仕事を辞めたいのに辞められないときは?

  • 2020-09-21
  • 2020-09-21
  • 仕事

こんにちは^^中村まみです。

仕事」って既婚独身を問わず、恋愛以上に大切になってくると思うんです。

独身の方の場合は、食べていかなくちゃいけないですし。

そんなときに「会社を辞めたい」と強く思っても「でも、、、」となっちゃいますよね。

そういう意味でも「仕事」ってただ単にお金を稼ぐ手段だけでなく、人生に深く関わっていますよね。

ということは、ここにはあなたにとって大切なカルマ的な要素が潜んでいるんです。

時期が来れば決断できる?

カウンセラーや友達に相談したら、

「時期が来れば決断できますよ。」「焦って行動する必要もないんでは?」

と言われ、しばらくの間、ほんのちょっぴり安心できるかもしれません。

でも時間とともにまたムクムクと「会社を辞めたい」という思いが湧き上がってきます。

その不安から逃れるために、私たちって辞められない理由を外側に力説するんです。

「やっぱり経済的なことを考えると辞められないんです」と。

「この時期じゃぁ、転職活動をしてもうまく行かないと思うんです」と。

「本当にやりたいことが見つかったら辞められると思うんです」と。

「そんな弱音を吐かずにもっと頑張るべきなんだと思うんです」と。

「時期が来れば決断できる」

そういう考え方も有りかもしれませんが、ほとんどの場合、待っていても答えは見つからないかもしれません。

鬱、鬱っぽい場合は?

もしあなたが仕事がしんどくて心がとても疲れていて鬱や鬱っぽくなっている場合は、辞める云々ではなくすぐに休職して下さい。

そういうときに悩む問題ではないんです。

もし休職できないようなら、辞めることも必要です。

逃げることも必要なのです。

但し、密に連絡がつく家族、友人などの存在は必須です。

辞めたことで気力を使い果たし、生きることが難しくなるケースもあるからです。

今日はそういううつ症状の方以外の範囲にいらっしゃる方々についてお伝えしています。

辞めたい理由を掘り進めよう!

「仕事を辞めたい」というのは、実はすご~~~く漠然としていて、辞めたい本当の理由は自分自身ですら分かっていません。

ここすごく大事なんですね。

あなたはほぼほぼ仕事を辞めたい理由を知らないのです。

例えば、

「給料が安いから辞めたい」

「人間関係が辛いから辞めたい」

「仕事がおもしろくないからやめたい」

という場合でも、これはあなたが辞めたい本当の理由ではないんです。

上記の辞めたい理由は、いわば顕在意識の思いなんです。

でも顕在意識に「仕事を辞めたい」と思わせている潜在意識の思いがあるんです。

なので、「何が理由で仕事を辞めたいと思うのか?」ということを掘り進めていくことが、すごくすごく大切です。

本当の理由ではないことで仕事を辞めたら、あなたは必ず後悔することになるからです。

カルマとしても掘り進めることは重要

後悔することになる理由はカルマ的な側面からも言えます。

例えば、あたはこんな話を聞いたことがありませんか?

「上司からの嫌がらせが耐えられなくて転職したら、そこにはもっと強烈な人がいた、、、。」

「転職するたびに給料が下がり、人生が苦しくなった、、、。」etc

こういうことが起こるのは、ある意味カルマ的な要素が強いのです。

カルマを昇華せずに顕在意識の思いだけで進もうとすると、必ず人生が苦しくなってきます。

ですから、カルマ的な要素を考慮することも大切で、そのためには掘り進めは必須です。

給料が安いことが不満なYさん

仕事を辞めたい理由が給料が安いからというクライアントYさんのケースを簡単にみていきます。

まず最初に「何をもって安いと考えているのか?」という基本的なことからYさんにご質問していきました。

そして

「今の会社に入社するときに給料額について考慮はしていたのか?」

「安いと不満に感じるときはどういうときなのか?それはどうしてなのか?」

「どのくらいの額面があれば満足なのか?」

「給料以外に不満はあるのか?」

「今の仕事でもっと給料があがると、その不満は消えるのか?」

などなど、もっともっとたくさんのご質問をしていきました。

すると、最終的に潜在意識の奥からでてきた答えは、大学の同級生に対するコンプレックスだったんです。

「給料が安くて仕事を辞めたい」という思いと「同級生に対するコンプレックス」がYさんの中で繋がっていました。

さらに「同級生へのコンプレックス」を掘り進めていくと、お祖母ちゃんに贔屓されていた妹への思いもでてきました。

そしてもっと掘り進めていくと、潜在意識の深い所にあるYさんのビリーフが出てきたんです。

ビリーフを解放すると「給料が安いから仕事を辞めたい」という思いはなくなりました。

そして仕事に対して以前より積極的に取り組めるようになったそうです。

実はYさんは仕事に対して一生懸命取り組めないことに罪悪感を感じていたそうです。

一生懸命取り組もうと思っても、意識が散漫になり、なんとなく憂鬱感を抱えていたそうです。

なので、仕事を楽しめるようになったことがすごく嬉しかったとおっしゃっておられました。

Yさんはその後、見事に昇格したそうです。

給料はそこまで大きく上がらなかったそうですが、ストレスでの散財も少なくなり、十分だと感じるようになったそうです。

転職するならYさんの状態がベスト

転職してもいいタイミングというのは、このYさんの状態がベストです。

「時期が来れば決断できる」

そういう考え方も有りかもしれませんが、ほとんどの場合、待っていても答えは見つからないかもしれません。

先ほどこういうことを言いましたが、このYさんの状態であるならば、「時期が来れば決断できる」というこも正しいと言えます。

今いる場所は偶然ではない

あなたが選んだ今のお仕事は偶然ではありません。

だから今の状況に置かれている自分自身を理解せずに今いる場所を否定するのは、決して得策ではないんです。

もしあなたが「仕事を辞めたいけれど辞められない」と悩んでいるのであれば、辞めたい理由にとことん向き合ってください。

「どうして私はそう感じるのだろう?」

「何が私にそう感じさせるのだろう?」

こうご自身に問い続けてみて下さい。

「辞めたい、辞めたい」と意識を外側に向かうのではなく、答えが必ずある内側に問い続けてみて下さい。

自分自身に意識を向ければ向けるほど答えはやってきますし、ご自身にとって何らかの良い変化を感じるはずです。

あなたには大切な役割があります。

本日もあなたにとって素敵な日となりますように☆.。.:*・゜

>*動画で学ぶ*愛する彼と幸せな復縁をした人だけが知っている無料講座

*動画で学ぶ*愛する彼と幸せな復縁をした人だけが知っている無料講座

「大丈夫、あなたも復縁できるようになります。」
今、彼を失ったあなたは、辛くて悲しくてやり場がない苦しさの中にいると思います。
でも大丈夫、あなたがその苦しみから解放される方法があるんです。
そのことを全3回の動画レッスンで学んでみませんか?
第1回の動画を公開しておりますので、ご覧いただきご登録をご検討いただけます。
あなたが愛する彼と再び結ばれるようにやさしく力強い変化を起こすことができる講座です。

CTR IMG