復縁・不倫と潜在意識

相手も心地いいだろうとあなたが感じる距離感は真実?

裏目に出る

こんにちは^^中村まみです。

復縁や不倫恋愛において、相手を束縛してしまうことは悪いほうに働きますよね。

でも逆に、相手のためを思っていることも、悪いほうに働くことがあります。

相手への心遣いが、相手にとってはすごく距離感がある、壁が隔たれているように感じることがあります。

人によって距離感の違いは大きいので、ここはとても難しいですよね。

今日は、潜在意識の思い込みの側面から他者と距離をとっている場合と、そうじゃないことについてお伝えします。

そして、それぞれの解決方法についてもお伝えしますね。

それは相手への気遣い?それとも・・・?

「前の恋愛で、うっとうしいことをしたり、しつこくしたりして嫌われたから、今回は、、、。」

と思い「遠慮して頼らない」「相手に合わせる」などと気を遣った結果、なぜか関係がギクシャクする、、、、。

いわゆる裏目にでているという状況です。

こういう場合、主に2つの可能性が考えられるんです。

それは潜在意識の問題という可能性と、あなたの価値観の問題という可能性です。

1.潜在意識の問題の可能性とは?

まず最初は、潜在意識の問題の可能性についてです。

しつこくて嫌われ、気遣いしても避けられてしまう、真逆の行動をしているにも関わらず結果が同じになる理由とは、

「動機」が一緒だからなんです。

動機というのは、心の基盤(潜在意識の状態)ということです。

潜在意識の状態が変わらないと、違う行動をしても「もうなんでなのー?」という結果になりがちです。

そのことについて「私は見捨てられてしまう」という思い込みが潜在意識にある場合を例にしてみますね。

見捨てられるという不安があるから、過剰に相手を求めてしまう場合、

うっとうしがられる

ワガママに愛想をつかれる

しつこくしてしまう

という態度になりがちです。

一方、そんなことしたら見捨てられるという不安の場合は、

自分が我慢する

という態度になりがちなんです。

どちらも同じ見捨てられ不安が、心の基盤になっているということなんですね。

表にでる態度は違うけど、潜在意識の働きが一緒なので、結局どちらも「見捨てられる」という状態になってしまいます。

2.相手との価値観の違い

あなたがいいと思っている人との距離感が相手に違う風に感じられる可能性です。

「こうしたらきっと相手も心地いいだろうというあなたの考えが、相手には「よそよそしい」と感じることもあります。

「頼りにされていなから寂しい」と感じることもあります。

相手の「もっと頼ってほしいのに」という不満がつのり、ギクシャクするということも有り得えるんです。

相手に頼めるかどうか

価値観の違いの場合、そこに本当に本当にネガティブな思い込みが関係していないかを確認する方法があります。

それは相手に対して、素直に思っていることを言えるかどうかということで、判断がつきます。

「相手に距離感が分からなくて戸惑っているということを言える」

「迷惑だったら言ってね、大丈夫な範囲を教えてねと言える」

相手にそういうことを言ったり、聞いたりすることができるのなら、OKでしょう。

もし「相手に言えない、、」なら、言えない原因になっている潜在意識の思い込みを探るのが解決の方法です。

「1」の潜在意識の問題には?

先ほど言った「1」の潜在意識の問題には、潜在意識の解放が大切になってきます。

例として「見捨てられ不安」を使いましたが「見捨てられる」という思いは、思い込みのごくごく表層部分です。(←ここ大事!)

「見捨てられる不安」のもっともっと深~~~~いレベルにある思い込みを解放することが重要です。

見捨てられるという思いが出てきている本当の原因を解放するということです。

それは無意識の奥深くに埋まっているので、気づいてはいないはずです。

「2」の相手との価値観の違いの問題には?

相手の価値観を好奇心をもって知ろうとしてみてください。

それは相手との親密さをとても育みます。

お互いに相手の知らない部分を知っていくのですから、楽しい作業になるはずです。

たまには「ウムム」と眉間にしわがよることがあるかもしれませんが、、、^^

けれどもそれ以上に、あなたの価値観は驚くほど広がり、素敵な女性になっていくはずです^^

愛されないを潜在意識から瞬時に解放します。不倫恋愛、復縁、結婚できない、出会いがない、悪縁ばかり引き寄せてしまう、浮気や三角関係、DV、他人が怖い、男性恐怖症などの原因になっているトラウマなど、恋愛や結婚に関する悩みや、情緒不安定、自分に自信が持てないなど、、、必ず解決することができます。

不倫で「本当に愛しているなら態度で示してよ!」と思うとき

愛しているなら離婚して

こんにちは^^中村まみです。

彼が「愛している」と言いながら、なかなか物事が進展しない時、不安や苛立ちを覚えますよね。

「愛しているなら態度で示してよ!」と考えてしまうことは、ごくごく自然だと思います。

でもこの自然な考えが潜在意識の錯覚でもあるし、不倫成就の分岐点なのです。

潜在意識の錯覚とは?

ここでいう潜在意識の錯覚とは何だと思いますか?

それは

「愛しているなら」→「離婚などの行動をしてくれるはず」

ということです。

これ、自然な感覚でもありますよね。

なので、ここが錯覚だと気がつきにくいです。

それに、こういうことを言うと

「じゃぁ愛していると彼が言っているその言葉だけで満足して、彼が離婚しなくても私は我慢しなくちゃいけないの?」

と思う方もいらっしゃいます。

そうではないんですね。

そのことについて、今からご説明していきますね。

潜在意識の中で成り立つ方程式

不倫恋愛の状況では「愛しているなら」→「離婚などの行動をしてくれるはず」となっています。

けれども、潜在意識の世界では彼を対象にしていません。

例えばお母さんを対象にしていたりします。

「愛しているのなら」→「いつも快適なおむつの状態を維持してくれるべき」

「愛しているのなら」→「私を一番にして、ミルクをくれるべき」

という状況になっていたりします。

お父さんを対象にしていた場合

「愛しているのなら」→「ほしいもの(例えばおもちゃ)をくれるべき」

「愛しているのなら」→「私が満足するまで抱っこをしてくれるべき」

という状況になっていたりします。

「〇〇なら」→「〇〇であるべき」という方程式が、あなたの潜在意識の中で成り立っているのです。

この方程式にちょうど彼との状態がぴったり当てはまることで、不安や苛立ちがでてきます。

方程式は正しくない

「愛しているのなら」→「いつも快適なおむつの状態を維持してくれるべき」

「愛しているのなら」→「ほしいもの(例えばおもちゃ)をくれるべき」

という方程式が正しくないことはわかると思います。

なぜなら、どうしても手が離せない用事があって、おむつを替える時間が数十分遅れることもありますよね。

欲しいものをいつでも与えることが愛していることにはならないですよね。

例えば、おもちゃやお菓子なんて特にですよね。

なのでこの方程式は正しくないと、顕在意識では認識できるはずです。

分かってはいるけど苦しい

が!!顕在意識の認識を変えても潜在意識の認識が変わらないんです。

一度癖づいた思いは、潜在意識の世界から解放しないと、なかなか認識を変えることができません。

これが分かっているけど、苦しい状態になります。

頭では分かっているのに、心が追い付かない、、、、。

その苦しさがあるため「愛しているよ」と彼が言っても「どうせ嘘でしょ?だったら態度で示してよ!」と素直になれないのです。

心の中でも態度でも、彼を責めたててばかりなので、彼も一緒にいることに疲れてしまいます。

冒頭で申し上げた分岐点でもあるとは、こういうわけです。

方程式が成り立つのは個々のビリーフ

ここからが大切です!!

「愛しているのなら」→「いつも快適なおむつの状態を維持してくれるべき」

「愛しているのなら」→「ほしいもの(例えばおもちゃ)をくれるべき」

方程式が成り立つのは、あなたの中に理由があるからです。

この方程式が成り立たない方もいらっしゃることから、理由はあなたの中にあるのです。

その理由こそが潜在意識の深い領域にあるビリーフ(思い込み)なのです。

理由を成り立たせているビリーフはかなり深い領域にあるビリーフなので、全く意識することができないと思います。

このめっちゃ深い領域のビリーフの解放こそが、状況を変化させるカギとなるんです。

ビリーフが深ければ深いほど、無意識であり、それゆえに現実の状況を握っているからです。

グルグルする罪悪感のループ

この深いビリーフを解放しないと、潜在意識の上の領域で自分責めがはじまります。

だって彼を責めているんですから。

潜在意識は一人称でいうと、彼は自分ですよね、自分は彼ですよね。

本当の原因が解放されていないから、それがループになる原因なのです。

不倫している女性が幸せになれないわけではないんです。

幸せになれないのは、潜在意識の中で起こっている、自分を幸せにしない「考え(方程式)」や「思い込み」が原因です。

愛される自分はちゃんと創ることができます。

自分は幸せになるべき人間なんだとブロックを外すことはできるんです♪

愛されないを潜在意識から瞬時に解放します。不倫恋愛、復縁、結婚できない、出会いがない、悪縁ばかり引き寄せてしまう、浮気や三角関係、DV、他人が怖い、男性恐怖症などの原因になっているトラウマなど、恋愛や結婚に関する悩みや、情緒不安定、自分に自信が持てないなど、、、必ず解決することができます。

不倫女性が潜在意識を変えて幸せになる方法とは?

自愛の罠

こんばんは^^中村まみです。

「不倫をしていると幸せになれないよ」

とか

「不倫から略奪をしても幸せになれないよ」

そんな風に言われる事を聞いた事ありませんか?

これは全くの間違いで、幸せになれるかなれないかということには、もちろん関係がありません。

ただ、不倫をしているとどうしても潜在意識を間違った方向に使ってしまうことが多いのです。

なので「ほ~~らやっぱり、罰があたった」と言われる出来事が起こることがあります。

今日は、不倫をしている女性が潜在意識を変えて幸せになる方法をお伝えします。

不倫をしていると幸せになれない理由

不倫をしていると幸せになれないと言われるのは、もちろん呪いではありません。

他の人の夫を奪っているからというような神さまの罰でありません。

何が理由かは、このブログを読んでくださっているあなたには、わかるかなと思います。

不倫をしているあなたの潜在意識によって幸せになれないということなのです。

これは逆を言えば、潜在意識によって幸せになれるということも言えますよね。

そこに不倫をしているしていないは、問題にはなりません。

潜在意識を変えるというのは、トレーニングをすることと同じです。

ですので、1日でいきなり変化することはなかなかありません。

ただ、瞬時に変化の種は植えることはできますので、2、3週間あれば確実に変化を実感できます。

不倫をしているから幸せになれないのではないか、と不安を感じている方は、先を読み進めてみてくださいね。

心の底から思ってる??

あなたは心の底から彼が自分を選んでくれると思っているでしょうか?

心の底から愛される価値があると思っているでしょうか?

やっぱりここが分岐点になります。

不倫から結婚されて、幸せになっていらっしゃる方は、当然のごとく彼は自分と結婚をするべきだと思っています。

もっと正確な言葉を使うと、当然のごとく彼は自分と結婚するものだと思っています。

自分が傷つかないようにガードする自分

この心の底から思えないわけが、潜在意識の思い込みなんです。

「私は彼の家庭を壊すつもりがない」

これは本心だと思います。

でも同時に、自分が傷つかないように、その言葉を盾にしている可能性も高いのです。

それにこの言葉には「家庭を壊さないと彼とは結婚できない」と思っている思考も垣間見えます。

あなたはやさしい人です。

誰だって自分のもの、それが家庭だろうが、ノートだろうが、食器だろうが、壊されたくないはずです。

それを知っているからこそ「私は彼の家庭を壊すつもりがない」という言葉が出るのでしょう。

痛みを知っているからこそ、自分が傷つく痛みも怖いと、無意識のうちに感じているはずです。

自分の本当の望みから一歩遠慮している

彼の事を信じて裏切られるのが怖いわけです。

当たり前ですよね、、、。

心の中で自分が傷つかないようにブロックをしてしまうのは、当然だと思います。

ただそのため、本当の望みは「彼と結婚すること」なのですが、そこから一歩遠慮してしまっているのです。

それは自分の幸せから一歩引いている、自分の幸せを諦めているということとも言えます。

心の底から思えないわけ

そうやって、心の底から自分の幸せを望めないわけが、潜在意識の思い込みなんです。

潜在意識の浅い部分の思い込みなら、思い当たる感覚があるかもしれません。

例えば、

「どうせ自分みたいな人が愛されるはずがない」

「私には価値がない」

「好きな人は去っていく」

などです。

この浅い思い込みを支えているのは、深~~~~~い深~~~~い潜在意識の深部の思い込みです。

心の奥底から湧き出る幸せを望む力を育てる

この深い深部の思い込みを解放することで、彼を信じる自分が育ってくるのです。

それは、自分を信じる力でもあるし、自分の幸せを心から望む自分でもあります。

こう言うと、あの人だから幸せになることができるのでは?

とか

自分にはそんな無理そう、、、

という言葉が出てくる人もいらっしゃいますが、それもただの思い込みです。

そこでグルグルするか、それともほんのちょっとだけでも自分を信じて、一歩踏み出すかはあなたにしか決めれません。

潜在意識はあなたと一緒に幸せを感じたいと思っている、このことを忘れないことが幸せの切符です♪

自分は幸せになっていいと感じたい方はこちらをどうぞ。

愛されないを潜在意識から瞬時に解放します。不倫恋愛、復縁、結婚できない、出会いがない、悪縁ばかり引き寄せてしまう、浮気や三角関係、DV、他人が怖い、男性恐怖症などの原因になっているトラウマなど、恋愛や結婚に関する悩みや、情緒不安定、自分に自信が持てないなど、、、必ず解決することができます。

色々な感情がごちゃごちゃでこんなんで復縁できるのか不安

怒りは復縁の大切なプロセス

こんにちは^^中村まみです。

復縁したい彼に対して様々なな気持ちが噴き出て来てすごく困っています。

悲しみ、憎しみ、愛情など、ごっちゃごちゃになって、こんなんで復縁ができるのか不安です。

全然前に進んでいないように感じるし、、、、

もしあなたもこんな風に悩んでいらっしゃるのなら、ご参考にしてくださいね。

噴き出す感情は正常な反応

今まで抑圧していた感情が動き出すと、一気に感情が噴出してくることが多いです。

ダムの決壊のような感じです^^

なので、ごっちゃごちゃに噴出して、収集つかなくなっているのは、不安だと思いますが、正常なんです。

ごっちゃごちゃに噴出しているということに対しては、不安にならなくて大丈夫ですよ。

復縁にも影響なし!

こんなに悲しみが

こんなに怒りが

こんなに辛さが

出てきていたら、復縁に悪い影響が出そう、、、、

復縁ができなくなるかもしれない、、、、

そういう心配もなさっておいでなら、それも大丈夫です。

決して影響はありません!

なぜなら、きちんと感情を受け止めようとする意識がそこに存在するからです。

右往左往している状態かもしれませんが、ちゃんと受け止めようとする意識があるのであれば、復縁に影響は出ないんです。

悪い影響がでるのは、見て見ぬふりをしたときだけ(つまり抑圧したときだけです)

お部屋掃除と同じで必ず綺麗になる

掃除する意欲をそぐほどのごちゃごちゃのお部屋でも、真剣にやれば片付くということがわかりますよね。

感情も「こんなにあるけど大丈夫かな~~~、無理そう、、、」と思っても、意欲があれば出来ます!!

お部屋掃除もスイッチが入りだすと、ドンドン片づけれるようになるのと一緒で、

感情の解放もコツをつかむとスルスルと解放が進むんです。

主要な感情を解放すればあっという間!

すべての感情は繋がっているので、悲しみの感情を解放したら、怒りもなくなったということはよくあります。

ですので、今感じているごちゃごちゃの感情すべてを解放する必要はないんです。

あなたにとって、一番影響を及ぼしている感情を解放すれば、あっという間に他の多くの感情の解放も進みます。

具体的な方法とは?

さてでは、具体的にどうしたらいいの??となりますよね。

くっちゃくちゃのごっちゃごちゃのときは、できれば専門家の手をかりたほうがよいです。

ちゃんと感情解放の重要性が分かっていて、しかも技術のある専門家です。

でも自分でなんとかしたい!というときは、次の2つのステップがおすすめです。

1.イメージの中のクッションやサンドバックをボコボコにする

イメージの中でクッションかサンドバックを用意します。

それをフルボッコします^^

気のすむまでボッコボコにします。

イメージの中ですが、実際に身体を動かしてもいいですね。

イメージと一緒に手を振り上げて、ボッコボコにしたりしてください。

イメージと一緒に立ち上がって地団駄踏んでもいいでしょう。

疲れるまでやってみましょう。

何日でも気のすむまでやってみましょう。

2.おススメはセドナメソッド

ある程度まで、ボッコボコにして気がすんだら、次のステップに進みます。

残っている感情を丁寧にセドナメソッドで解放です。

※セッションでは別の方法を使います。

ちょっとコツがいるかもしれませんが、世界中でとても支持させている、安全で安心なツールです。

セドナメソッドで感情を解放する方法は、色々なブログにも取り上げられています。

ご参考になさってくださいね。

あなたを待っている感情解放の先の新しい世界

最初は、感情の圧倒的なパワーに「ダメだわ、、、無理だわ、、、」と足がすくむかもしれません。

けれども、ほんのちょっとだけ勇気を出して踏み出せば、驚くべき変化が待っています。

先日もクライアントさんがこうおっしゃっておられました。

 icon-quote-left 

最近は、彼に対して執着が無くなり、とても気持ちが楽です。

気持ち的にも生活的にも変わりました。

 icon-quote-right 


このクライアントさんも最初は、とても怖がっておいででした。

なかなか気持ちを出せなかったのですが、今は解放が進み、心の状態がこのようになりました。

土台が幸せの土台に変化してきているので、これからどんどんミラクルも起こってくるでしょう。

感情解放は、あなたを別の次元に連れて行ってくれます。

それは幸せの次元です。

次はあなたも奇跡を体験してみてください♪

愛されないを潜在意識から瞬時に解放します。不倫恋愛、復縁、結婚できない、出会いがない、悪縁ばかり引き寄せてしまう、浮気や三角関係、DV、他人が怖い、男性恐怖症などの原因になっているトラウマなど、恋愛や結婚に関する悩みや、情緒不安定、自分に自信が持てないなど、、、必ず解決することができます。

復縁・不倫成就に必要な被害者意識を解放させる優しいコツ

復縁は自分自身が理解者だと知ること

こんにちは^^中村まみです。

復縁や不倫成就がしたくて、潜在意識について勉強なさっている方はかなりの潜在意識“通”が多いです^^

もしかしたらあなたもそのお一人かもしれませんね。

潜在意識を勉強していくと「被害者意識」をなくしましょう。

被害者意識があるから変化できないんです。

ということも言われているのをみかけますよね。

今日はこの「被害者意識」についてお伝えしていきます。

癒しの本質は中庸

癒しの本質というのは、誰かを許しましょう。

誰かを愛しましょうということではありません。

そこには、加害者も被害者もいなかった、気づかなかったんだと気づくことです。

被害者も加害者もいないので、意識がその中間地点、中庸から出来事を眺めることができます。

そうして物事の本質に気づいていく、これが癒しの本質です。

被害者意識を解放する一歩は思い込みを受け止めること

頭でわかっているけどできない、、、、

それが心の偉大さだと、私は思っています^^

なので、被害者も加害者もいないということを頭で理解できても苦しい、、、、

それは人の心として、自然な働きで、そう悩んでいるのはとても美しいなと思います。

ですので「被害者意識がなくならない、、、、」と苦しむ必要はないのです。

中庸な視点を育てるように癒しを行うと、自然に被害者意識から卒業することができますから。

解放のプロセスは人それぞれ

心の状態というのは、とっても個性があるので、比較的簡単に被害者意識をバス!!となくすことが出来る人もいます。

また、そうじゃない人もいます。

すご~~~~く苦手な人もいます。

行ったり来たりすることもあります。

それも個性なんですね。

そしてその個性は、あなたの人生に不可欠なんです。

その個性があるからこそ、あなたのパートナーと出会えるし、愛し合えることができます。

確かに、バス!!となくすことができるほうが楽かもしれません。

でもこのプロセスがあったから、よかったんだと必ず思えますよ。

癒しのパワーは奥深く、私たちの考えをはるかに凌ぐ叡智がありますから。

心の傷はあなたへの愛・彼への愛・全てへの愛

心の傷がたくさんあって被害者になっているとき、愛を感じることはできにくいと思います。

でもここが気づきにくいことなのですが、愛があるから傷つくという感情が出てくるんですね。

愛がなかったら、傷つきませんから。

ということは、心の傷は、「愛」です。

あなたへの愛ですし、

彼への愛ですし、

潜在意識は一人称の法則から考えると、全てへの愛です。

人はやがてその愛に気づくようになります。

許せないと怒りで震えている心をありのまま受け止めてあげることで、愛に戻れるんです。

被害者意識を持っているかは問題ではない

被害者意識は手放せるまで持っててもOKなのです。

そこは問題ではありません。

手放せずに握りしめていても、あなたの心が愛に気づけば、スルっと自然に手放せますから。

まずは自分自身に愛を与えてあげましょう。

それが被害者意識を手放す優しいコツなのです。

参考までに

私がとても尊敬するバイロンケイティという方の動画をご参考に載せておきます。

バイロンケイティの限りなく深い愛の中で、クライアントさんがガチガチの被害者意識から瞬時に解放されていることがわかります。

2分30秒ごろから始まります。

被害者意識をやさしく解放するコツはこちらをどうぞ。

愛されないを潜在意識から瞬時に解放します。不倫恋愛、復縁、結婚できない、出会いがない、悪縁ばかり引き寄せてしまう、浮気や三角関係、DV、他人が怖い、男性恐怖症などの原因になっているトラウマなど、恋愛や結婚に関する悩みや、情緒不安定、自分に自信が持てないなど、、、必ず解決することができます。