復縁の可能性がないに徹底的にコミットすると?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

復縁できない自分へ花を贈る

こんにちは^^中村まみです。

復縁可能性ない」ということに本気でコミットすると、実は復縁の道が開けてくるという、何とも不思議なことが起こります。

本日はこの不思議なメカニズムについてお伝えしますね。

潜在意識の欠乏感

「復縁をしたい!!」という気持ちというのは、顕在意識の思いです。

潜在意識は別のことを思っているんですね。

その潜在意識の思いの象徴が顕在意識の「復縁をしたい!!」という思いになります。

「~したい!」「~欲しい!」という願望には、必ず何かが足りないという気持ちがあるんです。

この何かが足りないというのは、自分自身には何か欠けているという欠乏感です。

この欠乏感を埋めようとするときに「~したい!」「~欲しい!」となるんです。

怖れの正体をみてみる

この欠乏感を持っていることというのは、私たちにとって怖いことなんです。

「あ~~~どうしよう、、、〇〇がないよ~~~怖いよ~~~ゥェ―――。゚(PД`q)゚゚。―――ン!!!」そんな感じです。

ですので、この「どうしよう、、、怖いよ~~~」といっているこの部分が、復縁をしたい本当の理由になるんです。

何が怖いのか、が復縁の鍵を握っているんですね。

復縁の可能性なしは大チャンス!

例えば占い師に「あなたには復縁の可能性がありません!」と言われたら、超ショックですよね。

ほとんどの人はこのショックさから逃げたくてまた別の占い師にいったりします。

でもね、本当はこのショックさが復縁を叶える鍵なんです。

さっき言った「怖さ」があるからショックを受けるんですね。

その怖さから逃げたいから、また別の占い師のところにいくんです。

でもその「逃げたい」という思いがあなたの復縁を叶えるすっごいパワーを持っています。

千差万別の理由

すっごいパワーを持っているのは、怖いと感じる理由は人によってそれぞれ違うからです。

指紋のように違います。

その人独自の怖いと感じる理由があるんですね。

なので、独自のパワーがあります。

そのパワーを活かすことができれば、あなたにとって最善最短の復縁のルートに乗れるということなんです。

可能性がないことへのコミットとは?

「復縁の可能性がない」ということに本気でコミットすると、実は復縁の道が開けてくると言いました。

「復縁の可能性がない」と考えると怖いですよね。

でもこの怖さが大チャンスでもあるんでしたよね。

ということは「怖さを克服=復縁への道」ということなんです。

克服の鍵は自愛

怖さの正体は根源のビリーフにあります。

でも根源のビリーフを一人で見つけることは、なかなか難しいです。

そこで自愛があるんです。

「怖さ」を持っている自分自身を、丸ごと認めるんです。

「その怖さや不安を持っててもいいんだよ」って丸ごと認めてあげるんですね。

自愛はどんな自分でもOK!とすることでしたよね?

だから、怖さや不安を持っている自分でもOKだと思ってあげることなんですね。

克服の意味

「怖さの克服=復縁への道」の克服というのは、戦いではありませんよ。

勝った負けたという次元に幸せな復縁はありません。

ここでいう克服とはそれを丸ごと認めてあげるということです。

怖さを丸ごと認めるってとっても勇気がいることなんですよ。

だってこの怖さ、潜在意識は一人称でいうと、自分自身に対して感じている怖さなんですから。

怖さや不安を持っててもいいんだよって丸ごと認めてあげてくださいね。

潜在意識から自愛を大きく育て、不倫恋愛、復縁、結婚できない、出会いがない、悪縁ばかり引き寄せてしまう、浮気や三角関係、DV、他人が怖い、男性恐怖症などの原因になっているトラウマなど、恋愛や結婚に関する悩みや、情緒不安定、自分に自信が持てないなど、、、潜在意識から原因を瞬時に解放できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*