復縁という事態にならないために重い女を止めると決めたのに

  • 2016-12-20
  • 2020-06-05
  • 復縁

愛されているあなたへ

こんにちは^^中村まみです。

復縁という事態を招かないためにもう重い女はやめよう!

自分がされて嫌なことはやめよう!

彼が嫌がっているのに嫌なことをするのは愛ではないわ!

こんなこと繰り返していたら、本当に取り返しがつかなくなる!!

そう思って決意してもそれがグラグラっと揺らいで後悔する、そんな恋愛を繰り返してしまうことを止めることはできますよ。

だから諦めないで下さいね。

気持と行動が一致しないのは?

誰も彼に嫌なことはしたくないはずなのです。

彼と幸せに一緒にいたいはずなんですよね。

でもなぜかグラグラとして、嫉妬や疑いの気持ちがムクムクとでてきて、彼を束縛してします。

気をつけていても何度もやってしまう、、、。

気持ちが抑えられない、、、。

不安に負けてしまう、、、。

・・・

・・・

・・・

思いと行動が一致しないのは、ちゃんと理由があります。

自分を愛せていないことが原因

人は自分を愛する以上に人を愛せない。

この言葉が真実をついています。

思いと行動が一致しないのは、自分のことを愛することが出来なくなっているからなんです。

彼を束縛するのは不安からきているのですが、自分自身を信用していないからです。

彼を責めてしまうのは、自分の不安を抑えられないからです。

すべて自分の心(潜在意識)から発生しているんです。

これが、彼が嫌がることを止めようとしても、止めれない原因なのです。

自分を愛すれば止めることができる

何度も何度も言うのですが、自分を愛することから出発しないと復縁というのは難しいです。

自分を愛していない状態で、嫌がることを止めようと思っても逆効果になります。

自分を愛してないという前提でみている世界がますますあなたの言動を強化させるのです。

もっともっと不安や悲しみなどのネガティブなことが多くなっていきます。

すると、ますます不安になり、彼をより束縛したり、責めたりと負のループに入ってしまうのです。

前提が自分を愛していないからです。

だからまずはこの前提を変えなくてはなかなか良い方向に進むことは少ないです。

根っこが変化していないのでいくら他を変えても変化はしずらいのです。

根っこが変化していないと、ポジティブにがんばっても元に戻りやすいというのは、なんとなく分かると思います。

自分に愛を与えたときの驚きの真実とは?

自分に愛を与えたとき、驚くべき気づきを得ると思います。

それは、彼の嫌がることをすることが彼への愛だと、潜在意識が錯覚していたことに気づくことです。

潜在意識の錯覚を体感として感じます。

私たちは、頭では嫌なことを止めようと思っています。

けれども潜在意識の世界では「彼の嫌がることは愛」だと錯覚を起こしているのです。

そうすると、いくら頭で止めようと思っていても、止められません。

潜在意識は95%、顕在意識は5%なので、顕在意識の意志の力では止めることはできないのです。

重い女を止める必要はない

あなたは重い女はやめる必要はありません。

重い女をやめなくても、今よりも少しだけでもあなた自身を愛することができれば、重い女のあなたはいなくなります。

頭で「えい!」と頑張らなくても、あなたがあなた自身を愛することをしていけば、自然と重い女は卒業できます。

まずは自分なのです。

この原点に還ってきてください。

元彼に愛されること、愛すること、すべては自分からスタートです。

あなたが元彼と復縁することを応援しています♪

本日もあなたにとって素敵な日となりますように☆.。.:*・゜

>*動画で学ぶ*愛する彼と幸せな復縁をした人だけが知っている無料講座

*動画で学ぶ*愛する彼と幸せな復縁をした人だけが知っている無料講座

「大丈夫、あなたも復縁できるようになります。」
今、彼を失ったあなたは、辛くて悲しくてやり場がない苦しさの中にいると思います。
でも大丈夫、あなたがその苦しみから解放される方法があるんです。
そのことを全3回の動画レッスンで学んでみませんか?
第1回の動画を公開しておりますので、ご覧いただきご登録をご検討いただけます。
あなたが愛する彼と再び結ばれるようにやさしく力強い変化を起こすことができる講座です。

CTR IMG