重い女を卒業して復縁したいときは?

  • 2016-03-05
  • 2020-06-03
  • 復縁

どんなことがあっても愛されているあなたへ

こんにちは^^中村まみです。

彼のことが好きすぎて、重い女なってしまうというは、ご本人が一番辛いと感じていると思います。

こういう状態の時は、彼との喧嘩も多くなりがちですし、復縁が難しいです。

よく言われる対処法は、趣味をみつける、彼のことを思いやるといったことですが、それが出来ない方は多いです。

どうしてそのようなことが起こるのでしょうか?

これは心の飢えと関係しています。

心の飢えとは心の傷のこと。

「愛してほしい!!」「愛されたい!!」という気持ちがとっても強くて、趣味なんかではその気持ちが満たせないのです。

そして飢えたように「(彼の)愛」を求めてしまいます。

そんな状態のときは、一生懸命趣味を見つけようと思っても、虚無感だけが大きくなってしまうかもしれません。

なぜなら、自分の痛みを拒絶しようとしているから。

もちろん、趣味に没頭することで、心の傷が少しずつ癒えることもあります。

けれども、気持ちがしんどいだけで改善しないなら、その痛みに向き合うことで、重い女からちゃんと卒業できますよ。

重い女とは自分の心を制御できなくなっていること

私たちの心は自分の傷は自分で癒せる能力があります。

でも、寂しい気持ちを生み出している思い込みが強いと、自分の心を制御できなくなることもあります。

感情のコントロールがきかないのは、潜在意識にある思い込みが大きすぎるため起こります。

思い込みが大きすぎて、自分ではどうすることもできなくなっているのです。

潜在意識は私たちの意識の95%~97%を握っていますので、顕在意識でいくらコントロールしようとしても難しいのです。

彼以外は手につかない状態

潜在意識の中の寂しい気持ちが大きすぎて、彼にその心の傷を投影させている場合、すごく執着してしまいます。

彼以外は手につかなくなるのです。

痛みが強いときは、自分の痛みの強さが大きいので、人のことを思いやる余裕もありません。

当然、彼に対してもです。

なので、彼が嫌だと感じることが態度に出てしまうのです。

そうして、二人の歯車がどんどんとずれます。

それが「別れ」という方向に進んでいくのです。

自分を愛せないと彼を愛することはできない

心の仕組みとして、自分のことを愛することができないとき、他人に対しても思いやることができない、という事実があります。

思いやっているようでも、相手からしたら全然なっていないようにみえます。

そして、相手から受ける愛情も「たったこれっぽっち?」と思ってしまうので、愛されていないように感じるのです。

彼にのめりこんでいるときそこに愛はない

彼にのめりこむのは、自分の心の傷を彼に癒してもらおうと必死になっているとも言えるでしょう。

でも彼だって、与えても与えても愛が溢れている人間ではないです。

お互いに愛を循環させなければ、その関係が長く続かないのは、なんとなくわかりますよね。

彼も一人のごくごく普通の人間ですから、愛情だってほしいです。

自分だけ愛がほしいというのは、おもちゃを買ってくれなくてダダをこねている子どもと同じなのです。

自分と彼との幸せに必要なものとは?

趣味を見つけれないほど重い女でいることは、自分自身も苦しいはずです。

ちょっとだけ勇気をだして自分自身の苦しみに向き合うとき、やさしい関係を彼と創っていくことができるようになります。

彼のために重い女を卒業したいなら、自分のためにその苦しさを解放してあげましょう。

あなたが幸せな恋愛をすることを応援しています。

本日もあなたにとって素敵な日となりますように☆.。.:*・゜

>*動画で学ぶ*愛する彼と幸せな復縁をした人だけが知っている無料講座

*動画で学ぶ*愛する彼と幸せな復縁をした人だけが知っている無料講座

「大丈夫、あなたも復縁できるようになります。」
今、彼を失ったあなたは、辛くて悲しくてやり場がない苦しさの中にいると思います。
でも大丈夫、あなたがその苦しみから解放される方法があるんです。
そのことを全3回の動画レッスンで学んでみませんか?
第1回の動画を公開しておりますので、ご覧いただきご登録をご検討いただけます。
あなたが愛する彼と再び結ばれるようにやさしく力強い変化を起こすことができる講座です。

CTR IMG