元彼との復縁を願いながら他の人とお付き合いすると?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

月を歩くような軽い気持ちが復縁成功の鍵

Stefan KellerによるPixabayからの画像

こんにちは^^中村まみです。

元彼との復縁を願いながら他の人とお付き合いしているのってまずいですよね?」

と、思っていらっしゃる方は多いのかなと思います。

「そんなことしていたら、潜在意識的に何か影響があるんじゃないか。」

「どっちか一人にしなくてはいけないのではないか。」

と思ってしまうみたいです。

今日は

「元彼との復縁を願いながら違う人とお付き合いしている。」

「元彼との復縁を願っていながら、他の人が気になる自分もいる。」

「元彼との復縁を願ってはいるけど、合コンとかも行きたい!」etc

あなたがこのようなことで悩んでいるのであれば、今日の記事がお役に立てると思います。

完全にあなたの意識に委ねられる

あなたが心配しているような「何か」が起きるのは、完全にあなたの意識次第です。

それではあなたのどんな意識が影響を与えるのかをいくつかのケースでみてみますね。

渇望感には渇望感、焦燥感には焦燥感

あなたの恋愛の土台がどうなっているのかがポイントです。

渇望感が土台の恋愛には常に渇望感の状態が付きまといますし、焦燥感が土台の恋愛には常に焦燥感の状態が付きまといます。

なので、寂しさや苦しさを紛らわすためにお相手の方とお付き合いをしているという感覚なら、渇望感が消えたわけではないんです。

ということは、やはり渇望感で苦しむ出来事がやってきたり、心の物足りなさが日増しに強くなってきたりします。

場合によっては自己嫌悪が強くなったりすることもあります。

そうすると、負のループができているということなんですね。

負のループがあると?

この負のループはお付き合いしているお相手の方との関係が悪くなるだけではありません。

元彼との復縁にも影響を及ぼします。

どうしてそうなるかはわかりますか?

潜在意識は一人称ですよね。

お相手の方と元彼を区別しないので、悪影響はお相手の方との関係、元彼との復縁、どちらに出ても不思議ではないのです。

元彼との復縁も願っているけど、、、

「復縁したい元彼のことも好きだけど、お付き合いしている方も大切! or 気になる人といると楽しい!」

こんな場合は、潜在意識に「幸」の感情が入ってきているので、潜在意識はもっといい循環をつくりだそうをします。

どっちかじゃなくちゃいけないって、一人に決めなくちゃいけないって誰が言っていますか?

ご自身ではないでしょうか?

あなたの好きな食べ物は一つだけでしょうか?

あなたの好きな旅行先は一つだけでしょうか?

あなたの楽しいと思うことは一つだけでしょうか?

でも、、、それは「物」じゃなくて、「人」だから、、、と、もしかしたらあなたは感じるかもしれませんね。

潜在意識下での彼の役割

潜在意識下において、「物」と「人」とを区別する必要は全くないんです。

潜在意識下において、「物」も「人」もすべてはあなたの心の結果なんですね。

「生命あるもの(人や動物)」と「生命がないいもの(物)」の存在の意味というのは、ひっくるめてあなたの幸せのためです。

人や動物を通して、物を通して、あなたは色々な経験をして、あなたの幸せをつくっていきます。

だから究極言っちゃえば、「自分の世界に現れたものすべて愛しましょ♪」ということなんです。

だからといって、「嫌いなものがある~~(><)」と落ち込まなくても大丈夫なんですよ!

両方に愛を感じるのは?

話を戻して^^

元彼とお相手の方、両方に関して愛情を感じるのは、執着が昇華されているからなんです。

何度か言いましたが、執着は愛ではない!んです。

執着が昇華されていったからこそ、あなたの中の愛が広がり、自分が幸せを感じる人(お相手の方)を現実に登場させたんです。

復縁のネック、執着が解放されると、歯車はグルグルと高速で動き出します。

もっともっと愛を増やしたとき

あなたの中の愛をもっともっと増やしたら、もっともっと幸せの歯車は回転し始めます。

そしたら自然と答えは出てくるんです。

元彼との復縁が叶い始めるのかもしれませんし、お相手の方との交際が復縁を上回るかもしれません。

いずれにしてもあなたにとって一番の答えが自然にやってきます。

それまでは復縁を願いながらお相手の方とのことがある、その状態がベストなんです。

だから大丈夫なんです♪

あなたの潜在意識の中にたくさ~んの幸せを増やし、すごく愛されるようになりたい方はこちらをどうぞ♪

今日もあなたにたくさんの素敵なことがありますように☆.。.:*・゜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*