛がほしかったのではなく、父を憎むことでしか愛の表現ができない自分をとても嫌っていたことに気がついたのです。

「父に愛されていない」という強烈な思い込みで自分の本当の気持ちに気がつかなかったのです。

今も父と会うことはできませんが、私にとって本当に大切な人になりました。

人を愛することとは?

愛とは自分自身に自由を与えることです。

そして自分以外の人にも自由を与えることです。

彼の愛の形に気がつくことは、愛という自由を得ることでもあるし、与えることでもあります。

あなたの中にも真実の愛がちゃんとある

誰にでもどんな人にも、愛はちゃんとあります。

ただ気がついていないだけなのです。

あなたは愛されていないわけではなく、ただ気がついていないだけなのです。

そのことを心が理解していくようになると、元彼を愛する力はとてもピュアで美しく光り輝いてきます。

復縁というのは、あなた自身の中にある愛の本質を輝かせる一つステップともいえるでしょう。

あなたの復縁応援しています♪

卑怯でずるい彼と復縁したい

卑怯でずるい彼との復縁方法

こんにちは^^中村まみです。

卑怯でずるい彼に突然別れを言われたら、執着度が増します。

どうしてでしょうか?

執着は愛ではなくて、「怒り」に近い感情です。

卑怯でずるい彼であればあるほど、お付き合いしている間、あなたはその彼に振り回されていたと思いますから、彼からの突然の別れは、執着心が強くなります。

もしもずるくて卑怯な彼と復縁したいなら、お付き合いしていたときに彼に振り回されてモヤモヤしたことや嘘をつかれて悲しかったことなどの感情を解放するとともに、ずるくて卑怯な彼に惹かれる理由を見つめていくことで復縁の扉は開いていきます。

まずは卑怯でずるい彼への感情解放

卑怯でずるい彼を許すことが最初のステップです。

これは、卑怯でずるい彼に対しての怒りを十分に出し切ることなんです。

「卑怯でずるい彼を許します。」と言いながら、怒りを抑えていることではありません。

その逆なんですね。(←これが自愛の正体)

卑怯でずるい彼への怒りを十分に十分に出してください。

もちろん、彼に直接ではなく、お部屋に一人でいながら行います。

彼への怒りを出す方法その1

①分厚い枕やクッションを用意します。

②その枕やクッションをボッコボコにしながら、「くそ!!」「こんにゃろ!!」「絶対許さん!!」「ふざけるな!!」と思う存分吐き出してみましょう。

④気のすむまで吐き出します。

これを何日でも何度でも彼への怒りがなくなるまで根気よくやってみましょう(←これが自愛です)

彼への怒りを出す方法その2

①ノートを数冊用意します。

②あらん限りの筆圧で、彼に対しての罵詈雑言を書きなぐります。

③何冊になってもかまわないので、気のすむまで書きなぐります。(←これが自愛です)

怒りを出すことは自愛をすること

復縁には自愛が大切だと他のブログなどにも書いてあります。

なのでとことん自愛をしてください。

ここは面倒くさがらずに、何日でも何か月かけても自愛という怒りを出していくのです。

そうすることで自愛は育っていきます。

怒りの自愛の後には?

怒りという自愛を出した後は、潜在意識の声を聴くという自愛に移行していきます。

卑怯でずるい彼にたくさん苦しめられたのに、好きな理由をちゃんと自分自身に聴いてあげるのです。

潜在意識の言い分をきちんと聴いてあげるという自愛が必要になってきます。

潜在意識の声を聴くという自愛

これは少し難しいのですが、

「彼に惹かれている理由は何だろう??」

と潜在意識に投げておいて、しばらくは放っておくというのは、一つの手段です。

潜在意識には疑問に応えるという性質があるので、質問をしておくと答えをキャッチすることはできます。

潜在意識の答えは間接的

潜在意識の答えは間接的なことが多いです。

直接頭の中に答えがドーンとやってくるよりも、彼がとってもやさしい笑顔を見せた記憶がよみがえってくるかもしれません。

ふと小さいころの嫌な記憶がよみがえってくるかもしれません。

そういう『記憶』が甦ってきたら、ただただ「そうだったのかもしれないな、、、」と感じてあげることです。

返ってきた答えに共感してあげる

関係のなさそうな記憶でも、ふと甦った記憶に対して、ただただ「そうだったのかもしれないな、、、」と感じてあげることで、潜在意識の声を聴くという自愛が成り立ちます。

自愛は自分を好きになることではない

自愛は自分を好きになることではなく、今感じている感情や感覚を否定せずに感じてあげることなんです。

ここ大事ですからもう一度いいますね。

自愛は自分を好きになることではなく、今感じている感情や感覚を否定せずに感じてあげることなんです。

卑怯でずるい彼と復縁したいなら

自愛をすることが最優先で必要です。

その自愛の先に、卑怯でずるい彼との復縁についての答えが待っています。

あなたの復縁を応援しています☆