復縁と潜在意識

復縁したいけど〇〇が不安、、、1

復縁希望の彼の行動が不安

こんにちは^^中村まみです。

復縁希望の方で、復縁したいけど色々なことが不安と感じていらっしゃる方が多いなと思います。

例えば

・デートを結構ドタキャンされてとても辛かった

・女癖が悪いから復縁してもまた浮気されるんじゃないかと思う

・お金にだらしがないから不安

・復縁したい彼は喫煙者、私はたばこが大嫌いだからどうしよう、、、

こういう、復縁したいけど彼の行動や習慣に心配なことがある、考えると不安になるから復縁を望んでいても躊躇する気持ちもあるというときはどうしたらいいのでしょうか??

復縁する上での彼の行動や習慣への不安があるときは?

例えば

女癖の悪さ・・・

お金のだらしなさ・・・

喫煙されることが苦手・・・

などです。

こんな自分ではどうすることもできないように思えることも、実はあなたの思い込みをはずせば大丈夫になるケースがほとんどなのです。

ドタキャンされるのも思い込みをはずすといいってこと??

女癖が自分の思い込みとどう関係しているの??

と思われるかもしれませんが、潜在意識のパワーは私たちの想像をはるかに超えているのです^^

なので、復縁したいけど彼の行動や習慣に心配なことがある、考えると不安になるから復縁を望んでいても躊躇する気持ちがあるからどうしようと悩む必要はありませんよ。

復縁したい彼の行動や習慣に対する不安を解消する3つの重要なこと

第一に自分の反応を知ることが大事

さて具体的にどういうことかというと

まず「デートを結構ドタキャンされてとても辛かった」ことについてですが

ドタキャンされてるというのは嫌なことですが、人によって反応もそれぞれなんです。

「もう何もかもやる気をなくすほど辛い」

という人もいれば

「ひどく怒りがこみあげてくる」

という人もいます。

「そっかぁ仕方がないから、友達と遊ぼ」

と自然と前向きに考える人もいるし

「じゃぁショッピングにでも行こうかな」

という人もいます。

どちらが楽にお付き合いしているのかというと、「そっかぁ仕方がないから、友達と遊ぼ」「じゃぁショッピングにでも行こうかな」という後者のほうですね。

余談ですが、この後者の考えをする人のほとんどの彼はあまりドタキャンしません。

ドタキャン頻度が多いのは「もう何もかもやる気をなくすほど辛い」「ひどく怒りがこみあげてくる」などと思ってしまう前者の方の彼なんです。

人それぞれに反応が随分違うのは、潜在意識の中にある思い込みが関係しています。

なんで私はこういう反応をしてしまうんだろう?と立ち止まってみる

「もう何もかもやる気をなくすほど辛い」「ひどく怒りがこみあげてくる」というのは、傷つき方が大きいですよね。

傷つき方が大きいと言いうのは、心の中の潜在意識の傷が大きいことなんです。

それに「もう何もかもやる気をなくすほど辛い」などは恋愛依存にもつながっている可能性も高いですし、「ひどく怒りが込み上げてくる」というのも、彼の言動に振り回されているということもいえます。

彼の言動を振り回されてしまいがちになっている状態というのは、自分のことを大事にしていない状態ですから、彼も無意識のうちにあなたをふりまわすような言動をしてしまいがちになるのです。

なので、結構な頻度で彼はドタキャンをしてしまうのです。

そんな状態で復縁しても不安ですよね?

どうしても仕方がなくてドタキャンしても、彼がその後、きちんとフォローしてくれて、お花をプレゼントしたり、素敵なところに食事につれていってくれたり、とってもやさしくしてくれるのなら、「まっいいかな(・∀・A・)」なんて思うかもしれませんよね。

それは「もう何もかもやる気をなくすほど辛い」「ひどく怒りがこみあげてくる」という心の状態では難しいです。

復縁をすることに対して不安なのは、自分の潜在意識の中にある心の傷が刺激されることを潜在意識が知っているからです。

自分の反応癖の元になっている潜在意識の心の傷を解放する

先ずは自分の反応は自分独自のものだと、客観的にみれるようになると、それだけで解放は進みます。

セッションでは心の傷の解放は icon-external-link EFTという感情解放メソッドを使いますが、下記のようなものでも感情を解放することはできます。

最初はうまくいかないかもしれませんが、根気よく練習していくと上手くできるようになりますよ^^

復縁する上での彼の行動や習慣への不安は解消できる

女癖の悪さ・・・

お金のだらしなさ・・・

喫煙されることが苦手・・・

こんなふうに、復縁したいけど彼の行動や習慣に心配なことがある、考えると不安になることに対しては、あなたの思い込みをはずせば大丈夫になるケースがほとんどなので、復縁を望むのを躊躇する必要はありません。

不安が無い状態で復縁を望むと復縁の可能性は200%開ける

復縁をすることに対して不安を感じると、「復縁を望んでいるという意識」と「復縁することを怖がっているという意識」が対立して、望む方向にいけません。

アクセルとブレーキを同時に踏んでいる状態です。

そんな状態では目的地につけませんよね。

アクセルとブレーキを同時に踏んでいる状態を解消したらちゃんと目的地に着けるのです。

まずは反応癖は自分固有のものだと知ること

小さなステップとしてまずは自分の反応癖が、自分の潜在意識の中にある心の傷が刺激されることで起こっているということを意識することです。

彼にドタキャンされたという同じ出来事でも、誰もが自分と同じ反応をするわけではないということをしっかりと理解するということがまずは大切なのです。

あなたの復縁を応援しています。

次回は「女癖がわるいから復縁してもまた浮気されるんじゃないかという不安がある場合はどうしたらいいの?」についてお伝えします^^

復縁に必要な執着がなくなった状態って一体どんな状態?

執着を手放した状態

こんにちは^^中村まみです。

潜在意識で復縁を願っている方にとって、執着をなくすというのは一つの課題だと思いますが、執着がなくなっている状態って一体どんな状態なのかがわからないと言われたことがあります。

なので今日は執着がなくなった状態の目安みたいなものと執着とはこういうものだということについて書かせていただこうかなと思うのですが、あくまでも目安ですので、これに固執しないでくださいね。(そこに固執してしまうとまさしく執着になるパラドックスが起こります^^)

ただこれを読んでいただけると、執着が解放されている状態を確認でき、復縁に向けて前向きになれるかなと思います。

心が健康じゃないこと

執着が強い状態というの心が健康でない状態なのです。

ということは、心を健康な状態にしていけば、執着という状態から解放されるということなんですね。

一番大切なポイント

一番大切なポイントはこのただ一つだと思います。

「彼の言動についてそれもありかなって思える」

こんな心境かなと。

これを具体的に言うと

「彼から返信がなくてもそれもありかなと思える」

「彼の笑顔が純粋に見たいな」

「最近は、彼のことを思い出したのは夜寝る前だった」

こういう心境が増えてくると執着が随分解放されている状態かなと言えます。

執着は彼との一体化

執着しているときって、彼の言動一つ一つに傷ついたり振り回されている状態なんですね。

それは彼と一体化しているみたいなものなのですが、この一体化が人の心の在り方として健全ではないということなんです。

どうして健全ではないのでしょうか?

それは彼の人生とあなたの人生は別のものだからです。

彼には彼の喜びがあり、あなたにはあなたの喜びがあります。

もちろん二人の共通の喜びもあるわけですが、それがダメだということではありません。

あなたの心はあなただけのものなのに、彼にすんごく影響されているというのは、心の状態として健康でないということを感じることができるでしょうか?

私たちは他の人の影響を受けて生きていますが、自分の喜びよりも彼のことで頭が一杯になるのは、不健康な状態なのですね。

自分の幸せを諦めている

「彼がいてくれたら幸せ」

というのは、自分の幸せは誰か次第だというのは、自分で幸せになることを諦めているのと同じなんですね。

それは健康な心の状態とは言えませんよね。

心が不健康な状態で、彼と素敵な関係を築くことは難しいのはわかると思います。

なので、執着って心が不健康な状態といえるかなと思います。

執着を愛だと思うのは完全な錯覚

あなたは

「彼を愛しているから」

「復縁したいから」

執着があるのは当然と感じていらっしゃるかもしれませんが、それは完全に脳が錯覚している状態です。

執着と愛は似て非なるものです。

全く違う性質のものです。

私たちの心は不健康がデフォルトかも?

色々な方をセッションさせて頂いて、執着と彼を愛しているというの完全に脳が錯覚している方がほとんどです。

この心の健康が損なわれている状態から、健全な状態に持っていったとき、執着というのはだいぶ薄まっているのですが、執着のない状態を経験したことがなかったら、一体どんなのかが執着がない状態かわからないと思ってしまうのも、自然かもしれません。

それぐらい私たちの心の状態というのは、不健康がデフォルトになっているのかもしれません。

心の健康は取り戻せる

怪我をしても傷が治るように、適切な処置をすれば人は病気や怪我から回復していきます。

心はみえませんが、同じように心の健康は取り戻せます。

執着が強い状態というのただ心が健康でない状態なのです。

あなたの心は「愛」がベースですが、心の状態が健康でないがためにわからなくなっているだけなのです。

ちゃんと健康になることはできます^^

自分への愛は彼への愛

復縁に不可欠なのは、執着ではなく、彼への愛です。

それは潜在意識の一人称の法則でいうと、

自分への愛

になりますね。

これは

自分自身への愛がきちんと確立していくと、彼への執着も解放される

そんな意味でもあります。

自己愛(自愛)が大切なのは、心を本来の在り方(健康な状態)にもっていくのにも必要だからなのですね。

■彼と復縁したいのに!~愛と憎しみは同時に発生する

こんにちは^^中村まみです。

彼と復縁したい!

彼のことが大好き!

でも同時に、怒りや憎しみも沸いてくる!!

この矛盾しているような心の状態ってとってもしんどいと思います。

でもこの心の状態は自然なことなので、そういう心の状態は悪いことではありません。

というか、心の状態に良いも悪いもないです。

ですので、怒りや憎しみがあると潜在意識に悪い影響があるからやめなくちゃ!!!と思う必要は全くないのです。

愛しているという気持ちも、怒りや憎しみという気持ちもあなたのなかの真実です。

そしてその真実に優劣はありません。

でも苦しいですよね?しんどいですよね?

怒りや憎しみの正体は、あなたの心の傷です。

彼のことは確かに愛しているのだと思いますが、だからといって、あなたの心が傷ついているかどうかとはまた違う次元なのです。

あなたは傷ついている、そんな当たり前の事実がある、それだけのことです。

なので、その傷に寄り添ってあげてください。

彼のことが大好きだという気持ちとは別に、あなたの心の傷にもちゃんと寄り添ってあげるということが自分を愛することにつながります。

それは潜在意識があなたを応援してくれる過程でもあるんですよ。

怒りや憎しみをきちんと受け止める(癒す)ことは潜在意識に悪影響ではなく、好影響なのです。

怒りがあるのなら、吐き出してください。

いろいろな方法がありますが、セルフワークでするのなら、

・紙に書きなぐる

・クッションをボコボコなぐる

などがおすすめです。

イメージの中で、彼に対して怒りをぶつけるのも有効な方法です。

でも一つだけ注意をしないといけないのは、友達に愚痴ったりすることです。

友達に愚痴ったりしても怒りや憎しみはおさまりません。

これは紙に書きなぐるやクッションをボコボコにする、あるいはイメージの中で彼に対して怒りをぶつけるという行為は、自分と向き合う行為につながっているのですが、友達に愚痴るというのは、自分に向き合うという行為と正反対の行為なんです。

なので、友達に愚痴ってばかりいたら、どんどん状況が悪化する可能性があるのでやめましょう。

心の傷をきちんと癒すことが一番大事です。

それが出来るようになったら、潜在意識のメッセージも聴いてみましょう。

書きなぐったノートに

「どうして○○は私の気持ち分かってくれないの!!○○なんて死ね!」

「私は○○のこと愛しているのに、○○はもう私のこと愛してくれないの???」

という文章があったのなら、潜在意識は一人称の法則を使ってそれをみてみましょう。

「どうして私は私の気持ちを分かってくれないの!!私死ね!」

「私は私のことを愛しているのに、私はもう私のこと愛してくれないの???」

ということになりますね。

なので

自分の気持ち分かってあげましょう。

死ね!!と自分をいじめていることに気がついてみましょう。

潜在意識が愛してくれないの???とあなたに訴えかけていることに気がつきましょう。

あなたはあなた自身を愛していることに気がついてあげましょう(今は気がついていない状態ですよ)

憎しみや怒りは大切な彼と自分への愛の表現です。

復縁をしたいならなおさら、その憎しみや怒りを大切にしてくださいね。

あなたの復縁を心から応援しています♪


 icon-angle-double-right *音声付*幸せな復縁をした人だけが知っている無料オンライン講座はこちらです

↓↓オンライン講座のテキストサンプル及び音声サンプルをご覧になりたい方はこちらです↓↓

テキストサンプル

音声サンプル(約5分半)

 icon-angle-double-right セッションについてはこちらからです

 icon-angle-double-right お問い合わせはこちらです


■友達の結婚に強烈な嫉妬をしてしまいます

こんにちは^^中村まみです。

復縁を願っている最中に友達に恋人ができたり、結婚したりすると嫉妬を覚えるのは自然かなと思います。

もしそんな友達に心からのお祝いができている自分だったら、復縁を願うという状況にはならないと思います。

仮に復縁を願う状況になったとしても、潜在意識で復縁を頑張っていないはずです^^

なので、嫉妬するのはいけないことだということは思わないでOKなのです。

それで潜在意識が良くない方向に動くということでもないのです。

逆に

「何て自分は嫌な奴なんだ・・・」

というふうに自分を罰したり

「人を妬むなんてことをしちゃいけない」

とジャッジしてみたりと、むしろその嫉妬心を抑えていると、良くない方向に行く可能性は高くなります。

ただ強烈な嫉妬は苦しいと思います。

そしてその苦しさは潜在意識のメッセージなので、聴いてあげることをお勧めします。

そのメッセージを聴くまでは、本当の意味で嫉妬心がなくなることはありませんので

もしも

「嫉妬する自分も受け入れているの~~~~」

「だから大丈夫なの~~~♪」

という気持ちでいるのなら、それは「何て自分は嫌な奴なんだ・・・」と自分を罰したり、「人を妬むなんてことをしちゃいけない」とジャッジしてみたりといった、先ほど申し上げた抑圧をしているのと、全く同じことが心の中で起こっているので、良くない方向に行く可能性は高くなります。

例えば

嫉妬している気持ちをよーーーーくよーーーーーく感じてあげる(メッセージを聴いてあげる)と、寂しいという気持ちが出てくるかもしれません。

そしたらその寂しさを今度はよーーーーくよーーーーく感じてあげるのです。

そうしてどんどんどんどん潜在意識に入っていくと、嫉妬の元になっている“もの”が潜在意識から浮かび上がってきます。

それは人によって様々ですので確実なことはいえませんが

「お母さんに無視された」記憶かもしれません。

「友達にいじめられた」記憶かもしれません。

「赤ちゃんのときに泣いていたのにかまってくれなかった寂しさ」かもしれません。

「私は愛されない」という思いかもしれません。

「私は存在してはいけない」という思いかもしれません。

「守ってもらえない」という思いかもしれません。

出来事(今の場合は友人の結婚式)から起こる感情は、思いもよらないところが発信源になっている可能性はとてもとても大きいのです。

この発信源をちゃんと聴くことが、潜在意識で自分を愛するということなのです。

嫉妬をしてしまう発信源が癒されると、ちゃんと素直に友達の結婚をお祝いできるようになるから不思議です^^

友達の結婚を素直にお祝いできないのは、あなたの性格が悪いわけではないですし、潜在意識も悪くないのです。

ただあなたの潜在意識の中にある心の傷が嫉妬を引き起こしている、ということなのです。

あなたに潜在意識にある発信源になっている心の傷に気づいてもらいたくて。

嫉妬にはあなたにとってちゃんとちゃんと正当な理由がある、そういうことなのです。

その理由をきちんと理解してあげることが自分を愛することになります。

あなたの復縁が幸せなものになりますように icon-heart-o  icon-heart-o  icon-heart-o 


 icon-angle-double-right *音声付*幸せな復縁をした人だけが知っている無料オンライン講座はこちらです

↓↓オンライン講座のテキストサンプル及び音声サンプルをご覧になりたい方はこちらです↓↓

テキストサンプル

音声サンプル(約5分半)

 icon-angle-double-right セッションについてはこちらからです

 icon-angle-double-right お問い合わせはこちらです


■アファメーションをしているときに潜在意識で起こっている本当のこととは?

こんにちは^^中村まみです。

復縁がしたくてアファメーションを一生懸命しているとき、もしアファメーションが逆の効果、つまり、彼がもっと離れていくことをしているとしたらどうでしょう?

あなたは本当に正しくアファメーションをしているのでしょうか??

私たちはほぼ100%、自分を責める癖をもっています。

「なんであんなことしちゃったんだろう、、、(´`)」という思いを抱いたことがない方はいらっしゃらないと思います。

この「なんであんなことしちゃったんだろう、、、(´`)」は意識することなく湧き起ってくる思いですよね?

それと同じように私たちは普段全然気づいていなくても自分責めをしているのです。(いや~ん真性のMかしら(*´ο`*)、、、というのは冗談です^^;)

でも真面目に言いますが、私たちは本当に自分を責めることを無意識でいつもいつもしています。

それって結局、潜在意識の一人称の法則に当てはめると、「彼と責めていること」にもつながりますし、「誰かを責めていること」にもつながります。

そしてその責めている状態を受け取るのは自分自身なのです。

どういうことかというと、

誰かに責められているような気持ちになる

とか

実際に文句やクレームが多い状況に陥る

とか

理不尽なことが多いなと感じる

などといった現象を自分自身がすごく感じてしまうんですね。

話を戻しますね。

アファメーションをしている時、無意識で彼を責めていることが多いのです。

自分としては全くそんな気がさらさらなくても、です。

潜在意識の深い部分に行けばいくほど、普段の生活でまったく潜在意識の思いを聴くことはできなくなります。

そして潜在意識の深い部分であればあるほど、復縁の鍵をにぎっているのです。

アファメーションをされていらっしゃる方は、もう一度、よーくよーくよーーーーーく、どんな気持ちでアファメーションをしているのかどうかを感じてみてください。

そしてもし「早く復縁したい!!」や「彼の怒りが亡くなりますように!」という期待があるのなら、アファメーションが逆効果に働く可能性があるでしょう。

アファメーションの難しいところは「期待せずに行う」ということだと思います。

「期待」は「コントロール」につながりやすくなりますし、「コントロール」は「攻撃」につながりやすくなりますから。

「アファメーションをしなければ復縁できない!!」

と思っていらっしゃるのならそれは間違いです。

少し乱暴な言い方になりますが、

「復縁できても出来なくても私は愛されている」

と自然に思えることができれば、潜在意識はベストな状態にあなたを導いてくれます。

もう一度復縁をしたい理由を振り返ってみてください。

「幸せになりたいからですよね?」

彼が暴力的で一緒にいるといつもみじめな思いばかりする人だったら復縁なんて望まないはずです。

「幸せになりたい」

それは人間の在り方として自然なことですから、潜在意識はちゃんとあなたを「幸せ」に導いてくれますよ。

あなたが幸せな復縁ができるように応援しています♪


 icon-angle-double-right *音声付*幸せな復縁をした人だけが知っている無料オンライン講座はこちらです

↓↓オンライン講座のテキストサンプル及び音声サンプルをご覧になりたい方はこちらです↓↓

テキストサンプル

音声サンプル(約5分半)

 icon-angle-double-right セッションについてはこちらからです

 icon-angle-double-right お問い合わせはこちらです