復縁・不倫と潜在意識

復縁できる思考を学んでみましょう♪

復縁できる思考を学ぶ

こんにちは^^中村まみです。

さて今日は、最近、芸能界やいろいろなところで話題になっている不倫についての面白い見方です。

略奪愛や不倫などの複雑恋愛など、たくさんの恋愛の形が報道されています。

実は、これをあなたの復縁がうまくいきやすいかどうかのバロメーターとしてみることができるんです。

今日はそういう物事の見方から、復縁できる思考をレッスンをしてみましょう♪

潜在意識を活用してのレッスンです。

自分の思考を見る

ニュースや雑誌などで、略奪愛や不倫などの話題がでてきたら、自分がどんなことを感じたのかを紙に書いてみましょう。

書いた内容が「おぉ!肉食~~~」や「へぇ~~意外~~」と結構ポジティブなら、概ね恋愛が上手くいっているはずです。

逆に強い怒りがでてきたり、軽蔑したりする気持ちがでてきたら、恋愛に手こずっている可能性はあります。

意見と批判は違う

これは略奪愛や不倫などの複雑恋愛を容認しろ、ということではありません。

物事に対してどんな見方ができていて、そこに他の価値観の広がりを持たせるスペースがあるかどうかなのです。

相手への批判をつけていないことは、思考の状態としてとても重要です。

自分の意見を言うことと、批判することもまた違うからです。

相手の自由と自分の自由はイコール

相手の行動を批判なくみれることは、自分自身を自由にします。

そこにこだわりがないからです。

そして自分自身を自由にするということは、相手を自由にします。

潜在意識の法則を思い出してください。

自分=他人です。

ということは、自分の自由=相手の自由になりますね。

恋愛においての最重要項目

批判がない、ジャッジされない空間にいるとすごく気持ちが落ち着くのはわかると思います。

自分もそんな空間の中でのびのびしていると居心地がよいですね。

その居心地を創りだせるかどうかは、恋愛において最も重要な一つかもしれません。

苦しみを生む「べきべき」人生

逆に「人として最低!許せない!」と怒りが出てくるなら、人生で「べきべきルール」がたくさん存在するのかもしれません。

それが良いとか悪いとかではないです。

自分の中にたくさんのべきべきルールがあると、自分自身がそれに縛られてとても苦しいんです。

そうすると、相手にも無意識の内に「べきべき」を要求してしまいます。

その結果として「重い女」という烙印を押されてしまいかねません。

自由に愛溢れる恋愛をしたいなと思うなら、やはり潜在意識もたくさんの自由があるほうが良いです。

そのためには自分がどんな思考や感情を持っているのかを見れるようになることは大切なことです。

潜在意識から自愛を大きく育て、不倫恋愛、復縁、結婚できない、出会いがない、悪縁ばかり引き寄せてしまう、浮気や三角関係、DV、他人が怖い、男性恐怖症などの原因になっているトラウマなど、恋愛や結婚に関する悩みや、情緒不安定、自分に自信が持てないなど、、、潜在意識から原因を瞬時に解放できます。

復縁したくて相手のいいなりになってしまうのは?

復縁のためにいいなりになる心理

こんにちは^^中村まみです。

彼と復縁したいから相手のいいなりになっていて辛い・・・

身体の関係があっても、約束がドタキャンなんてしょっちゅう・・・

嫌われるのが怖いので、彼の言いなりになってしまっている・・・

そんな関係を繰り返していると、自分は愛されない、上手に恋愛できない人間なんだと思ってしまうかもしれません。

でも誰でもどんな人でも、彼のいいなりにならなくても「愛される人」であることを知ってください。

あなたには素敵なパートナー関係を築くことができることを知ってくださいね。

さてでは、彼に都合の良いように扱われている関係をどうしたら平等で楽しい関係に変化させることができるでしょうか?

その前に一つ大切なポイントがあります。

それは

・・・

・・・

・・・

彼に対して怯えているのではない

潜在意識からみると、言いなりになってしまうのは、彼に対してではないんです。

他の人とは、言いなりになるとかそんなことはないのに、、、とあなたは思っているかもしれません。

あなたが彼の言いなりになってしまうのは、彼を通して、誰か(何か)に怯えているんです。

潜在意識が彼を通して見ている「誰か(何か)」に怯えているのです。

彼はあなたの深い深いところにある潜在意識(深層心理)を表しています。

元彼があなたの潜在意識(深層心理)の痛みを刺激する役割がある、そう考えていただけたらよいかなと思います。

他の人との関係もみつめてみる

元彼にはいいなりになってしまう。

Aさんにはそんなことはない。

Bさんにはときどきそうなる。

Cさんには命令できる。

元彼にいいなりになってしまう関係は、すべての人間関係とつながっています。

命令できるCさんともつながっています。

よ~~~くよ~~~く見つめてみると、人を替えていいなりになったり、いいなりにさせていたりすることが見えてくるかもしれません。

家族や過去の人間関係までも拡大していくと、いいなりになったり、させたりしていることが見えてくるかもしれません。

嫌われるのが怖いのは?

元彼とのこんな関係改善する方法は、あなたの中にある、嫌われるのが怖いわけを丁寧に探ることです。

「え?嫌われるのが怖いのって当たり前じゃない??」と思った方はいらっしゃるかもしれません。

そうです^^誰だって嫌われるのはいやですし、怖いと感じます。

でもすべての女性が、このように彼と不健全な関係を創るわけではありません。

どうしようもなく怖いわけがあなたの中にあるんです。

あなたの潜在意識は、その怖さよりこの不健全な関係のほうがまし、と我慢しているんです。

彼に嫌われることがあなたにとって、とてつもなく大きな意味を持っているのです。

その意味をみつけ、解放していくことでその言いなりのループから抜け出せます。

癒されるまで繰り返される「いいなり」の関係

彼はあなたの深層心理を表しています、といいました。

もし彼との関係に終止符を打ち、新しい関係に進んだとしても、安定した恋愛関係を築くことが難しい可能性は高いです。

なぜなら、あなたの深い深層意識にあるその思いが癒されていないからです。

最初はラブラブで楽しくても、段々と歯車が狂ってくるようなことが起きてくるかもしれません。

あるいは、また同じようにいいなりになる状況に陥るかもしれません。

そうすると「あー、私ってやっぱり男運が悪い・・・」と、とてつもなく落ち込んでしまうかもしれません。

でもそれは、運が悪いわけでもなんでもなく、潜在意識の働きなのです。

潜在意識の勘違いを紐解く

このブログでも何度も言っていますが、潜在意識はあなたにいじわるをしたいわけではありません。

あなたのことを守っているからこそ、不健全な関係を繰り返してしまうような関係を創り上げてしまいます。

そうすることで潜在意識があなたにメッセージを発している状態なのです。

潜在意識の勘違いが起こっているのです。

私たちがすることは、潜在意識が握りしめている、彼との不健全な関係を創りだしている深い思い込みは手放すことなのです。

手放せば新しい思い込み(愛されていること)を潜在意識に刷り込むことが可能です。

誰にでもある愛される力

あなたはそのままで愛されている、そんな人生を創っていけたらすばらしいですよね^^

彼との関係を温かく愛あるものにしていけたらどんなに幸せでしょうか。

できないと思っていますか?

それが潜在意識の勘違いなのです。

あなたにはそれができる力があるのです。

それをほんのちょっとでも信じる気持ちになっていただけたらなと思います。

潜在意識から自愛を大きく育て、不倫恋愛、復縁、結婚できない、出会いがない、悪縁ばかり引き寄せてしまう、浮気や三角関係、DV、他人が怖い、男性恐怖症などの原因になっているトラウマなど、恋愛や結婚に関する悩みや、情緒不安定、自分に自信が持てないなど、、、潜在意識から原因を瞬時に解放できます。

復縁で大切なあなたの潜在意識の中にある怒りの解放方法

復縁で大事な怒りの解放方法

こんにちは^^中村まみ

前回、復縁で大切なことは自分の感情、特に怒りの感情をきちんと感じてあげることだと書きました。

 icon-external-link 怒りは復縁の大切なプロセス

今日は怒りの解放方法についてお伝えします。

私も怒りをため込んでいたタイプでした。

なので、以前にびっくりするぐらいものすごい怒りのエネルギーのすごさを感じたことがあります。

あれは本当に怒りがマックスまでいった時のことでした。

お腹がグルグルっとエネルギーが渦巻いたのをはっきりと感じたたんですね。

それを経験して「腹が立つ」という言葉通り、怒りってお腹の中なんだ・・・とちょっと感動していました。

怒りでペンが持てないほど体が震えていたのですが、それでも自分を俯瞰している自分がいて、ちょっと不思議な感覚でした。

怒りは自愛を増やす素敵な感情

自分の中の怒りが解放されると自愛が増えます。

きちんと怒りを感じてあげることは自分を愛することになるんです。

怒りを解放することで、自分の中の怒りが和らぎ自分を愛する、大切にするという感覚がつかめてきます。

怒りを解放する3つの方法

続けていくと、体の中に蓄積された怒りが解放され、少しずつ楽になっていくのを感じるはずです。

怒りの解放は、物にぶつけることから始めてください。

怒りはとても強いエネルギーなので、まずそのエネルギーを解放したほうがいいでしょう。

でも何でもかんでも物に当たっていたら、家の中がぐちゃぐちゃです。

物も壊れます^^;

なので、お勧めの方法を次にお伝えしますね。

分厚いクッションにぶつける

クッションを使った怒りの解放

とてつもなく激しい怒りのときはこの方法が一番です。

分厚いクッションに自分の思いのたけをおもっきりぶつけてみてください。

怒りを感じる場面を思い出し、そのクッションに怒りをぶつける。

パンチ!キック!!

パンチパンチ!!キックキック!!

ムニューっとつかんでパーーーーーーンチ!!!

元彼に対してでもいいですね。

「私を振るなんて最低!!パンチ!」とかね^^

紙に書いてみる

そこまでじゃない・・・・と感じられる方には、2つ目としてノートとボールペンを用意していただきたいなと思います。

書きなぐるためにです。

ペンの代わりにパソコンのキーボードを叩いて、書いていらっしゃる方もいました。

キーボード壊れてもいいぐらいに感情を感じながら行えたらいいですね^^

じっとその感覚に留まってみる

上記2つよりも怒りは小さいなというときにする方法です。

少し高度なので、私は「クッションボコボコ」や「紙に書きなぐる」がお勧めです。

ただただ、その怒りを体で感じてあげることです。

怒りを感じている時、身体のどこかで必ず何かを感じているはずなのですが、その体の感覚を感じてあげるのです。

喉が絞めつけられる感じかもしれません。

胸が抑えつけられるかんじかもしれません。

お腹が煮えくり返るかんじかもしれません。

身体のどこかで何かを感じているはずなので、その体の感覚を感じてあげるのです。

大切な2つのポイント

どの方法を採用しても、とってもとっても大切なポイントが2つあります。

その感情を感じながら行う

一つ目は、身体のどこかで何かを感じているはずなので、その体の感覚を感じてあげながら行ってください。

肩が重い感じかもしれません。

胸がムカムカする感じかもしれません。

背中がガチガチに固まっている感じかもしれません。

身体のどこかで何かを感じているはずなので、その体の感覚を感じながら行ってください。

頭に意識が持っていかれるとなかなか怒りが解放されないので、気をつけてくださいね。

罪悪感は感じなくていい

二つ目は、罪悪感は絶対に感じなくていいということです。

こんなに怒っている自分は醜い、ダメだ、愚かだ・・・etc

それは絶対に違うんですね。

その怒りはあなたの愛おしい大切にすべき部分なのです。

怒りは自愛が育つ種

最初はうまくできないかもしれません。

でも続けていくと、体の中に蓄積された怒りが解放され、少しずつ楽になっていくのを感じるはずです。

自分の中の怒りが解放されると自愛が増えます。

きちんと怒りを感じてあげることは自分を愛することになります。

怒りを解放することで、自分の中の怒りが和らぎ自分を愛する、大切にするという感覚がつかめてきます。

まずはやってみよう!

怒りの解放は自転車を乗る練習と同じです。

紙とペンがあるのならとにかくやってみるとよいですよ。

練習をしたから自転車に乗れるようになったように、まずはやってみることです。

そうすると、ちゃんと怒りを解放できるようになりますから。

潜在意識から自愛を大きく育て、不倫恋愛、復縁、結婚できない、出会いがない、悪縁ばかり引き寄せてしまう、浮気や三角関係、DV、他人が怖い、男性恐怖症などの原因になっているトラウマなど、恋愛や結婚に関する悩みや、情緒不安定、自分に自信が持てないなど、、、潜在意識から原因を瞬時に解放できます。

怒りは復縁の大切なプロセスの一つ

怒りは復縁の重要なプロセス

こんにちは^^中村です。

私たちは怒っている人は苦手ですよね?

なので、私たちは無意識の内に自分の怒りを感じることもためらってしまいます。

でも怒りは、復縁も含め日常生活を送る上で、本当に本当に大事な感情なのです。

これを読んでいただくことで、怒りを大切にして行って頂きたいなと感じています。

怒りは復縁の大切なプロセス

復縁でとても大切なものは、あなたの中にあるいろいろな感情を感じることです。

その中でも特に大切なのが「怒り」です。

どうして?と不思議に思おうかもしれません。

それは他者=自分という潜在意識の観点から紐解くとすごくわかってきますので、読み進めて頂ければなと思います。

怒りをもっと身近に大切に感じていただくことで、復縁のプロセスが上手くいく流れができます。

怒りは自分の価値観の象徴

私たちが怒りを感じるのは、自分の信念、価値観と呼ばれる大切な何かを否定されたからです。

つまりそれはあなたにってはとても大切なものなのです。

怒りの否定は自己否定

価値観を否定されて怒りを感じているのに「怒りを感じてはいけない」と思うのは、自分自身の否定です。

自分自身が自分が大切にしている価値観を否定しているのと同じことになります。

それは、自分の価値観を無価値だと思っていることになります。

少なくとも、潜在意識は自分の価値観を無価値だと認識してしまいます。

そうすると、自分の心の中は自分への無価値感でいっぱいになっていくんですね。

自己否定は彼への否定

自分で自分のことを無価値だと認定しているのに、他者は価値のある人として扱ってはくれません。

これは潜在意識は一人称の法則を使ってみるとよく分かりますよね。

潜在意識では「他人=自分」ですから。

そしてそれは「彼=自分」ということでもあります。

つまり、自己否定をするということは、彼を否定しているということでもあります。

彼への否定は復縁への否定

彼を否定しているのに、復縁の可能性は出てくるでしょうか?

彼を否定しているのに、彼への愛を注ぐことはできるでしょうか?

自己否定は彼への否定、彼と復縁をしたくないといっているのと同じようなものなのです。

手放していい信念

もちろん、自分自身が持っているものの中で、手放していい信念、価値観はあります。

自分の人生が楽しくないような信念や価値観なら手放して、新しい信念や価値観を取り込むことはおすすめです。

ただどんな価値観でもまずは尊重するべきなのです。

否定(抑圧)するのは、手放すのとは真逆の行為なのです。

抑圧は見なかったことにしよう、見ないでおこうとする、いわゆる「無視状態」。

手放すのは、認めて愛してあげる行為です。

復縁のプロセスに欠かせない怒り

復縁でとても大切なものは、あなたの中にあるいろいろな感情を感じることです。

その中でも特に大切なのが「怒り」です。

怒りをもっと身近に大切に感じていただくことで、復縁のプロセスが上手くいく流れができます。

まずは感じることから

怒りがとても大切で愛すべき存在だということがわかったら、まずは感じてあげましょう。

無条件に感じてあげてください。

怒りは恥ずかしいことでもなんでもなく、大切なあなたの一部なのです。

ちょっと補足

ただ怒りはものすごく大きなエネルギーです。

ですので、いままでの否定(抑圧)が大きければ大きいほど、そのエネルギーは巨大で、荒れ狂う嵐のようなものです。

なので、どうして解放していいのか分からないと思います。

そこで次回は icon-external-link 復縁で大切なあなたの中の怒りの解放方法についてお伝えしたいなと思います。

潜在意識から自愛を大きく育て、不倫恋愛、復縁、結婚できない、出会いがない、悪縁ばかり引き寄せてしまう、浮気や三角関係、DV、他人が怖い、男性恐怖症などの原因になっているトラウマなど、恋愛や結婚に関する悩みや、情緒不安定、自分に自信が持てないなど、、、潜在意識から原因を瞬時に解放できます。

復縁がうまくいくコツは復縁のその先を育てること

復縁は彼との安心感という絆を取り戻すこと

こんにちは^^中村です。

復縁をしても同じことを繰り返すなら、その度に心は傷つきます。

繰り返せば繰り返すほど、その傷は深く大きくなります。

あなたは彼ともう一度一緒にいたいから、復縁を望んでいらっしゃるはずです。

であれば、彼との絆をしっかりと創ることこそ、大切にしていかなくてはいけない最重要事項だと思いませんか?

復縁がうまくいくコツはそこにあります。

彼との絆をつくるとは?

潜在意識の一人称の法則を思い出してみて下さい。

「彼との絆をしっかり創る」の「彼」は「自分」に変換できますね。

ということは、

「自分との絆をしっかりと創る」

ということになります。

これが潜在意識からのメッセージです。

なので、自分自身との絆づくりを始めていってください。

「自分自身との絆づくりをし始める」ということは「彼自身との絆づくりをし始める」となりますね。

ここに気づいて下さいね。

自分自身との絆とは自愛のこと

「自分自身との絆づくりをし始める」は「彼自身との絆づくりをし始める」となります。

なので、あなたは安心して自分自身を大切にしていけば大丈夫です。

自分自身との絆は「自愛」以外にありません。

自分の感じること、自分の考えていること、それが醜いものであろうがなかろうが、全部が自分でそれでいいのだと、マルッと受け入れることです。

嫉妬が出てきたときは?

なので、もしも嫉妬がムクムクとでてきたらこう言ってあげてください。

「そこにいていいんだよ」と。

不安が出てきたときは?

もしも不安がムクムクとでてきたらこう言ってあげてください。

「不安なんだね、大丈夫だよ、そこにいていいんだよ」と。

怒りが出てきたときは?

もしも怒りがムクムクとでてきたらこう言ってあげてください。

「そうだよね、嫌だよね、悔しいよね、、、あなたの心ちゃんと受け止めているからね」と。

あなたが自分自身の心をそうやって受け止めていくうちに、あなたの心は育っていきます。

絆を取り戻す過程にある復縁

嫉妬する自分、不安になる自分、怒っている自分、、、

全部が自分でそれでいいのだと、マルッと受け入れること、それは自分自身との絆を取り戻していく過程です。

自分を愛する過程です。

ゴールにしてはいけない復縁

復縁してもいつもいつも不安だったら意味がないかなと思います。

復縁しても喧嘩ばかりだったらなんのための復縁でしょうか?

復縁したいのは、彼と幸せになりたいからですよね?

「復縁したら何とかなるかも?!」というのは、あなたを騙そうとしているエゴの意識です。

真実は「なんともなりません!」「余計にこんがらがってゴチャゴチャします!!」

この真実を目をそむけずにみてみてください。

復縁が上手くいくコツは、復縁を目指すのではありません。

復縁した先の状態である、彼(自分)との絆づくりを潜在意識としていくことが大切なのです。

潜在意識から自愛を大きく育て、不倫恋愛、復縁、結婚できない、出会いがない、悪縁ばかり引き寄せてしまう、浮気や三角関係、DV、他人が怖い、男性恐怖症などの原因になっているトラウマなど、恋愛や結婚に関する悩みや、情緒不安定、自分に自信が持てないなど、、、潜在意識から原因を瞬時に解放できます。