みんな忘れている自愛の基本の「き」

愛ある素敵なあなたへ

こんにちは^^中村まみです。

自愛ってどうしたらいいの?」

「よく分からない、難しい、、、。」

私もそんな思いに何度もなり、自分には出来なんだと思ったこともあります。

なので、そう感じてしまうあなたのお気持ちがとてもよく分かります。

でもね、自愛をする上ですごく基本的でとても大切なことを忘れてしまっているかもしれません。

それは・・・?

練習!練習!!練習!!!

自愛には練習が必要!

一に練習、二に練習、三四がなくて五に練習です!

と、そこまでストイックにならなくてもいいですが、練習は必要です(^~^;)

自愛は習得していくものだからです。

「よく分からないけれどやってみる」ということをせずに、自愛は習得できないんです。

「失敗する」という経験をせずに、自愛は習得できないんです。

あなたは自転車に乗った時、練習をしたと思います。

見よう見まねで、サドルにまたがりペダルをこいだと思います。

転びそうになると足をついて大勢を整え、またペダルをこぎ始めたりしたと思います。

同じように自愛にも練習が必要なんです。

そして自愛は感覚で掴み取るしかないんです。

自愛は才能だけど、、、

確かに自愛は全ての人が持っている才能です。

でも才能って磨かないと使われずに終わります。

野球のイチロー選手の能力は才能ですが、彼は練習をしなかったのでしょうか。

めちゃくちゃしましたよね。

練習をしなかったら、野球界にイチロー選手は誕生していないと思います。

将棋界の天才、藤井聡太棋士はどうでしょう?

失敗を重ねながら試行錯誤をしているからこその強さだと思います。

自愛は自分らしい人生を歩く上で爆発的な後押しをしてくれるものです。

しかもそれは世界中の人が持っており、持っていない人はいません。

彼らのようにものすごい練習量はいりませんが、試行錯誤は必要な練習です。

教えてもらって、「はい!すぐできました!!」とはなりません。

出し惜しみと自愛

私たちが自愛をしようとしない大きな原因の一つに、「出し惜しみする社会の傾向」があります。

この社会はエゴ中心なので、親切、愛などを出し惜しみするようになってきます。

親切や愛などを差し出すと、すごい勢いで奪われてしまい疲弊するので、聖人君子じゃない限りおいそれとは差し出せません。

潜在意識にこの癖が染みついてしまっているので、自分への愛にも出し惜しみしてしまいがちになるのです。

でも自分への愛はどんなに差し出しても誰かに奪われませんよ。

だから自愛についてはその癖を直しておきましょう。

自分の仕事を他者に投げない

自分を愛することは自分の『仕事』です。

他者に投げてはいけないのですが、みんな他者に投げています。

「彼がメールの返信をくれない。」

「こんなに一生懸命頑張っているのに、、、。」

「どうして私を理解してくれないの。」

「何であの人はこうなんだろう、、、。」etc

自分が相手を通して満たされたいという欲望(寂しさ、孤独感 etc)のぶつけ合いをあなたからまず止める勇気をもってみませんか?

彼は「私」の欲望を満たす道具ではないですね。

まとめ

私は自愛を今でも練習しています。

未だに上手く出来ずにかなり痛い目にあうこともあります。

でもこれは一生やるべき私の一番重要な仕事だと思っていますので、失敗を分析し、試行錯誤して積み重ねていきたいと思います。

1.自愛は身体で覚える、感覚で掴み取るもの

2.自愛は練習が必要

3.自分を愛することは自分の『仕事』

こちらでは自愛の本質を体感することができます。

本日もあなたにとって素敵な日となりますように☆.。.:*・゜

>*動画で学ぶ*愛する彼と幸せな復縁をした人だけが知っている無料講座

*動画で学ぶ*愛する彼と幸せな復縁をした人だけが知っている無料講座

「大丈夫、あなたも復縁できるようになります。」
今、彼を失ったあなたは、辛くて悲しくてやり場がない苦しさの中にいると思います。
でも大丈夫、あなたがその苦しみから解放される方法があるんです。
そのことを全3回の動画レッスンで学んでみませんか?
第1回の動画を公開しておりますので、ご覧いただきご登録をご検討いただけます。
あなたが愛する彼と再び結ばれるようにやさしく力強い変化を起こすことができる講座です。

CTR IMG