夫婦仲修復と潜在意識

夫がキレやすく怖い、これってモラハラ?

モラハラ夫とタンゴを踊る

Bernard-VerougstraeteによるPixabayからの画像

こんにちは^^中村まみです。

本日はモラハラかもしれず、怖いというお悩みについて触れていきたいと思います。

これってモラハラ?

夫がキレやすく怖いです。

なので、夫が不機嫌にならないようにいつもビクビクしながら生活しています。

友人に夫のモラハラを指摘され初めて気がつきましたが、どうしていいかわかりません。

このまま自分を抑えたまま生きていかないといけないと思うと絶望感を感じます。

けれども、子どももまだ小さいし、どうしていいのかわからないのです。

(30代女性)

モラハラかどうかは重要ではない

実は夫がモラハラかどうかは、あまり重要ではないのです。

だって夫がモラハラでも、モラハラという言葉がなくても、あなた自身が夫を怖いと感じていることには変わりがないからです。

そう、重要なのは夫がモラハラということではなく、あなた自身が夫を怖いと思ってしまうことです。

あなた自身の潜在意識にアプローチしないと解決しません。

また、潜在意識の特徴として、あなた自身にフォーカスすれば、必ず状況がひっくり返っていきます。

夫が理由ではないその怯え

一番大切なことは、夫がモラハラだからあなた自身がビクビクしているのではないんです。

この思考の転換をしていくことで潜在意識と繋がれるようになってきます。

正しい思考は、ビクビクしてしまう原因が潜在意識にあって、夫がその原因を引き出すきっかけになっているということです。

ビクビクしてしまう原因になっている潜在意識の思い込みが、モラハラを誘発しているともいえます。

あなたは悪くない!

ここで間違ってほしくないのは、「夫のモラハラは私のせいなんだ、、、」と思わないで下さい。

あなたは悪くないんです。

ただただその原因が潜在意識に入っているということ“だけ”なんです。

あなたが意図的にそうしようとしたわけではなく、無意識で掴んでしまった思いだからです。

ここでご自分を責めてしまったら、そのこと自体、ビクビクしてしまう原因に巻き込まれてしまっていることになります。

責任というのは、自分自身を責めることではなく、物事をありのままに見つめる視点を持つことです。

↑↑↑こことても大切です!!

潜在意識をみてみると?

モラハラを誘発している潜在意識の思い込みとは、過去 or 過去世の出来事で出来てしまったあなた自身に対する見方です。

自分自身に対する価値感をどうみているのか?

あなたにとっての「無価値感」とは、どういうことなのか。

あなたにとっての「愛されないという感覚」は、どういうことなのか。

あなたにとっての「絶望感」とは、どういうことなのか。

それがとても重要になってきます。

無価値感、愛されない、絶望感 etcは人にとって違います。

A子さんにとっての無価値感とB子さんにとっての無価値感は全然違うのです。

一人一人のこの違いがモラハラを誘発する状況を生み出してしまったり、あるいは失恋を繰り返す状況になったりします。

夫婦関係はダンス

夫婦関係はペアのダンスです。

片方のステップに合わせて、相手もステップを出してきます。

あなたのモラハラを誘発するステップに、ご主人が呼応しているイメージです。

では、あなたがモラハラを誘発するステップではなく、夫が愛を示してくれるステップを出したらどうでしょう。

モラハラは消えるんです。

「そんなことできるの??」と思われるかもしれませんが、それができるのがあなたの眠っている力(潜在意識の力)なのです。

今はそれが思い込みによって阻害されている状態なのです。

下記の無料講座2にモラハラのご主人が変化し、今は幸せな家庭を築いておられる方の事例を出しています。

もしよかったらご覧くださいね。

あなたが幸せな夫婦関係を築けることを応援しています。

本日もあなたにとって素敵な日となりますように☆.。.:*・゜

潜在意識から自愛を大きく育て、不倫恋愛、復縁、結婚できない、出会いがない、悪縁ばかり引き寄せてしまう、浮気や三角関係、DV、他人が怖い、男性恐怖症などの原因になっているトラウマなど、恋愛や結婚に関する悩みや、情緒不安定、自分に自信が持てないなど、、、潜在意識から原因を瞬時に解放できます。

おしどり夫婦だったのに今は憎しみが湧いています

憎しみ合う夫婦関係の修復

mieun SonによるPixabayからの画像

こんにちは^^中村まみです。

あんなにラブラブなおしどり夫婦だったのに、、、。

今は夫の顔をみるのも辛い、、、。

お互いを憎しみ合うほど嫌ってしまっている、、、。

そうして

「よく考えないで結婚したからかな・・・。」

「どうしてこうなっちゃったんだろう?」

と悩んでいらっしゃる方は少なくないと思います。

こうなってしまったら別れるしかないのでしょうか?

もうやり直せないのでしょうか?

大丈夫、修復できます。

それが出来るのが潜在意識の力、つまりあなた自身の力なんです。

話し合いでは埋まらない溝

色々な意見の相違がある場合、話し合うことはとても大切です。

話し合うことでお互いの気持ちが分かり、雨降って地固まるということも起きます。

けれども、お互いを憎むほど嫌いになっている場合、話し合いではその溝を埋めることは難しいかもしれません。

少しでもお互いに気持ちがあれば、理解しようという歩み寄りがあります。

けれどもお互いを憎んでいる場合、ご自身の心の傷に意識が向きすぎているので、相手を思いやる余裕がないのです。

だからダメなんだ、ということではなく、心の動きとして当然なんですね。

相手のことが憎い、嫌いと思っているあなた自身が一番苦しいと思いますので、これ以上ご自身を責めないでください。

さて先ほど、心の傷に意識が向きすぎているから相手を思いやる余裕がないと言いました。

そう、ここがポイントです。

ご自身の心の傷が深すぎるがために起こっていることなんです。

心の傷を相手に投影

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い状態になっていて収拾がつかなくなっている状態でも、必ずきっかけがあります。

あなたがパートナーを憎んだきっかけがあるんです。

もしかしたら他の人にとっては他愛もない小さなことかもしれません。

けれどもあなたにとってはとても重要だった「何か」があったはずなんですね。

その「何か」を相手にせいだと自動的に思い込む心の動きがあなたの今の状態をつくっています。

もちろん心の動きとして相手のせいだとしか思えないので、相手のせいにしているあなた自身には何も落ち度がなんです。

こことっても大切ですから、もう一度言います!!

心の動きとして相手のせいだとしか思えないので、相手のせいにしているあなた自身には何も落ち度がなんです。

なので、ご自身を責めることはやめてくださいね。

憎しみが強いのは心の傷の深さ

全く見当がつかないと思っても、相手を憎んでいる時点で必ずあなたにとって辛い何かが潜在意識の記憶としてあります。

潜在意識は今での全記憶を蓄積しているので、必ずそこに答えがあるんです。

その記憶を掘り起こし、解放することで、エネルギーレベルでの変化を起こすことが可能なのです。

相手との結びつきをエネルギーレベルで変化させる

憎しみ合っている時、お互いを結びつけているエネルギーは憎しみです。

けれども、あなたの潜在意識にある憎しみを解放すると、結びつけているエネルギーが変化します。

物理的にエネルギーは片方が変化すると、否応なくもう片方のエネルギーパターンも変化します。

なのでパートナーが変化するかしないかというのは、あなた自身のエネルギーを変化させるほど重要ではないんです。

おしどり夫婦に戻れる?

あなたの心の底からの望みなら、必ずそれは実現します。

もう一度夫婦としてやっていきたいと考えるのなら、ちゃんとステップを踏めば実現は可能です。

よく考えないで結婚したとか、自分はダメなのかと考える時間はもったいないです。

愛し合って結ばれたのですから、ちょっとしたきっかけで見えなくなった絆を取り戻すことにフォーカスして下さい。

そのきっかけはご自身の中にあり、必ず取り戻すことができるのです。

潜在意識がよくわかる無料講座を開催しています。

よかったらご覧くださいね。

愛し合うご夫婦としての全力で歩みを応援しています♪

本日もあなたにとって素敵な日となりますように☆.。.:*・゜

潜在意識から自愛を大きく育て、不倫恋愛、復縁、結婚できない、出会いがない、悪縁ばかり引き寄せてしまう、浮気や三角関係、DV、他人が怖い、男性恐怖症などの原因になっているトラウマなど、恋愛や結婚に関する悩みや、情緒不安定、自分に自信が持てないなど、、、潜在意識から原因を瞬時に解放できます。

妊娠出産時の夫の不倫から立ち直れない

妊娠出産時の不倫発覚

Tim KraaijvangerによるPixabayからの画像

こんにちは^^中村まみです。

もうすぐ新しい命を生み出すというときにパートナーの裏切りが発覚するのは、絶望そのものを感じるはずです。

お腹の中で育つ命を感じ、それはすごく幸せな時期であるはずなのに、、、。

妊娠出産時の夫の不倫ですごく苦しんでいらっしゃるのなら、そこから抜け出す道は必ずあることをお伝えしたいと思います。

離婚するしないは「今」ではない

夫の不倫が発覚したら、最初に頭に浮かぶのは「離婚」についてかもしれません。

けれども、あなた自身が傷を負ったままで何かの行動を起こすことはお勧めできません。

怒りは動のとてつもない原動力になりますが、怒りで行動したことはあなたをさらに苦しめることになるからです。

怒りからの行動は、確実にあなたにとって不利益になります。

それは夫との間での不利益ではないかもしれませんが、あなたが出した怒りが還ってくる場所というのはあなた以外にはないのです。

ですから、強烈な怒りを放出したままでいるのはよくないのです。

離婚や慰謝料という行動を起こすよりも優先しなくてはいけないのは、あなたの潜在意識の解放なのです。

第一歩は潜在意識を意識すること

あなたの人生に大きく作用している潜在意識というのは、あなたに幸せを運ぶために存在しています。

あなたに起こった出来事というのは、潜在意識が100%関与しているんです。

この潜在意識というのは、色々な法則の元で働いています。

不幸な時というのは、潜在意識と足並みが揃っていないのです。

逆に足並みが揃うと、あなたの幸せのために動き出してくれます。

夫を憎むたびにあなた自身が傷つく

潜在意識は一人称の法則で紐解く復縁

潜在意識には最初に理解しなければならない大原則があります。

それは「一人称」という概念です。

これはどういうことかというと、潜在意識の世界では自分しかいないと認識されています。

つまり、AさんはAさんの着ぐるみを着た自分ですし、BさんもBさんの着ぐるみをきた自分なんです。

これが潜在意識の絶対原則なんです。(上記の図参考)

ということは、夫を罵倒するたびに、夫を憎むたびに傷ついているのは、実はあなた自身なのです。

どんなに夫を憎んでも、あなたの心は晴れませんよね。

時間が経ってもたっても苦しみが続くことが多いのは、こういう潜在意識の法則が働いているからです。

出来事は煙幕

「じゃぁ私のこの苦しみはどうすればいいの?」

「この怒りはどうすればいいの?」

「笑って許せっていうの??」

と思うかもしれませんが、それも違います。

笑って許す必要も、苦しみや怒りを我慢する必要もありません。

相手を懲らしめてもあなたの気持ちが幸せになれないのは、対処の仕方が違うんです。

違うというよりも私たちは問題の対処の仕方を知らないんです。

多くの問題の対処というのは、その問題に直接アプローチします。

今の場合だと、夫に何かを言うなり、不倫相手に慰謝料を求めるなりといったことです。

それをしてはいけないということではないんです。

ただ問題を本当に解決する、つまりあなたが幸せになるには、この出来事が煙幕の役割をしていることを認識する必要があります。

出来事はきっかけ

私たちの現実は潜在意識の反映です。

あなたの潜在意識の情報があなたの現実です。

ということは、先に潜在意識があり、あとに現実があるんです。

映画を映しだす映写機が潜在意識で、現実がスクリーンだと考えて頂くと分かりやすいかもしれません。

ここで注意なのは、夫に不倫をされる自分という情報が潜在意識にあったということではないんです。

今感じている苦しい、憎い、絶望的だと感じる要素が潜在意識にあり、その要素がそういう出来事を作ったということなんです。

潜在意識にある苦しい、憎い、絶望的だと感じる要素が原因なんです。

その要素があるから苦しい、憎い、絶望的と感じ、それに脚色をした結果が出来事として体験しているということなんです。

スクリーンではなく映写機をみる

スクリーン(現実)を触っても叩いても、壊しても、映写機があればすぐに“替え”はききます。

あなたの苦しみを消し去り、幸せを育てるには、潜在意識へのアプローチが絶対条件です。

潜在意識へのアプローチは、どんなに立ち直れないほどの痛みであろうと、それを癒すことが可能なんです。

あなたは必ず幸せになれるのです。

絶対にそれは大丈夫なのです。

今こそご自身を信じてあげて頂きたいのです。

セルフで潜在意識にアプローチする方法を下記の無料講座に載せています。

よろしかったらご覧ください。

あなたとあなたのご家族に笑顔が戻りますように応援しています。

本日もあなたにとって素敵な日となりますように☆.。.:*・゜

潜在意識から自愛を大きく育て、不倫恋愛、復縁、結婚できない、出会いがない、悪縁ばかり引き寄せてしまう、浮気や三角関係、DV、他人が怖い、男性恐怖症などの原因になっているトラウマなど、恋愛や結婚に関する悩みや、情緒不安定、自分に自信が持てないなど、、、潜在意識から原因を瞬時に解放できます。

不倫をした夫のことが許せない!

夫の不倫に激しい涙を流す妻

Free-PhotosによるPixabayからの画像

こんにちは^^中村まみです。

不倫をしたのことを許せないなら、許さなくていい!」

それで苦しみが消えるのならいいのですが、そうではありませんよね。

「夫のことが許せない!」と怒りで震えているその声は、誰かに助けを求めている叫びだと思います。

苦しみの中、あなたは誰かに助けてほしいのだと思うのです。

許すか許さないかはあなた自身が教えてくれる

「許すと楽になる」とか

「許すことで先に進める」とか

「被害者意識を手放すために許そう」とか

色々なことを聞いたのかもしれません。

そうすると

「夫のことを許さないといけないのか」

「夫を許せない自分はダメなのか」

という思いがますます自分を責めることにつながり、苦しみは増します。

けれどもここで大切なことは、夫を許すか許さないかの答えは自ずと出てくるということなんです。

「悩んでいる間は答えを出す段階ではないですよ」という潜在意識のメッセージだと考えて下さい。

苦しみから自分を解放するには?

「夫を許せない!許せない!!許せない!!!」という思いに囚われすぎていると、ご自身の苦しみをおざなりにします。

夫を許せないという思いは、そこにとてつもなく大きな苦しみがあるからなんです。

こことても大切ですので、もう一度言いますね。

そこにとてつもなく大きな苦しみがあるから、夫を許せないという思いがでてくるんですね。

なので、まずはその苦しみがどこから来たのかを見ることが、苦しみから解放される方法なんです。

潜在意識では違うことが起こっている

ここで疑問に思うかもしれません。

「夫が不倫をしたから苦しいじゃないの?!」と。

でもこれ、違うんです。

確かに夫が不倫をしたということは、とてつもない絶望感と苦しみであることは間違いないんです。

あなたはだから苦しんでいるんです。

でももしその苦しみからの解放を願っているのなら、少しだけ耳を傾けてみて頂けると嬉しいです。

例えば、夫が不倫したAさんとBさんがいるとします。

AさんもBさんもとても苦しんでいます。

けれども、ここで苦しみという言葉自体は同じかもしれませんが、心の中で起こっている体験はそれぞれ違います。

ですので、AさんBさんの苦しみの感覚はそれぞれ異なったものなのです。

ここがポイントなんです。

Aさんに効果があった苦しみの解放の方法が、Bさんに当てはまるかはわからないということも苦しみの違いを表しています。

同じ出来事なのに、それぞれに苦しみの質が違うのはなぜでしょう?

AさんBさんそれぞれの潜在意識にある“苦しみの元”というのが違うからです。

このそれぞれ「独自の苦しみの元」にアプローチをすることが最短ルートなのです。

それぞれのカルマ

人生でとてつもなく大きな出来事は、魂レベルでの絡まりが必ずあります。

いわゆるカルマというやつです。

それは自分が悪いカルマを背負っているからではありません。

「解放すべき何か」があるからという理由なんです。

「解放すべき何か」というのは、先に申し上げた「独自の苦しみの元」のことでもあります。

ですので、この「解放すべき何か」というのが解放されると、あなたの気持ちは劇的に変化していきます。

周りの環境も必然的に変化します。

そうすると、夫を許すか、許さないかの答えが自然にでてきます。

頭で無理やりに考えるのではなく、あなたのハートからでてきます。

あなたは幸せになれる人なんです。

だから大丈夫なんです。

カルマや心の解放の仕方がわかる無料レッスンが下記にあります。

ぜひご活用ください。

本日もあなたにとって素敵な日となりますように☆.。.:*・゜

潜在意識から自愛を大きく育て、不倫恋愛、復縁、結婚できない、出会いがない、悪縁ばかり引き寄せてしまう、浮気や三角関係、DV、他人が怖い、男性恐怖症などの原因になっているトラウマなど、恋愛や結婚に関する悩みや、情緒不安定、自分に自信が持てないなど、、、潜在意識から原因を瞬時に解放できます。

夫の不倫は妻が嫌になったから??

夫の不倫を乗り越え幸せになる

こんにちは^^中村まみです。

不倫されたとき「私に飽きたんだ」「私のことを嫌いになったんだ」と、妻が嫌になったと思いがちですよね。

そう感じて当然なのですが、潜在意識からみるとかなり違います。

実は夫は自分自身に飽きているんです。

自分自身の無力感などをみたくないために不倫に走ったりします。

なのでこれを潜在意識レベルでひっくり返すと現実が変化していくんですね。

不満があると不倫に走るのはなぜ?

夫は不倫を堂々とはしていませんよね。

今はもしかしたら堂々としているかもしれませんが、最初はコソコソとしていたはずです。

これはもちろん「やってはいけない悪いこと」だという認識があるからです。

夫がやってはいけない、悪いことだという認識がありながら不倫をしているのは、自分の現在に何かしらの不満があるからです。

日常がルーティンばかりで退屈

仕事でストレスが溜まっている

嫁姑問題 etc

こういう何かしらの不満があるんです。

例えば家の中で嫁姑問題の場合があり夫が不倫をしているなんていうのは、よくあるパターンですよね。

ここで「不満があるとどうして不倫に走るのか」を理解することが大切になってきます。

それが冒頭のところに行きつくわけなんです。

夫が自分自身に飽きているということはどういうことなのか、

自分自身の無力感などをみたくないために不倫に走るとはどういうことなのか、

ここを理解していき、それをどうひっくり返していくのかをみてみましょう。

妻に自分の無力感を重ねている夫

〇〇だったらよかったのに、こうだったらいいのにと「不満」というのは誰しも持っていますよね。

でもそれは無理だろうなと考えているときに潜在意識では何が起こっているでしょう?

それはその人の中にある無力感が刺激されているんです。

無力感というのは、私たちが感じたくない感情の一つです。

余談ですが、無力感は嫉妬を支えている土台だったりもしますので、嫉妬を感じている自分に自己嫌悪を持ったりします。

退屈だな、仕事がしんどいな、嫁姑問題にタッチしたくないと感じているときには、夫の潜在意識の無力感が刺激されています。

それを変える力が自分にはないんだということを感じているんです。

男性心理からいうと、男性が変える力がないと感じるのは女性よりも辛いでしょう。

無力感を感じたくないといっても、無力感が夫のそこにあるわけですから、無力感は存在し続けるんですね。

その無力感をなかったことにしようとする行為が妻への不満だったり、生活への不満だったりするのです。

もっと簡単にいうと、妻や生活という自分の外側に不満を感じることは、自分の無力感を感じないようにする逃げ道なのです。

妻に自分の無力感を重ねているんです。

もちろんそれは無意識の行為なので、妻への不満が自分の中で正当化されていきます。

不満を解消しようと動き出す

妻への不満が段々と自分の中で正当化されていったとき、無力感を感じないようにする第二弾が外側の世界に現れてきます。

それが不倫相手なんです。

無力感を感じないようにする第一弾が妻への不満、第二弾が不倫相手の登場です。

心の動きというのは私たちが考える以上にとてもパワフルです。

無力感を感じないようにするためにありとあらゆる方法がとられるんです。

不倫をする行為に走らない人は、過度のお酒とか麻雀、パチンコなどに走る人もいます。

不満を解消する行為として、外側に無力感を感じなくていいような夢中になれるものを作り出すんです。

さて夫の心の中を知ったなら、これをどうひっくり返していくのかが大事になっていきますね。

夫の心の中を知ってどう感じている?

ここで大切なことなのですが、夫の心の中を知って気持ちが晴れたかどうかなんです。

「なるほど!」そう思って夫がした不倫を許せるでしょうか?

普通許せませんよね。

許せなくて当然なんです、怒って当然なんですね。

なのでその怒りはたくさんたくさん出していきましょう。

でも怒りを出しきったら、この怒りの下にある本当の原因についてみてみることが重要になってきます。

潜在意識では出来事の根本的な原因は必ず合わせ鏡のようなっているんです。

ですので、夫の不倫の合わせ鏡になっている部分があなたの中にあります。

もし、心の中を知って納得してもう全然気にしない状態になったなら(そうなる人はほぼいらっしゃいませんが)まもなく不倫は終焉します。

あなたの中にあるこの合わせ鏡になっている部分を外していくことが、出来事をひっくり返すことにつながります。

あなたの無力感の正体は?

夫の不倫であなたが感じている悲しみ、憎しみ、孤独感の根本の原因もまた無力感と呼ばれるものです。

夫の無力感とあなたの無力感の質は違いますが、繋がりがあるんです。

夫の不倫で明るみに出た、あなたの中に潜んでいた無力感なんです。

あなたもまた刺激しないように、みないようにその無力感を無意識の内に避けてしまっていました。

その避ける行為は外側の様々な出来事に隠れて、見なくていいようになっていました。

しかし避けている内に、ついに夫の不倫という大きな出来事になってしまったという感じなのです。

正体をさぐるだけでも変化が起きてくる

先ほども申し上げましたが、夫と妻の中に合わせ鏡のように必ず存在する何かがあるために不倫は起きています。

出来事の原因とは対になっているものが必ず必要で、片一方だけでは存在できないからです。

だからといって原因というのは悪いものではないんです。←ここ大事です!

「私の中に原因があるの?!」とご自身を責める方がいらっしゃいますが、これは全く違うんですね。

自己嫌悪もまた無力感を感じないようにする行為の一つなんです。

なので、ただただ、今そこにあるあなたが気がついていない無力感の正体を感じて頂きたいのです。

「私の中にある無力感をみてみようかな、、、」と思うだけでも変化が起きてきます。

こちらの無料講座にも無力感を探っていく方法が載せてありますのでご活用ください。

潜在意識から自愛を大きく育て、不倫恋愛、復縁、結婚できない、出会いがない、悪縁ばかり引き寄せてしまう、浮気や三角関係、DV、他人が怖い、男性恐怖症などの原因になっているトラウマなど、恋愛や結婚に関する悩みや、情緒不安定、自分に自信が持てないなど、、、潜在意識から原因を瞬時に解放できます。